パテ材

自動車のパテを使って、ボディー修復!パテの種類と盛り方/深さ

パテ アイキャッチ画像

自動車のボディーやバンパーなどに損傷による穴やサビによる劣化などの穴があります。これらを修復する道具として自動車用のパテがあります。今回は、このような不具合による穴や凹み、キズの修復時に使うパテの塗り方や種類をご紹介します。

ボディーに穴が!車をぶつけたり、錆びたりすると穴が開いたり凹んだりキズが発生してりしますね。そんな時は、ディーラーや工場に持っていくと思いますが、少しでも節約したいものですね。

私の車も酷くサビによる穴があって、休みの日を使ってDIYでパテを盛っていきましたよ。自分でやるパテなのでワクワクしますね(笑)。それでは、皆さんも頑張ってパテを塗っていきましょう!!

 

自動車のパテを使うところは?

 

パテを使うところは、ボディーやボンネット、バンパーなどがあります。 ボディーやボンネットは主に金属で作られ、成形されていますが、中にはカーボンを使われているものもあります。

昔のバンパーは金属でしたが最近では、純正のバンパーは樹脂製が使われています。衝撃緩和による適度な柔らかさと加工のしやすさで樹脂製になっていますね。

パテを使用する時は?

  • 衝撃による穴やキズ、凹み
  • サビによる経年劣化
  • カスタムによる形状変更や修正

以上が主な例になります。

ボディーからの穴が開くと劣化や損傷が起こり、放置しているとその箇所からサビや劣化が進み故障の原因になります。早めの対処が必要となりますね。

私の車は、17年と経っている車で小キズからのサビで大きな穴や角が抜け落ちてしまいました。そうなると修復がかなり大がかりとなりました。(その分、修復を楽しんでましたけど~!)しかし本当に早めの修復をお勧めしますよ!

 

パテの種類

 

材質によってパテの使い分けが必要となってきます。それでは、どのような種類があるか見ていきましょう。

  • 厚づけパテ(板金パテ)
  • 速乾性パテ(クイックパテ)
  • ポリパテ(中間パテ)
  • バンパーパテ
  • 薄づけパテ(仕上げパテ)
  • ファイバーパテ

 

厚づけパテ(板金パテ)

厚くパテを盛る必要がある箇所に盛っていくパテになります。文字どおり厚付けを行うってことですね。硬化を高める硬化剤を別に混ぜて使う2液性になっていますよ。

ピンホール(気泡のような穴)ができやすいので主に下地用に使うパテになっています。穴が開いている箇所を板金した際のくぼみやへこみの大きな箇所に使います。

私は、整備士だったんですが板金のことは知識少々なのですが、自分の車を修復(板金)したりしてパテを使っています!板金パテ(厚付けパテ)は、初心者の方も使いやすいので自分の車の修復、DIYにおすすめですね。重宝しますよ!

速乾性パテ(クイックパテ)

上記の板金パテ(厚付けパテ)と同様、厚付けを行うことができます。速乾性パテは硬化が速いため時間の短縮ができますね。

ポリパテ(中間パテ)

主にポリパテは中間に盛っていくパテとして取り扱われています。厚く盛っていくのは難しいパテなので、厚盛りには不向きですね。こすれキズなどには、適していますね。

バンパーパテ

バンパーパテは、その名のとおり車のバンパーに使います。最近のバンパーの材質は樹脂製になっています。樹脂製に密着性を高めたバンパー専用のパテになります。

薄づけパテ(仕上げパテ)

薄づけパテは、キズなどの深さの浅い箇所や厚づけ後のピンホールを補修するパテで薄く塗っていきます。

ファイバーパテ

ファイバーパテは硬化時には硬く仕上がります。それは、カーボン繊維が含まれることで硬化時にとても硬くなりますよ。ただし、硬化時は超硬化となるので研磨は、かなり大変です!試したことがあるのですが、研磨に手間と、時間がかかりました。

ファイバーパテの使用時は強度がほしい所やボディーの奥に使っていました。

硬化時が非常に硬いので、カスタムを施す時に成型による加工や部品を作るのに適していますね。

 

特殊なパテ

以上のパテ以外にも特殊なパテがあります。

  • マフラー用パテ
  • FRPパテ
  • 又は、上記の各種パテがねんど状になっているねんどパテなどがあります。

盛り付けの深さ

パテの種類╲深さ mm 1mm以上

3mm以下
3mm以上

10mm以下
20mm以下
厚づけパテ(板金パテ)
速乾性パテ(クイックパテ)
ポリパテ(中間パテ)
バンパーパテ ◎(5mm以下)
薄づけパテ(仕上げパテ) ◎(2mm以下)
ファイバーパテ

 

パテの盛り方

準備するもの!
パテを盛っていくには、あらかじめ用意が必要となるものがあります。

  • ヘラ
  • 段ボール(使わなくなった段ボール)
  • 紙、又はビニール袋
  • マスキングテープ、マスカー
  • パテ剤

対象範囲を囲むようにマスキングテープ、マスカーを取り付けていきます

段ボールに約30cm×約30cmに切って、上に紙を貼り付けるかビニール袋をかぶせて用意します。

※使い終わったら紙、ビニール袋をそのまま捨てることができるので便利ですよ。

それでは準備ができたところだと思うので、パテを盛っていきましょう!

厚づけパテ

厚づけパテの盛り方

ボディーの損傷、サビによる劣化での穴、損傷による凹みキズに厚づけパテを施工します。

盛っていく前に、サビを取り除き、穴などは金属で補強しておきましょう。自動車用のパテは、パテと硬化剤の2液タイプとなっているので混ぜて使います。

混ぜる割合はパテが40で硬化剤が1による40:1と、いうことですね。ムラの無いようにしっかりと混ぜていきましょう。

盛っていくボディーの深さは、最大盛り付けが 20mm以下となっていますが

超軽量パテは、 30mmまでは盛ることができます。

※超軽量パテは単独では使用ができないので、上に厚づけパテを塗っていきましょう!

混ぜ終えたパテをヘラに必要な量をとり、対象面に盛っていきます。ヘラをボディーと平行に滑らしながら盛っていきましょう。

ボディーと平行に盛っていくのですが、パテが乾燥し硬化すると若干、収縮するのでそれを考慮して盛っていきましょう!

しっかりと乾燥させていきましょう!

乾燥が終え、次に研磨を行っていきます。サンドペーパー(ここで使うのは、耐水ペーパー)を使って研磨をおこないます。番手は、♯100程度を使っていきます。(#80~♯300)

私は、メーカー推奨「最高級ポリエステル樹脂使用 強い密着力」の厚づけパテだけを使ってボディー修復をしました!

ポリパテの盛り方

ポリパテは比較的、浅い凹みやキズに使われます。キズや凹み箇所をペーパー、下地処理を施し、よく混ぜヘラでボディーの面と対象となる面と均一になるよう盛っていきます。こちらも、ボディー(対象面以外)より少し山になるように盛って(塗って)いきます。

乾燥後は、研磨をし表面をならしていきます。厚づけパテと同じ要領ですね。

薄づけパテの盛り方

こちらの薄づけパテもポリパテ同様、浅目のキズやパテにできたピンホールなどを埋めて塗るパテになっています。盛り方も他のパテと同様で平らになるように塗り、少し山になるように使います。後は、研磨で下地処理をおこなっていきましょう。

バンパーパテの盛り方

パテを使用する前に、バリ取りや耐水ペーパーで研磨、バンパープライマーなどを使い下地処理をおこないます。

パテの盛り方は、ヘラをボディーに合わせ平行に塗っていきます。バンパーパテも同様、薄っすらと山になるように盛っていきましょう。

ファイバーパテの盛り方

ファイバーパテは、ガラス繊維が含まれていることで硬化時は、通常のパテよりも固くなることから、表面に使うよりも奥の隙間、パテの下地に使うのが適していると思います。

盛っていくときは他のパテと同様、ヘラを使います。ファイバーパテは、硬くなることで削りにくく時間がかかります。表面はお勧めできませんね!

 

しなっと耳よりばなし、いいざぁ~ !
こちらの商品もおすすめ!

まとめ

 

休日は、DIYチャレンジをしてみてはいかがでしょうか!

今回は、パテの種類や盛り方の方法を見ていきました。他にいくつもの種類がありますが使われている代表的なものを載せてご紹介しました。

パテの種類は、かなりあり材質や対象となる面の深さになどの用途に沿ったパテを使うことが分かりましたね。

私は、ボディー修復でパテを使うときは、厚づけパテだけで盛って施工しています。それでも密着して使えています。意外と簡単にできると思います。

休日の時間を使ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

では、次回に!