メンテナンス

自動車の足回りからの異音⁈放置は危険!原因と修復方法

足廻りー1

車の修復で、自動車からのいくつもの異音がありますね。異音はやっかいなもので室内では、聞こえてこない音もあり、歩行者の視線や窓を開けた時に気が付き恥ずかしい思いをしたことがあります。

異音の中にはエンジンやボディー、室内と何ヵ所もありますが今回は、足回りの異音についてご紹介します。この異音の原因や修復の方法を見ていきましょう。

 

自動車の足回りの異音、主な発生箇所

 

足回りの異音には、いくつもの不具合から起こります。主な発生箇所を挙げていくと以下のようになります。

  • ホイールからの異音
  • ブレーキによる音 (ブレーキパッド交換工賃で約6千円~+部品)
  • タイロッドエンドからの異音 (ブーツ交換工賃片側で約9千円~+部品)
  • ハブベアリングによる異音 (ベアリング交換、片輪で約2万円~+部品)
  • ロワアームによる異音 (交換工賃、片側で約6千円~+部品)
  • ブレーキダストカバーからの異音

※()内は、お店や工場でかかる費用。あくまでも目安として、参考程度に。

足回りー1

以上のような箇所が主な発生個所になります。メーカーによっては組品(全ての部品)で交換や一部だけを交換と様々です。また、経年劣化で固着している場合もあり潰さないと取れないこともありますね。放置していると、危険な場合もあるので早めの対応が必要ですね。

 

足回りの異音を確認し原因と修復方法

 

異音のする箇所を調べていきましょう。異音の特徴やタイヤを回したり、ガタつきを確認したり目視などであたりをつけていきます。

ホイール(車輪)からの異音

ホイールの確認をしましょう。地域によっては、晩秋や初春にスタッドレスタイヤ、ラジアルタイヤの交換しますが、ホイールナットの締め付けが緩かったり(規定の締め付けトルクで締めていない)締め付け時にナットのセンターとホイールが合わずに締め込み走行中に緩んだことが原因で起きる危険な異音ですね。ブレーキをかけた時に、止まる瞬間に方「カタ、カタ」と、まさしく緩んだような音ですね。

ブレーキ周辺の音(インジケーター)

ブレーキによる異音を見ていきましょう。ブレーキの制動力は、ブレーキパッドの摩擦力によってディスクローターの回転を止めるメカニズムになっています。制動力によってブレーキパッドは摩耗します。

パッドの残量はブレーキキャリパーの間から目視で摩耗状態を確認できまが、ブレーキパッドにインジケーターが取り付けられていて「キーキー」音で摩耗に気づくようになっていますね。摩耗のお知らせなので「交換が近くなっていますよ」と考えればいいですね。

タイロッドエンドからの異音(ブーツ破れによるもの)

タイロッドエンドからの異音を見ていこう!タイロッドエンドは、スタアリングホイールからの回転をラックアンドピニオンをかえしタイロッドを左右に動かすことでタイヤの向きを左右へと動かすことができる機構になっています。

タイロッドの先端は、ボールジョイントになっていてゴムのブーツでカバーされサスペンションと繋がっています。ゴム製のブーツが破れてグリスが抜けて錆びついたり、摩耗をしたりすると可動時にガタによる異音が発生します。

ハンドルを切ると「ギシギシ、ガタガタ」といった音が発生します。このような状態になっていると車検時の指摘になるので交換をすることになりますね。

タイロッドエンド-1

ハブベアリングによる異音

ハブベアリングは、駆動軸や車軸とタイヤが接続され接続箇所にベアリングが組み込まれているのがハブベアライングといいます。ハブベアリングがグリス抜けによって摩耗や焼きつきによっての破損などで異音が発生します。

音は、「ゴソゴソ、ゴロゴロ」といったような異音がします。放置をしていると事故につながる危険性があるので、直ぐに直しましょう。

ロワアームからの異音

ロワアームからの異音をみていきましょう!ロワアームは、ストラットの下部にあり先端(上部)はボディーと接合することで衝撃や振動を吸収し緩和させています。先端にあるボールジョイントはタイロッドエンド同様、ゴム製のブッシュが破れグリスが抜けて、異音が発生します。

不具合の音は「ガタガタ」といった異音になります。破れていると、こちらも車検時に指摘されます。

ブレーキダストカバーからの異音

ディスクローターの裏側に保護するブレーキダストカバーが設けられています。ブレーキダストカバーとディスクローターの隙間に走行中の砂利や石が跳ね上がり挟まって音が発生します。音は「シュルシュル、シュシュ」といった異音です。ディスクローターの摩耗につながります。

 

足回りの修復方法

 

足回りの修復方法を見ていきましょう。異音による不具合は何らかのサインと考えると、早めの修復をしていくのがいいと思います。

ホイール(ホイールナット)

ホイールからのガタつき音がある場合は、直ぐに停車しホイールレンチで確認しましょう。ここでのポイントとして、この状態で締めたとしてもナットのセンターからズレて締めることがあるので必ずジャッキアップして確実に締めて再発防止をしていきましょう。

ホイールナットが緩んだ状態で走行はせず停車しジャッキアップを行い締めていきましょう。また、タイヤ交換後の1週間以内に再度、締め付けを行い確認しましょう! くれぐれも緩んだ状態での走行は大事故を引き起こすので絶対に走行しないように!

タイロッドエンド、ロワガイド(ブーツ破れによるもの)

タイロッドエンドやロワガイドの先端には、ボールジョイントにゴム製のブーツがかぶせてあります。破れたり、破損している時は、交換となるのですが、グリスを充填し組付けます。また、ボールジョイントが摩耗して破損している場合は、交換となるります。交換時は、安全のため必ず車体をジャッキで持ち上げ馬をかけましょう。

サスペンションのコイルスプリングが伸びてる状態でおこないましょう。ブーツを外すとナットがありそこに割ピンがあるので取り外し緩めて取り外します。タイロッドエンドの部分をナットを外して交換します。

交換後は、トー角の確認、調整が必要となります。工場やディーラで調整をしてもらうのがいいです。トー角を自分で調整するなら測定ができるキットも販売されていますのでチャレンジしてみてるのもいいですね。ロワガイドも同じくブーツ交換、ボールジョイントを外していきます。相当に硬いのでケガの無いようにしましょう。

 

しなっと耳よりばなし、いいざぁ~ !

こちらはおすすめ!

ハブベアリング

ブレーキキャリパー、ディスクローターを外し車軸とハブナックルにハブベアリングが装着されています。メーカーによっては、全交換になったりハブベアリングだけの交換があります。

私の車は、三菱のトッポで全交換にならないのですがベアリングをディスクグラインダーなどを使い壊して取り外すようになっています。(ベアリングを切って取り外します)ベアリングが取り外せたら、適合したハブベアリングを装着します。この時、グリスアップを忘れずに行うことが注意点になります。

取り外しは、ブレーキキャリパーを外し、S字のフックなどでサスペンションのコイルスプリングに引っ掛けぶら下げておきます。ディスクローター、ブレーキダストカバーなどを外します。

ブレーキダストカバーからの異音

ブレーキダストカバーー1

ブレーキダストカバーとディスクローターとの隙間に砂利や石が噛みこんでいることがあります。ブレーキダストカバーを少し広げ取り除く又は、ブラシなどで取り除けば不具合は解消されます。

 

まとめ

 

休日のDIYの予習はできましたか。まだの人は、また見直してくださいね。今回は、車の足回りでの異音をご紹介しました。愛車から異音がすると不安や心配な気持ちになりますよね。

修理に出すとなると費用も心配かと。異音は不具合の何らかのサインになると思いますので、早めの点検や修復をお勧めします。

私の車も「シュルシュル」と異音が酷くて初めは、ハブベアリングからの異音かと思いジャッキアップをしてホイールを回してみたりブーツの破損の点検、ガタが無いかといろいろ見ていきました。

原因がブレーキダストカバーに石が入り込んでたことに気づき取り除き異音は解消できました。小さな石だったのですが音は相当に響きわたるほどだったので意外だと。取り出して安心です。

車で異音がしたら直ぐに点検しましょう!今回は、いくつかの足回りの異音の修復をみてきました。部品もネットで注文することもできるので休日を使ってチャレンジ、点検をやってみましょう。

あまり無理をせず、ダメかなーと思ったら工場やディーラーに頼むのもいいかと思います。あくまでも自己責任になるので!

それでは、また次回に!