塗装

カラー塗装/クリア剤/ぼかし剤/プラサフの【4種の塗装方法】

カラー塗装

車の修復には板金や塗装、部品の修理などいくつもの作業や工程があり、中でもカラー塗装は、最終仕上げの色付けになる作業で、プラサフやクリア剤、ぼかし剤といった下地処理が必要となって出来栄えに左右されます。今回は、その下地処理に必要なプラサフ/クリアー/ぼかし剤とカラー塗装、4種のスプレーをムラなく塗る方法についてご紹介します。カラー塗装にはこの4種類の塗装が解決してくれます!綺麗で光沢のある仕上げをしていきましょう!カラーが入ることで雰囲気が出てきます!カラー塗装は、頭の中でイメージができていてもうまく塗れないものです!一度や二度の失敗は、当たり前と開き直る感じでやってゆきますー!じぃーさんのカラー塗装は「勢い」あるのみです~!ではでは、やってゆきましょう!

 

 

4つの塗装
プラサフ/クリアー/ぼかし/カラー塗装とは

 

カラースプレー前の下地処理には、プラサフ/クリアーが必要で最後はぼかし/カラー塗装といった吹き付けが必要となります。

プラサフ

鉄板に付着性を発揮するプライマー効果と塗装の調製を行うサーフェイサーの効果を兼ね備えた下塗り用の塗料ですー!

クリアー

メタリック系、パールマイカ系の塗装に上塗りすることで光沢を出し塗膜の保護をするといった効果のある塗料で色は、透明です。

ぼかし

元の塗装色100%をだすことは、極めて難しく近い色を出すことになります。それによって色の違いが出てきます。その境目を失くす効果で色をシンナーなどで薄めた塗料を使ってぼかすことをぼかしと呼んでいます。

ざっくり言うと、市販のスプレーはカラー塗料を溶かしてなじませるようになっている。

カラー塗料

カラー塗装は、スプレー塗装の基本中のキホンになります!

こちらのカラー塗装は、純正色がそろっていて自分の車にあったお色を選んで、塗ってゆきます。

で、基本中のキホンと言いましたが、缶スプレーであってもエアースプレーも基本的に塗装の作業は同じです。

 

カラースプレー塗装を行う前に十分下地を整えることで仕上がりに左右されます。補修面が透けて見える「透け」やぼつぼつと塗料が弾いていく「弾き」などがあります。

下地は、かなり重要な作業の一つになり「プラサフ」を使い下地を整えてゆきます!

tosou
下地塗装は2種類でOK!プラサフ/アンダークリア・ボカシ剤車の修復に塗装は必要です!塗装は、へこみやキズ、サビのパテ埋め補修の終わりに必ず行う作業です。市販の缶スプレーなどで仕上げていくのですが...

 

 

プラサフ/カラー塗装/クリアー/ぼかし剤による吹き付け

 

ここでの作業は、プラサフ、カラー塗装、クリアー、ぼかし剤の4種類になります。

順番は、プラサフ→アンダークリアー→磨き→脱脂→カラー塗装クリアーぼかし剤→磨き→洗車の手順で行います。

プラサフ、アンダークリアーの補助剤の使用方法と今回のボカシ剤の使用方法は、こちらでご紹介してますので御覧ください。

tosou
下地塗装は2種類でOK!プラサフ/アンダークリア・ボカシ剤車の修復に塗装は必要です!塗装は、へこみやキズ、サビのパテ埋め補修の終わりに必ず行う作業です。市販の缶スプレーなどで仕上げていくのですが...

表面を耐水ペーパー又は、空砥ペーパーの♯1000を使いザラザラしたボディー表面を磨いていきます。

注意点! プラサフ、アンダークリアーが必ず乾ききっていることです!

表面が乾いていても塗装の内側が乾いていないことがあるからです。薄く均等に塗っていても厚く塗られているところがあったり、液だれがあって乾ききっていない部分があるからです。また、何層にも塗ってもいるので乾きにくいこともあります。

そこにサンドペーパーで磨きを入れると塗料が半乾き状態なのでとれていきます。乾くまで時間をおいて磨いていきましょう。

脱脂を行っていきます油分や汚れがついていると乾燥後に塗装の浮きの原因になってしまうのでしっかりと脱脂を行っていきます!

脱脂の方法はこちらでご紹介しています。見てくださいね。

脱脂
脱脂おすすめ4種!クリーナー/中性洗剤/シリコンオフ/エタノール車の修復に必ず出てくるのが、脱脂!非常に大事な作業です。脱脂は塗装の下処理などいろいろな箇所、部品を綺麗にする重要な作業の一つです!塗装...

脱脂後は表面に余分なミスト状の水分ができるのでしっかりと乾かせていきます。

私の車は、サビが酷く大きな穴がポッカリ空いていたのですがパテで滑らかになり、いよいよこれから色が入る時です!見違えるところを想像して「ワクワク」しちゃいます!

 

ではでは、カラースプレーをやっていきます。用意する物は、プラサフとカラースプレーとクリアー、ぼかし剤の4種類のスプレー缶です!

 

 

プラサフを吹き付ける

 

プラサフを吹き付けてゆきます。プラサフの吹き付けの基本は、3回~4回は吹き付けてゆきます。

step➊
1回目の吹き付けは薄く

初めの1回目は、薄っすらと(薄く)吹き付けます。

パテなどで補修している補修面が薄っすらと透けてる感じで吹き付けます。

step➋
乾かす/ムラなく吹き付け

1回目の吹き付けが終えたところで、2回目の吹き付けをやってゆきます。

乾かしながらムラなく吹き付けてゆきます。

艶が出るまで吹き付けます。

吹き付け面に対して、約25cm程の距離を保ちながら一定のスピードで水平に吹き付けます😅

約20cmから25cm程、塗装面からはなして水平に一定のスピードで1/3の重ね塗りをします。

step➌
乾燥後の研磨

プラサフが乾かします。

乾いたら表面は、「ブツブツ」とザラツキ感が残っています。

このザラツキをサンドペーパーを使い研磨します。

サンドペーパーは、♯1000番手を使ってプラサフ塗装表面を研磨します。

これで、プラサフの工程は、できましたー😄

 

 

カラー装をやってみよう!

 

カラースプレーを吹き付けてゆきましょう!

塗装と言っても、何気に簡単にやってゆくイメージですが現実は、なかなかな技術が必要となります。この塗装の技術、スキルは、一定の繰り返す動作が求められ狂うことがない作業になります。

とは言え、頭の中で分かっていても、うまく塗れなかったりしてどうにもならないので、それには、何回も繰り返し身体に覚えさせるしかないです!

失敗しても、「めげない心」が必要!

それが、カラースプレーの難しさかもしれないですねー。

DIYメンテなので気をはらずに頑張りましょう!

じぃーさんも当たって砕けろの勢いで失敗しながら繰り返しやってます~

注意することがあります!吹き付けの時は、風の無い晴れた日に行いましょうね。湿度の高い日は、避けるといいでしょう。更にマスク防具メガネを着用しましょう!

step➊
色を選ぶ

カラースプレーにはメーカー、車種や年式といった一覧表があるのでそこから適用される品番を選んでゆきます。

またお車のお色は、エンジンルームに貼ってある型式ナンバーの「COLOR NO.」の項目に記載されているので、一覧表と照らし合わせます!

step➋
ムラなくカラースプレーの吹き付け!

速く離れすぎて吹き付けるとムラになります。噴きつけの前の試しで感覚も確認してから塗っていきましょう。

失敗例

カラー塗装をする前に、失敗例を見てコツや作業の手順の参考にしてください。では、塗っちゃってゆきますね!

【失敗例】

スプレー塗装する対象面に、いきなり吹きつけてしまっている!

 

一定のスピードで、吹き付けられていない

 

たれちゃいました!

 

社畜のジィーさん
社畜のジィーさん
今回の塗装は、どうなったの?

今回、ボディの塗装の乾燥後は、表面にプツプツと塗装の突起みたいなのが出てきたり、浮いてきたりもしたので再度チャレンジしました。原因は、風が吹いた時に塗料が乗っていなかったことと、脱脂のムラがあったと思います😄

なかなかうまく塗れないですねー!

吹き付け前の練習

ではでは、塗装に入りますが、

その前に!こちらもスプレーを吹きつける時のポイントから先に見てゆきます~!

「スプレー塗装の対象範囲の外から吹きつけていきます」

「一定のスピードで吹きつける」

「良い感じに吹きつけられていますよ~!」

「こんな感じで、とりあえず練習ですね😆」

上側は、いい感じのカラー塗装 / 下側は、失敗例

step➌
カラー塗装

吹き付けのポイントは扇状に手首を回し吹きつけて上から順に下の方へ移動します。

数回に分け重ね吹きつけましょう。

※吹きつけのスピードを一定に保ち薄く数回にわたって噴きつけます。吹きつけのスピードが遅かったり距離が近すぎると液だれの原因になります!プラサフを吹きつけた時と同じ吹き付け方です。

数回ほど缶を振って中の塗料を均一にしておきましょう。吹きつけの初めは玉になって飛び出すときがあるのでマスキングテープを使った養生部分に練習の意味もふくめ数回、試しに吹きつけます。

※カラースプレーを使う前に少し温めておくと玉になりにくい!

 

ボカシ剤 アイキャッチ
【車の塗装】中塗りボカシ剤とは?ボカシ剤を使うタイミングは?自動車やバイクの補修に板金塗装があります。自分で塗装をしていると仕上がりがいまいちで表面がざらついて光沢が出ないような時がありますね。こ...
車のこすりキズ/小キズはタッチアップペンの塗り方車のボディー、バンパーなど、不注意でやりがちなキズがあります。キズが深いとボディーの鉄板がむき出しになるとサビていきます。また塗膜が削れ...

 

 

クリアーを吹きつけよう!

 

クリアーは、ボディーカラーがメタリックなら使用します。

カラー塗装が出来たところで、クリアーを用意します。光沢感のあるボディーに仕上げていきます。

カラースプレー後、約4、5分程度経ったところでクリアー剤の缶をよく振ってから噴きつけていきます。カラースプレーを吹き付ける方法と同じく養生部分に試し吹きをおこないます。吹きつけの際は、手首を返して吹きつけていきます。

※クリアースプレーも液だれや、塗装ムラが無いように試し塗りで練習してから吹きつけるようにしましょう!

クリアーも何回かに分けて吹きつけていきます。その時、薄く吹きつけて行きのがいいと思います。じぃーさんは、3回吹きつけましたが乾燥後、光沢感が無いような感じだったので5回程、吹きつけます。

 

 

「ぼかし」をスプレーしていきましょう!

 

クリアースプレー後にできる塗料の細かな粒子が補修個所の周りにできるので、色のざらつき感であったり、スプレーダストとになることで白くにごったように出てきます。

この補修個所と周りの境界を目立たなくする、またはスプレーダストを溶かしなじませることで目立たなくしていくのが「ぼかし」です!チョー優れものです。

ボカシ剤 アイキャッチ
【車の塗装】中塗りボカシ剤とは?ボカシ剤を使うタイミングは?自動車やバイクの補修に板金塗装があります。自分で塗装をしていると仕上がりがいまいちで表面がざらついて光沢が出ないような時がありますね。こ...

ぼかし剤は使ってみて思ったのですが、たれてきます!厚塗りはせずさーっと吹きつける方がいいですね。厚塗りはできないといったほうがいいですね。使用前は、必ずよく振っておきましょう。

吹きつけ場所は、補修個所の周辺にスプレーしていきましょう。スプレーの前に一度マスキング部分で試し塗りをして液のたれや吹き付けの量をチェックしておくことがコツになりますよ!

塗装関連のサイトはこちら!
ブレーキキャリパー塗装【写真と動画で解説です!】車の塗装で思いつくのが、ボディーであったりバンパーですよね。今回は、初心者の方でも自分で出来るブレーキキャリパー塗装をご紹介します。前々...
スプリング塗装【写真で解説!ブレーキキャリパーの動画もあり】車の塗装で前回、ブレーキキャリパーに塗装をやってみて、カッコよくなりました!(ジィーさんの自己満です)。でも0.2Lの塗料かなり余ります...
車のエンジンヘッドカバー/インマニカバーのロゴ塗装車のボンネットを開けるとエンジンが見えてきます。そのエンジンの上にエンジンヘッドカバーやインテークマニホールドカバーなるものがあり、デザ...

 

塗装の動画はこちら!

スプリング塗装の動画

インマニカバー塗装の動画

ブレーキキャリパー動画

チャンネル登録も宜しくです😄

 

 

まとめ

 

今回は、カラー塗装/クリア剤/ぼかし剤/プラサフの【4種の塗装方法】をご紹介しました。

カラースプレーは、自分で塗っていくには大丈夫かなーって思うかもしれないですが、職人さんになった気分で楽しくやってみてはいかがでしょうか!

スプレー(塗料)は、ホームセンターやカー用品店で販売されているので簡単に用意できますが、時間やお忙しい方はネットを選択してもありですね。ネットだと安くコスパの良い商品もあります!

また、スプレー塗料の吹きつけの際は、晴れた日で風の無い日がいいです😆

私がスプレーで塗っていた日は、吹きつけ中に風が吹いて風に流されたり一部にかかり過ぎて液だれといろいろありました。吹きつけがうまくいかない日にやっていました!

スプレーの吹き付けはコツがありました。扇状に手首を返して吹きつけたり、試しに吹きつけの練習もやってゆきます。

又、クリアーのスプレーもあり、吹きつけ方法はカラースプレー塗装と同じでした。

一度や二度の失敗にもめげずに頑張ってチャレンジしてみてください😆

今回は、ここまでとなります。

ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。見ていただくと励みになります。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っております。

では、また次回の記事と動画でお会いしましょう!

 

 

< prevnext >

 

昭和の車
車の塗装後にコンパウンド仕上げ!研磨剤の種類/研磨方法も車のカラー塗装後のボディ表面は、塗装によって凸凹となっています。これらの凸凹をコンパウンド剤(研磨剤)などを使って磨き表面をならしていき...

 

ちょっと気になる車のお話しだよー🤩

耳よりなお話し




愛車を高く売るなら『高く売れる』ためのサービス

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

車を売る時は、査定をしてもらいますが少しでも高く売りたいものです。ネットで検索し何社かで複数の査定を受けようとするとその都度査定が必要です。査定は、提携しているガソリンスタンドかご自宅で1回だけの査定のみ。スマートな流れの査定です。

 

耳よりなお話し




ヘッドライトのカスタムはこれだ!

クルマSNSで話題のヘッドライト

車のカスタムでは、いくつもありますがその中でもヘッドライトのカスタムから始める方も多いはず。ネットやSNSサイトでも認知度がありベストセラーになっている商品でカスタムしたいものです。
プロの整備士も愛用のLEDを取り付けて「明るく」「カッコよく」なった車でドライブでもいかがでしょうか!

 

耳よりなお話し




出先の駐車場を探すなら

外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)

駐車場のお話し。観光地に出かけた時に困るのが、駐車場ですね。ゴールデンウイークや大型連休、年末年始と休みの日には大勢の人で駐車場もいっぱいです!スマホひとつで予約もでき面倒な行列待ち、空きの駐車場を探すことはありません!すっごく便利です。

お出かけの際は、利用するのはいかがでしょうか!