サビの処理

車のボディー保護!マスキングテープ/マスカーの使い方/種類は?

マスキング

車の修復時のボディーを保護するのに養生が必要となります。修復時のボディー保護はマスキングテープ、マスカーが解決します!養生に使うのは、マスキングテープ、マスカーテープと呼ばれ、いろんな所で使われています。主に建物や機械設備、車などの組み立て補修、更に表面などを保護するために使用され他には部材の仮止などにも使われています。今回は、車のボディーの保護に必要なマスキング/養生についてご紹介します。

 

 

ボディーの保護をするマスキングテープ/マスカーとは

 

車のボディー表面等を養生することで研磨時の切り粉や鉄粉、樹脂粉、塗装時の塗料が必要でない箇所から保護します。養生を行う時は新聞紙やビニールシートなどを使います。これらを貼り付けるには、マスキングテープを用いて貼っていきます。マスキングテープはそれだけではありませんよ!そのままテープだけで養生もできます。

養生に優れたテープにも用途によっていくつかの種類や使用方法があり使い方もさまざまです。

養生の種類は大きく分けてこちらになります。

  • マスキングテープ
  • マスカー

 

 

マスキングテープの種類と使い方

 

マスキングテープは、塗料が付かないようにするために新聞紙やビニールなどを貼り付けるテープです。テープの粘着は丁度いい強さで、表面にキズがつかない柔らかさになっていて剥がしたときにネチョっと感が無いのもいいですね。又、紙類で出来ていて寸法や部品の名前、メモといった用途にも使え、部品の固定や接着時の仮止めにも使えます。

 

マスキングテープの種類

 

マスキングテープ

マスキングテープの種類は、サイズ色、用途によっていくつもの種類があります。

色は、ベージュ系色(白系)や青色、緑色、黄色、カラフルなイラストが入ったものと様々です。色の方も用途に合わせて使えばいいと思います。

例えば、白い部材に白ではわかりずらいので、色の入ったものを選ぶ、といったようにするのが良いと思います。

サイズは、巾12mm、15 mm、18mm、24mm、30mm、40mm、50mmといくつも種類がありこちらも用途によって使い分けれはいいとですね。

12mm~24mmは、小さいものや細かな物に 30mm~50mmは大きな物、建物の塗装に分かれます。30mm~のテープでも車に使えますから大丈夫です。サイズが上がっていくと値段も高くなります!

 

マスキングテープの使い方

 

今回、修復に使うマスキングテープのサイズは24mm幅を使います。

マスキングテープを使って新聞紙やビニールシートも一緒に貼っていきます。

貼り方は、ボディーのプレスラインやボディー横のキャラクターラインに沿って貼り、ドア、ガラス、ヘッドランプの境目、タイヤなどのゴム製品や樹脂製の部品、エンブレムなどの縁や溝に貼ります。

私は、ビニール袋(ゴミ袋)を切って長方形にしてマスキングテープで貼っていきました。枚数は必要に応じて使用してくださいね。私は、4枚で養生しました。

養生用ビニール袋

サビ穴はタイヤハウス周辺でしたので、ビニール袋を約50cm付近に扇状に囲むようにマスキングテープを使い貼っていきます。

マスキングテープで養生する場合は、下から重ねて貼っていく方がいいですね。上からだと重ねた部分が上側になってしますので塗料ならもしシワがあった場合染みこむからです。写真はヘッドランプにマスキングを施工してみましたよ!

マスキング ヘッドランプ

テープの重なりが下側になっていますね!

 

 

マスカーの種類と用途/使い方

 

マスカーは、テープにビニールシートが初めから付いているのが特徴です。ビニールは折りたたまれていて広げて使うことが出来ます。

マスキングテープ同様、塗料を塗らないところをマスキングしたりキズから守るための保護シートになります。

新聞紙やビニールシートなどは使わなくても簡単に貼っていくことが出来るので初めての養生をする方には便利ですね!そのかわり、少しお値段は高めになりますよ。

マスカーの種類

マスカー

マスカーは、シート幅の違いによる種類があります。マスキングテープと同じように用途によって使い方を分けていけばいいと思います。広範囲で使うなら楽でいいですね。シート幅の種類は、300mm、550mm、1000mm、1100mm、1800mm、2000mm、2100mm、2400mm、2600mm、2800mmと、いくつもの種類があります。また、テープ部分は、ガムテープや紙などがありテープ部分の色もいくつもの種類があります。

マスカーの用途/使い方

 

マスカーの使い方はサビ穴や塗装、パテなどの場所に向かって貼り、反対に反り返して固定していきます。

マスカー

写真は、下方向に貼って上に返しているところです。

プレスラインやキャラクターライン、ドア、バンパーに沿って貼っていきます。

マスカー貼り付け

塗装や研磨時は、このように貼っていけばいいですよ!

塗装に使用したときの剥がすタイミングは、塗料を塗布後は約1時間ほどで剥がしていきますよ。

作業中の失敗はテープ面とシートがくっついてしまうことです。

失敗例の写真です! こんな感じであちこちにくっついちゃいました😅

マスカー失敗

 

テープの粘着は少し強いので、シートに触れるとくっついてしまい、使えなくなるので気を付けましょう!

 

ちょっと失礼、オススメです

どうしても自分でDIYメンテができない方は、無理をせずこちらで検索できます。

お住いのお近くの修理工場が分かるサイトです!



車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などができる
【グーピット】

 

 

マスキングテープ/マスカーの使い方で注意することは?

 

塗装をするときの養生の注意点は、塗料が広い範囲に飛び散るのでここはしっかりと養生しましょう。

広範囲に養生するのがいいと思います。塗装部位の養生だったので足りていなかったのでガラスに飛び散っていました!ガラス面やゴム部品に小さな塗料跡がついていて取るのに苦労しました😅

マスキング失敗例

マスキングテープ、マスカーの注意することは、テープが浮いているとその隙間から塗料が染み込んでいきますよテープを貼るときは隙間なく浮いていないことを確認し、しっかりと貼っていきましょう。

失敗例が多くなっているような(笑)…多分…

100均の缶スプレーで車の内装をカーボン調に塗ってみる!車の内装を「ちょこっとだけ雰囲気、変えたいなー」と考えセンターコンソールのパーツに塗装をしてみようかと!でもそんなにお金はかけたくないの...
サビ穴
車のボディーのサビ発生原因/サビ落としの道具とサビの取り方車の修復の作業でサビ落としは避けて通れない作業です。長年乗っているとサビが出てきていませんか?サビの発生は劣化が進んで不具合をおこし見た...
車のスカッフプレートの傷消し方法/100均クレンザーがおすすめ車の乗り降りに靴底などが当たって傷が入ってしまうのがドアを開けた下の部分を「サイドシル」と言います。この「サイドシル」をキズから守るのが...

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?DIYの予習はできましたか?出来てなかったら見直していきましょうね!マスキングは初めに行う作業です。

マスキングテープは、いくつもの幅や色の種類がありましたね。用途によって使い分けます。車に使用する時は、ボディーの塗装や研磨、パテ埋めを行う時に、ガラス面や樹脂部品、ゴム製品の保護をすることを目的としたテープでした。

使用時に、そのままでも使えるのですが広範囲に養生する時は、新聞紙やビニール、シートを使って貼り付けます。塗料がつけないところを保護しましたね。

マスキングテープを更に、使いやすくしたのがマスカーですね。少し値段は上がりますが、マスカーはビニールシートが初めから付いた状態なので作業は、楽になるのでいいですね。注意点は、テープ部分がシートについてしますと剥がせないので気を付けることです!

保護するところから、広範囲に養生するのがおすすめですよ。貼るところは、プレスラインやドアの境目でしたね。テープの浮きもよく見て貼り付けていきましょう!

 

next >