中塗剤(ボカシ剤)

【車の塗装】中塗りボカシ剤とは?ボカシ剤を使うタイミングは?

ボカシ剤 アイキャッチ

自動車やバイクの補修に板金塗装があります。自分で塗装をしていると仕上がりがいまいちで表面がざらついて光沢が出ないような時がありますね。このような、塗料の凹凸によるざらつきやつぶつぶになったスプレーダスト、クリア剤による白けた塗料をなじませる働きをしてくれるのがボカシ剤です。ボカシ剤は、下塗りから中塗りの両方で活躍してくれる塗料です。今回は、塗装の仕上がりに影響するボカシ剤についてご紹介します。

 

中塗りボカシ剤とは?

 

ボカシ剤は、ざっくり言うとシンナーみたいなものでサラサラしている液体で色をボカシます。この表現がいいのかわからないのですが、色をなじませるが正しいのかもしれませんね。

ボカシ剤は、何も施していないボディーの塗装とカラー塗装を行った箇所の境界のざらつき状態(スプレーダスト)をなじませるようにしてくれます。

ざらつき(スプレーダスト)が出るのは、カラー塗料による粒子のつぶつぶが原因となります。この粒子の隙間にボカシ剤が入り込みつぶ状を平らにしてざらつきを抑えます。

ボカシ剤は、クリア剤の使用時にも効果を発揮してくれます。クリア剤を吹き付けた時も表面がざらつき又、ボディーとの境界は白くなります。こちらも、粒子と粒子の隙間に入り込みぶつぶつ(スプレーダスト)を溶かし平らに抑えることで、表面の色の差がなじんで目立たなくなります。

※クリア剤は、メタリック・パールマイカ塗装の車に使用します。

ボカシ剤、使用の際に注意すること。

必ず換気を行いながら作業をしましょう。又、屋外では風のない晴れた日に行いましょう。ゴム手袋・ゴーグルなどを着用し安全に配慮して作業をしましょう!

 

ボカシ剤を使うタイミングは?

 

車の塗装に必要なボカシ剤、使うタイミングはいつ?タイミングを大きく2つに分けて見ていきましょう。

  1. カラー塗装前に吹き付け
  2. クリア吹き付け後(メタリック、パールマイカ塗装の場合)

おすすめの商品です。

カラー塗装前に吹き付け

ボカシ剤は、吹き付けのタイミングは、カラー塗装の前に吹き付けていきます。ボカシ剤は液だれが起こりやすい薄い成分なので、液だれを起こさない程度の薄さで軽く吹き付けるのがポイントです。

※コツとして、吹き付ける前にボディー以外のところで空拭きをして初めの球になった液を飛ばし、吹きだす量の確認をしておきましょう!

又、ボカシ剤が乾く前にカラー塗装を行うことで、綺麗な仕上がりになりますよ。乾く直前に吹き付けるので液だれが起きやすくなりますから注意しましょう!

しなっと耳よりばなし、いいざぁ~ !
海外のカーアクセサリーが豊富!おすすめです!
海外発激安ガジェットショップ!送料無料!【DX.com】



クリア塗料、吹き付け後

メタリックやパールマイカ塗装の車はクリア塗装を使うことで輝きと光沢をもたせることができます。クリア塗装を吹き付けると元のボディー色とクリア塗装の境界が白っぽくなってしまうので、ボカシ剤を使います。クリア剤を吹き付け後、約1分ほど経ったら乾く前に吹き付けていきましょう!

まとめ

 

どうでしたか、休日のDIYは決まりましたか?まだ決まってなかったら他の記事も見てくださいね。

今回は、塗装のムラやざらつきを抑えてくれるボカシ剤をご紹介しました。

ボカシ剤は、シンナーのようなものでかなりサラサラしていますね。吹き付けの時は慎重にならないと液が垂れてきますね。せっかくの塗装が台無しになってしまいます。

薄く吹きかけるのがコツでした。そうすることで、色が鮮やかになじみ綺麗に仕上がります。

吹き付けの方法も別の記事があるので合わせて読んでみてくださいね。

休日のDIYにチャレンジしてくださいね!

では、また次回に!