メンテナンス

ヘッドランプ(ヘッドライト)黄ばみ落とし除去方法/必要な道具は?原因も

ヘッドランプ黄ばみ

車を長年乗っているとヘッドランプの黄ばみって気になりますよね。ヘッドランプの黄ばみってなんでなるのでしょうか?それは、材質のポリカーボネートの劣化が原因!黄ばみによって徐々にヘッドランプの明かりが暗くなっていきます。そうなると、夜間の視界が悪く危険です。また、見た目の古びた感もあって気になるところです。今回は、車のヘッドランプの黄ばみ除去方法をご紹介します。黄ばみを落とし透明感や長持ちさせ古びた感をなくしていきましょう!

ヘッドランプの黄ばみやくすみを取るのは、初心者の方にも簡単にできるのでDIYメンテを楽しくまったりとチャレンジしていきましょう!

 

ヘッドランプの黄ばみの原因は?

 

ヘッドライト

昔は、ヘッドランプといえばガラスで作られていましたが、最近のヘッドランプの素材は、ポリカーボネート(樹脂)で作られています。

それによって黄ばむ影響が出てきているのですが、ガラスと同等ぐらいの強度と割れたときの破片の飛散が少ないことで安全性によくデザインの加工が容易という面もあり、軽量化もできる優れたヘッドランプです。ですが、黄ばみやすい!

黄ばむ原因として、日射しよる紫外線(環境)や熱源によるもの、キズやこすれによるダメージのもがあります。それでは、黄ばむ原因を詳しく見ていきましょう。

 

  1. 日射しによる紫外線(環境)からの影響
  2. 熱源による影響
  3. キズ/こすれなどのダメージ

 

日射しによる紫外線(環境)からの影響

屋外では、太陽の日射したっぷりと浴びて避けようがないですよね。この紫外線が、黄ばみの原因になります。最近のポリカーボネートは衝撃や透明性に優れているのですが紫外線には弱い材質で経年劣化とともに黄ばみが増していきますね。

熱源による影響

ヘッドランプは夜間の前方への光の照射によって安全を確保しています。その光の熱源がヘッドランプのカバーに伝わって影響を与えてしまします。

ポリカーボネートは耐熱性(熱変形温度 129℃~140℃)のある素材ですが、光源の熱が長年に渡り伝わっていくことで劣化し黄ばむ原因になります。

キズ/こすれなどのダメージ

ヘッドランプは、車の前面にあることで雨や雪、飛び石などが飛んでくるような過酷な状況にあります。この状況で飛び石によるキズ(小キズ)、こすれが表面に付くことで徐々に劣化が進行し黄ばみの原因になっていきます。

 

黄ばみ除去に必要な道具は?

 

黄ばみを除去する道具を準備していきましょう。

  • マスキングテープ
  • マスカー
  • ハサミ
  • 中性洗剤(食器洗剤)
  • 耐水ペーパー(♯320 又は ♯600)
  • クリーナー(シリコンオフ)
  • 2液性タイプ ウレタンクリアスプレー

これらを用意して作業に取り掛かりましょう。

 

ヘッドライト規格種類
自動車のヘッドライト(ハロゲン電球)の種類と規格車の走行で夜間を安全に運転するには、ヘッドライトが重要になります。夜間の道路を安全に照らしてくれるハロゲン電球、今回は自動車のヘッドライ...
道路交通法ヘッドランプ
【ヘッドライト切れて危な~い】ヘッドライト切れの罰金・違反点数車の夜間の運転に「おや?」なんだか前方が暗いと思い車から降りてヘッドライトを見てみると片方のヘッドライトが切れてます!ヘッドライトが切れ...
ヘッドライト交換
自分で出来る車のヘッドライトの交換方法・交換時期と使う工具と用品車の修復の中で、ヘッドライトの交換があります。一般的にヘッドライト交換には、ハロゲンバルブ切れによるものです。ヘッドライトが1個(片方)...
H4端子-1
車のヘッドライトのH4コネクターが外れない!H4端子の外し方は?車の点検や部品交換でヘッドライトがあります。ヘッドライトの交換にはヘッドライトのバルブ切れがあります。ヘッドライチと切れに気づくのはたい...

黄ばみ除去方法!

 

屋内、屋根のあるところでの作業は換気し屋外なら風の無い晴れた日に行いましょう。さらに、マスクは必ず着用していきましょうね。

洗浄とマスキング

今回は、ヘッドランプを外さずに黄ばみを取っていきます。

初めに、ヘッドランプを中性洗剤(食器洗剤)などで洗っていきます。スポンジなどで洗っていけばいいですよ。ヘッドランプ以外の部位は水分を拭き取ります。ヘッドランプ以外の箇所にマスキングを行いましょう。

ボンネットやグリル、バンパーなどの境界部分にマスカーを這わすように貼り付け、さらに見えない様にマスキングで保護をします。

ヘッドランプ以外のボンネットやグリル、バンパー等が少しでも見えていると耐水ペーパーで研磨時にすれるとキズが入ります。しっかりと養生していきましょう。

黄ばみを耐水ペーパーで除去していこう!

ヘッドライト研磨

マスキングが終えたら、耐水ペーパーでヘッドランプを磨いていきます。この時、黄ばみがひどい場合は、~♯320から♯600を順番に使っていきますが通常は、♯600だけで研磨していきます。

合わせて読みたいサンドペーパーの種類と研磨方法、詳しくはこちら

塗装前の下準備って何?ボディー表面を削る!耐水ペーパーで足付け!車の修復には、塗装前の研磨があります。研磨といってもパテやキズ、サビ取り、塗装前の足付けと、車のありとあらゆる所を削ったり、磨いたりもし...

黄ばみの除去は、水をかけ耐水ペーパーを一定方向に水を含ませ磨いていきます。黄ばみを削り取っていくような感じですね。どこまで研磨をすればいいのか?それは、黄色い研ぎ汁が出なくなって白くなるまでですね。

もっと細かい ♯1000、♯2000を使ったほうがいいんじゃないかー!と思いますが、♯600だけで大丈夫です!クリア剤の密着がわるくなり長持ちしなくなりますよ。

♯600だけで磨くとかなり白くなるのですが心配になると思います。

本当に透明になるの?って思ちゃうかもしれないですが本当に大丈夫です

脱脂をしていこう

ヘッドランプの研磨が終えたら水で研ぎ汁を洗い流し拭き取っていきましょう。ヘッドランプの脱脂をおこなっていきます。使うのは、クリーナーになります。

クリーナーはバンパーの塗装を落とすこともあるので樹脂系に優しいシリコンオフを使うのもいいと思います。私は、クリーナーをタオルにしみこませ拭き取っていきましたよ。

2液ウレタンクリアスプレーを使って透明にするぞー!

研磨済み

2液性ウレタンクリアスプレーを使って透明にしていきましょう。この2液性ウレタンクリアスプレーは、使いきりになるので両方のヘッドランプを施工しましょう!

また、約10時間ほどで使用できなるので、やはり使いきりとなりますね。2液性以外のクリアスプレーを使うと乾燥時に細かいヒビが入るので、ヘッドランプの材質、ポリカーボネートは2液性ウレタンクリアスプレーがおすすめです。

透明 ヘッドランプ

吹き付ける前は、マスカーや空吹きしだまにならないように試し拭きをしましょう。厚塗りで吹き付けると液だれになるので薄塗りをします。

吹き付け方法は、手首を扇状 に左右に回し対象となる範囲の外から吹いて塗っていきます。対象範囲を吹き付けたら範囲外にそのまま吹きながら逃げていきます。

吹き付ける回数は薄塗りで3回、4回(片方)ですね。液が残っていれば5回でもいいと思います。何層も塗っていることで長持ちしますよ!

吹き付け対象の範囲でスプレーの吹き付けを止めないことがコツです!範囲内で止めてしまうとだまになったり、液だれになる原因となります!

 


こちらの商品、おすすめです!

 

どうしても自分で出来ない場合のお助けは、こちらがおすすめ!



車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などができる
【グーピット】

ネットで買ったものの取り付けられない、持っていくのも面倒だなー!又、始めての工場に行くのは何か不安ですよね。車の困ったも問い合わせも整備工場を検索し問い合わせもでき愛車の困ったことを解決してくれるサービスです!おすすめです!


まとめ

 

休日のDIYの予習はできましたか?休日が楽しみですね!

今回は、ヘッドライトの黄ばみを透明に新品のような輝きを取り戻す!をご紹介しました。

ヘッドライトは車の顔ともいえる部位で黄ばんでいると古く見えてしましますよね。黄ばみが取れて透明に輝きが出れば古臭さも吹っ飛んでいくものです。心のもやもやも取れますよね(笑)

黄ばみ取りには耐水ペーパーを使い磨きました。番手は細かいものではなかったですね。それは、クリアー剤との密着性を高めるための番手でした。一通りの作業を振り返ってみると、とても簡単でした。

初心者の方には、是非トライしてみてくださいね。綺麗になっていくのが目に見えて分かるのでびっくりしますよ!

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け事故の無いことを祈っています。

では、また次回に!!