塗装

車の塗装後にコンパウンド仕上げ!研磨剤の種類/研磨方法も

昭和の車

車のカラー塗装後のボディ表面は、塗装によって凸凹となっています。これらの凸凹をコンパウンド剤(研磨剤)などを使って磨き表面をならしていきます。コンパウンド仕上げを行うことでのボディーの細かな凸を消しツヤツヤな光沢を出してくれます。今回は、カラー塗装後にコンパウンド剤(研磨剤)を使うことでコンパウンド仕上げや研磨方法、また研磨剤の種類などをご紹介します。この作業は、最終仕上げとなるので慎重に作業を進めていきます。

 

 

コンパウンド剤(研磨剤)で塗装後の最終仕上げ!

 

この記事をご覧になっている皆さんはもうすでに塗装が終わっておられるんじゃなかろうかと思いますが、綺麗に仕上げるには、研磨が必要となります😄

それでは、コンパウンド剤(研磨剤)を用いて慎重かつ丁寧、綺麗に仕上げていきましょう!

それでは、下地処理の塗料も塗り終わり塗料の乾燥を待ちます。

塗装の乾燥ってどれくらいの時間がかかるのかというと。

塗料の乾燥時間は、何層もの塗料が外側から内にかけて乾燥し定着します。外が乾いていても内側は乾燥してないということもあるので、約1週間以上の自然乾燥が必要となります。

私は、乾燥中に別件の用事が入ったことで作業の続きができずに2週間、そのままの状態で放置しちゃったんです!車は通勤に使っていて1日ほど雨がふったりもして内心、「大丈夫なんかな~」って思っていました。

本当に乾くのかなとか思っていましたね。

 

コンパウンド剤(研磨剤)を使っていこう!

 

塗装が乾燥した後は、ザラついた状態の表面になっています。薄っすらと白けた表面の塗装になっていて艶(光沢)や輝きは、ほぼ無い状態と言った方がいいかもしれません。

塗装後のザラツキは、塗料の小さな粒のスプレーダストや吹き付け時の塗料の凹凸などで出来たものです。

ザラツキを無くし艶を出すには、いくつかのコンパウンド剤(研磨剤)で磨いていきます。

コンパウンド剤(研磨剤)の種類

コンパウンド剤(研磨剤)を見ていきましょう!用意するものは?

  • コンパウンドシート/研磨シート(コンパウンド細目)
  • コンパウンド極細
  • 艶出し用コンパウンド(液体)

コンパウンドシート/研磨シート(コンパウンド細目)

1週間が経ち塗装も乾燥したところで、いよいよ仕上げに入ります。仕上げとは、表面の乾燥したカラー塗装の凸凹を研磨しならしていきます。

硬化の確認

塗装が乾いているか確認します。この時点で、乾いて硬化してなさそうなら硬化、完全乾燥するまで時間をおきます。

乾いているか端の方を軽く押してみて、硬化しているかの確認をします。

あまり強く押すと硬化していない場合、凹みになるので気を付けましょう!

優しく触れるような感覚で!

コンパウンド細目で軽く磨く!

研磨を行うものとして、研磨シートや半練り(チューブ入り)といった、いくつもの研磨用品が販売されていますが、研磨用品の中でも便利なコンパウンドシートを使っていきます。コンパウンドシートはスポンジと細目の研磨シートが上下に合わさり2層構造になっているものです。

強く押しつけず、優しくなでるように磨いていきましょう!

水をかけながら軽く押しつける感じで磨いてくださいね。使い方はサンドペーパーのスポンジ版といったところでしょうか。磨きムラや磨き残しが無いように磨きます。磨き後は研磨クズや水(水分)をしっかりと流し、拭き取っていきます。

拭き取りに使用したのは、スコット ショップタオル ブルーロールを使っています。

ショップタオルブルーロール

磨き後は、かなり白けたようになります。白けた状態が広がっているので不安になるかと思うのですが大丈夫です。この後、磨きを重ねていきますから!

コンパウンド極細

チューブに入ったペースト状のコンパウンドです。<コンパウンドは極細になっていて細目よりも更に、細かい粒子になっています。こちらをコンパウンド用のスポンジに少量を出して磨いていきます。

磨き方ですが、範囲は、約30cm×30cmを目安に縦横と格子状に磨きます。この時に磨き残しが無いか、ムラになっていないかを確認しながら徐々に広げていきます。

コツとしては、白けた部分が無くなることを見ながら進めていけばいいですよ!

磨いていくと白けたところが光沢が出てくるので、感動ものですよ!

艶出し用コンパウンド

最終仕上げになりますよ!艶出し用のコンパウンドで艶を出していきます。

私は、液体のコンパウンドを使い磨きました。新たに別のコンパウンド用のスポンジを用意します。極細と艶出し用とコンパウンド用のスポンジを別々に用意。

こちらも極細と同じように磨いていきます。約30cm×30cmの範囲で徐々に広げていきます。縦横の格子状に磨いていくと艶がでてきます。

 

 

洗車/ワックス・コーティング剤

 

最後は、洗車です。固形のワックスや、ガラスコーティング剤などを使ってコーティングしていきます。

ワックス、コーティング剤の使い方

水で余分なコンパウンドを綺麗に流していきます。洗車用のスポンジ又は布は、水洗い用と洗剤用、拭き取り用に分けた方がいいですよ。キズが付くのを防ぐためですね。

コーティング剤

次に少量の洗剤を、バケツに入れ泡立てます。できた泡をスポンジに吸い込ませ洗車をします。製品によっては、様々な希釈の方法があります。私の使っている洗剤は水9:洗剤1の割合の物を使用しています。

洗浄が終わったら、ワックスやコーティング剤を使います。今回はガラスコーティング剤でコーティングを行っていきます。スポンジにコーティング剤をなじませボディーに小さな範囲で塗っていきます。1パネル毎にコーティングしていきます。

使用したのは、スパシャン2017Sです😄

ワックスを使う

ワックスの塗り方には円を描く、前から後ろへと風の流れに沿っていく等、いろいろな方法が言われていますが、前から後ろへと塗って風の流れに沿って塗っていきます(じぃーさん流です)。

後は、ワックスを拭き取れば、完了です。

 

オススメのアイテム

 

関連の記事はこちらです!
カラー塗装
カラー塗装/クリア剤/ぼかし剤/プラサフの【4種の塗装方法】カラースプレーなどのスプレー缶を使った塗装のムラなく塗る方法を解説しています。缶スプレーもプロが使うようなスプレーと塗る方法は同じです。失敗もするかと思いますが、そこはやる気と折れない気持ちで吹き付けましょう!とは言え、分かりやすく写真で解説していますので、皆さんの参考になれば幸いです。...
車のこすりキズ/小キズはタッチアップペンの塗り方車のボディー、バンパーなど、不注意でやりがちなキズがあります。キズが深いとボディーの鉄板がむき出しになるとサビていきます。また塗膜が削れ...
車のスカッフプレートの傷消し方法/100均クレンザーがおすすめ車の乗り降りに靴底などが当たって傷が入ってしまうのがドアを開けた下の部分を「サイドシル」と言います。この「サイドシル」をキズから守るのが...

 

動画はこちらからですー!

スパシャン2020になりますが参考に!

 

チャンネル登録も宜しくです😄

 

 

板金・塗装で困った方に!

塗装や最終仕上げがどうも上手くいかない、何とかしたい方に!

何とかなります!困ったときやネットで買った部品など、あるけど上手く取り付けられないや仕上げができない塗装ができないなど、それを受け持ってくれるサービスがあるのですよ!

こちらもおすすめのサービスです!

車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などができる
【グーピット】




愛車の困ったを紹介してくれるサービスで安心ですね!

慣れてくるまでは、修理工場を訪ねてみてもいいかと思います。徐々になれていきましょう。


 

 

まとめ

 

休日のDIY予習の最終仕上げは、わかりましたか?わからなければ、見直してくださいね!最終仕上げの磨きには、いくつもの種類や方法がありましたね。

塗装後の塗料の定着には、時間がかかり約1週間は必要でした。

今回は、コンパウンド剤を用いて車の塗装後の最終仕上げや研磨方法、コンパウンド剤(研磨剤)の種類をご紹介しました。

乾燥後、塗装が定着した表面は、白けていて少し焦りましたね!何種類かのコンパウンドを使うことで光沢がでて復活していきました。

又、コンパウンド用のスポンジには注意点がありましたね。

コンパウンド用のスポンジはコンパウンド剤(研磨剤)の目の粗さによって専用で使うことでした。同じだと細目と極細が混ざって綺麗な光沢が出ないです。

最終仕上げが終わったら、洗車でしたね。洗剤の種類は沢山あります。自分の好みで選んでいけばいいと思いますよ。洗い方は、力を入れず、優しく泡で洗うようにしましょう!

車のコーティングは、ワックス系やガラスコーディング系と様々です。こちらも好みで選びましょう!

今回は、最終仕上げのコンパウンド磨きから洗車までをご紹介しました。

綺麗になっていく過程は、楽しくなりますね!休日も満喫できると思います。

では、また次回お会いしましょう!

 

< prev

カラー塗装
カラー塗装/クリア剤/ぼかし剤/プラサフの【4種の塗装方法】カラースプレーなどのスプレー缶を使った塗装のムラなく塗る方法を解説しています。缶スプレーもプロが使うようなスプレーと塗る方法は同じです。失敗もするかと思いますが、そこはやる気と折れない気持ちで吹き付けましょう!とは言え、分かりやすく写真で解説していますので、皆さんの参考になれば幸いです。...