メンテナンス

タイヤ/ホイールナットの種類と規定トルクの締め付け方法!

ホイールナット

車のメンテナンスでタイヤの交換時にホイールナットの脱着があります。作業でのホイールナットの締めつけたり緩めたりします。締め付けには規定のトルクが決まっている。緩んでいても締め付けすぎても危険ですよ。今回は、安全に走行ができるよう規定のトルクで締められる工具や使い方に特化してご紹介します。ホイールレンチやトルクレンチが解決してくれますよ!

 

 

ホイールナットってなに?

 

タイヤのホイールとハブボルトを挟み固定してつなぐためのナットですよ。これによってタイヤは安定した回転によって走ることができますよ。ホイールナットの種類には、各メーカーや車種によって、形状や使用するナットの数も違い4本や5本と使われる車もあり、また車種でサイズの大きさの違いもあります。他には、ホイールナットではなく、ボルトになっているものもありますよ。特に外車の多くはこのタイプですね。

最近では色のついたホイールナットもあり車の足回りがドレスアップができ、綺麗に彩られるようになってきました。このように、車種によるサイズや使用数の違いがあり、ホイールナットの脱着には、車に使われているサイズなどをよく確認してそれにあった工具、ホイールナットを使っていく必要がありますよ。

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

ナットサイズの見方

 

ナットのサイズが記載されたものを見たことありますね。でも、一体なんだねんと思いますよね。

代表的なサイズ(六角形ナット)で見ていきましょう!

例) M12 × P1.5  ナット径21

 ①M ②12 ③P④1.5 ⑤ナット径21

このように記載されているとして

  1. M → ミリメートル
  2. 12 → ねじの直径(ナットの内径)
  3. P → ねじ山のピッチ
  4. 1.5 → ねじ山とねじ山の寸法(ねじ山の頂点と隣の山の頂点の長さ)
  5. ナット径21 → ナットの外径
ねじ寸法ー1

気を付けないといけないのが、ねじの直径とねじ山です。ねじの直径を間違えるとごそごそであったり、入らないことになります。しかし、ねじ山を間違えて無理やり回して入れてしまうとねじ山が壊れて噛みこんだ状態になり、取り外しがかなり難しくなります。

他の寸法は、違っていても入っていくので、使うことはできます。ただし、ナットの長さがホイールより出るような長いものは、車検に通らないので使わない方がいいと思います。

①のMは、単位にあたるところで、Mと書いてミリメール

②の12は、ボルトであったらねじ部分の直径になりナットでは、ねじ部分の内径

③のPですが、ねじ山のピッチのことをさしている

④の1.5は、ねじ山のピッチで、ねじ山の頂点とそのとなりの山の頂点との寸法(長さ)国産車は、P1.5(1.5mm)と P1.2(1.2mm)の2種類

⑤ナット径21、ナット自体の外径寸法(6角形の対角の平面と平面との寸法)

車種、各メーカーによってサイズの表記は、違うのであったものを選ぶのがいいと思いますよ。サイズの表記は、むずかしくないので覚えておくのがいいでしょう!

 

ナットの種類

 

ナットの種類は、いくつもあります。中でも車に使われる代表的なものをいくつか見ていきましょう。

テーパーナット

テーパーナットは、ナットとホイールの接触面が角度60度になるテーパータイプになっています。(ホイールもナットも角度60度)メーカー以外の社外品のほとんどがこのタイプが選ばれています。選ぶときは角度60度の確認は必要。

ホイールナット ショートロング
  • 袋テーパー

ホイールとの接触面はテーパー状でねじ穴の反対側はねじ穴が見えず貫通していないねじになっています。

  • 貫通テーパー

こちらもテーパーの形状でねじ穴の部分が両側で貫通しておりハブボルトの先端が見えます。

 

平座ストレートナット

国産車の純正アルミホイール使われているナットです。(レクサス、トヨタ、三菱、日産の各メーカーに使われている。メーカによっては車種の一部に使われている)ホイールとナットの接触面が平面になって締まるタイプのものです。

  • 平座袋ストレートナット

平座袋ストレートは、接触部分が平面になっていてボルト穴の反対側は貫通していない。

  • 平座貫通ストレートナット

こちらも接触面は、平面です。ボルト穴が両側で貫通している形状になっている。

 

球面座ナット

ホイールとナットの接触面が、球面になっています。本田車の純正ホイールに使われるナットの形状になります。

  • 球面座袋ナット

球面座袋ナットは、接地面は球面でボルト穴は貫通していない形状になっています。

  • 球面座貫通ナット

こちらも、接地面は球面の形状になっていてボルト穴は貫通している形状です。

 

外車はボルト形状!

外車の多くは、ナットではなく形状がボルトになっているものが使われています。

ホイールナット ボルト

ボルトの表記はこのようになります。

例) サイズ : M12 × P1.5 ボルト径17 テーパー角度60度

ほんの一例ですが、このほかにもサイズがあるのでよく確かめましょう!

 

ナットの長さの種類ショートとロング(スタンダード)

ホイールナット ショートロング

さらにナットの種類には、ナットの長さが短いものと長いものがあります。それが、ショートとロングにあたります。これは、テーパーナット・平座ストレートナット・球面座ナットにショート、ロングのものがあります。

車のタイヤ交換の方法【写真と動画で解説】タイヤ交換は簡単にできますよ。自分でやってみるタイヤ交換の方法をご紹介します。タイヤ交換で一般的なのがスタッドレスタイヤから夏タイヤに交換するなど季節に応じてタイヤ交換があります。年2回の交換になります!自分でやると経済的でコスパもいいですよ!...

 

ホイールナットを緩める工具の種類と使い方

ホイールナットを緩めていきましょう!
ホイールナットを締める緩めるの工具、用意するものは?

ホイールナットを緩める工具

  • ホイールレンチ

車の車載工具の一部です。純正で搭載されています。この車載工具ですが、かなり考えて作られています。持ち手が規定のトルクになるように調整された長さになっていいるので端の方を握って締めれば規定のトルクになります。ナットを緩めたり、締めこんだりするときに使用。詳しくは、本記事の締め付け規定トルクで解説。

  • クロスレンチ

ホイールレンチが十字に取り付けられている工具です。こちらも緩める時や、締めていくときに使います。十字の先端4箇所に異なったサイズのレンチになっているのが特徴です。17mm・19mm・21mmの薄口形状と21mmの計4つのソケットサイズとなっている。

クロスレンチ
  • <トルクスレンチ

<グリップでトルクの設定ができ、締めすぎや緩まないように規格のトルクで締めつけられる。締めすぎるとラチェットがカチっと音がなりトルクがかからないので分かりやすい。

トルクレンチ
  • インパクトレンチ(電動、エアー)

人の力でナットを回さずに機械で緩めたり締めたりができ、作業が楽になる工具です。トルクのあるインパクトはボルトやナットを破損する可能性があるので調節したり、規格に合ったものを使うのがおすすめ。

インパクト

<車を上げたり浮かせるのに必要な工具>

  • ジャッキ
  • ジャッキスタンド(うま)
  • ジャッキスタンド用パッドゴム ※外車などに必要
  • タイヤストッパー(輪留め)

ホイールナットの脱着に特化した記事なので、上記のジャッキなどの内容は、また別の記事でご紹介します。



TIREHOOD

ホイールナットの緩めかた

ナットを緩める作業の前に、コンクリートなどの固い平らな場所で行う。タイヤにタイヤストッパー(輪留め)を行いサイドブレーキをしておく。

タイヤストッパー(輪留め)

ここで注意することは、タイヤストッパー(輪留め)の方向を間違えないようにしましょう。前輪を上げるときには後輪の後方側、後輪を浮かせるときは前輪の前方側にタイヤストッパーをかける。

ジャッキアップする前に、タイヤが地面と接地している状態でホイールレンチを使い仮に緩めていきます。タイヤが浮いた状態だとタイヤが回転してしまいトルクがかからなくなって緩めることができない。

注意することは、完全に緩めないことです。完全に緩めてしまうと、タイヤの脱輪による大けがや車の損傷の原因になってしまいます。

電動インパクト(エアーインパクト)がある場合は、ジャッキアップ後でも緩めることができますよ。私は緩めるときだけ電動インパクトを使っています。作業がとても楽になって時短になりますよ。

タイヤ表記 アイキャッチ画像
車のタイヤ選びにサイズの表示の読み方や見方を解説!タイヤ選びにサイズの表示の見方がわかると購入時でのタイヤ選び、インチアップも簡単に分かりやすくなります。タイヤの購入時に「どのサイズがピ...
車のタイヤ交換の方法【写真と動画で解説】タイヤ交換は簡単にできますよ。自分でやってみるタイヤ交換の方法をご紹介します。タイヤ交換で一般的なのがスタッドレスタイヤから夏タイヤに交換するなど季節に応じてタイヤ交換があります。年2回の交換になります!自分でやると経済的でコスパもいいですよ!...
タイヤ保管
タイヤの劣化やいたみを防ぐお掃除と保管方法車の修復で、タイヤの交換があります。でも、外したタイヤは、どのように保管すればいいでしょうか?屋外で雨や雪、日射しのキツイところに置いて...

 

 

締めつけの規定トルク/何ニュートンメートル?

 

ホイールナットの締めつけには既定のトルクが車種によって違い車種に合ったトルクで締めつけていきます。締め付け過ぎるとねじ山がつぶれて噛んだり、ボルトが折れるようなことでの破損原因になります。また、緩いと走行中にナットが緩みタイヤの脱輪になりかねないので、大きな事故につながります。

車の規定トルク

ホイールナットを締めつけるには、規定のトルクがあり、その数値で締め付けていきます。

軽自動車: 80~105N・m (8~10.5㎏)

普通乗用車: 90~120N・m (9~12㎏)

軽自動車にかかるトルクは100~105N・mぐらいが目安かと思います。私の車は、105N・mですね。

ナットにかかるトルクは、何ニュートンメートル?

「1mのレンチの先端に10㎏のおもりを乗せたときのナットにかかる力」これで考えると約10キロの締めつけトルクになる。10kgf・m → 10N・m(ニュートンメートル)

 

 

ホイールナットの締めつける方法/注意点

 

ホイールナットを締めつけていこう!

ハブボルトにナットを締めていきますが、ナットを締めこんでいくと指がかからなくなりますよね、その時にディープソケットを使い奥まで締めていきます。

ホイールレンチを使ってナットを締めていく手順。前輪を締めていく場合は、ギヤをニュートラルにしておく、後輪ならサイドブレーキを戻し解除しておきますよ。この状態で、ホイールレンチを締める方向(右回転)に回していき締まったら、タイヤを左に回しさらに締めこんでいきます。タイヤを回すことでナットのテーパー部分がホイール穴の中心にもってこれます。

ナットの必要数を仮締めができたら車体を下ろしタイヤを地面に接地させていきます。

ダイヤル 調整
本締めをやっていきましょう!トルクレンチで規定のトルクを設定します。設定は、トルクレンチのグリップや持ち手の先端のダイヤルを回して合わせます。

トルクレンチ締める

ジィーさんの愛車は、105N・mなのでそこに設定しました。トルクレンチに車種に合ったサイズのソケットをはめます。それで、ナットにはめて締まる方向(右回転)に回します。カチっという音がしたらそれで規定のトルクで締まりました。これで完了です。

ホイール
【ホイール選びインチアップ】ホイールサイズの見方と種類や仕組み構造車のタイヤ交換で気をつけないといけないのがホイールサイズです。セットで販売されているものもありますが、自分好みのタイヤとホイールをインチ...
タイヤ表記 アイキャッチ画像
車のタイヤ選びにサイズの表示の読み方や見方を解説!タイヤ選びにサイズの表示の見方がわかると購入時でのタイヤ選び、インチアップも簡単に分かりやすくなります。タイヤの購入時に「どのサイズがピ...
足廻りー1
自動車の足回りからの異音⁈放置は危険!原因と修復方法車の修復で、自動車からのいくつもの異音がありますね。異音はやっかいなもので室内では、聞こえてこない音もあり、歩行者の視線や窓を開けた時に...

 

 

まとめ

 

今回は、ホイールを固定するホイールナットについてご紹介しましたね。

ホイールナットの表記はナットの外径やねじ山のピッチがありました。表記に載っている設定数値は車種やメーカーによって違いがありましたね。形も違いがありました。種類は主に3種類でしたね。外車は、ボルト形状になっています。

ナットを締めつけるときには規定のトルクが必要でした。規定のトルクも軽自動車、乗用車によって違いがありましたね。

ナットを緩める時の道具もいくつもありましたが、電動のインパクトがとても簡単に楽に作業ができましたね。

締めつけるときも手順があり、最後にはトルクレンチを使用しましたね。

ナットは締めすぎたり緩すぎると危険でした。そのために規定トルクで締めることが重要でした。安全を心がけてカーメンテナンスを行いましょう!

では、また次回お会いしましょう!