ヘッドライト

自動車のヘッドライト(ハロゲン電球)の種類と規格

ヘッドライト規格種類

車の走行で夜間を安全に運転するには、ヘッドライトが重要になります。夜間の道路を安全に照らしてくれるハロゲン電球、今回は自動車のヘッドライト、ハロゲン電球の種類と規格をご紹介します。またオススメのハロゲン電球もご紹介します。

ハロゲン電球(バルブ)は、様々な分野に使われ一般的なランプになっています。車に使用されるハロゲン電球(バルブ)には、いくつもの種類や規格があります。

又、ハロゲン電球(バルブ)に変わるLEDやHIDといった照明もあり中には標準化させた車種も出てきて徐々に普及してきています。

 

ヘッドライトの種類

 

光源となる電球をエジソンが発明してから 120年以上が経ちました。更にヘッドライトは1,909年から100年の時が過ぎ、車に至ってはシールドビームが登場し普及していきましす。

それではヘッドライトの種類を見ていきましょう。

ハロゲン電球(バルブ)

現在では、シールドビームや白熱球を見ることはないですが、明るさや長寿命化を求め進化を遂げたハロゲンバルブ!今では、一般的に主流となっています。

ハロゲン電球(バルブ)は、長寿命化の仕組みによってバルブ切れの寸前まで明るさを保つため急に切れることで分かりにくいです。(徐々に暗くなっているのですが、分かりにくい)

価格が安く、耐久性は約6年、消費電力が多いです。

明るさはHID、LEDのライトと比較すると一番暗い照明になります。

HID (ディスチャージヘッドランプ)

HID(HIGH INTENSITY DISCHARG の略)の呼び方は、メーカーによって違いますが同じですよ。ディスチャージヘッドランプ、キセノンヘッドランプなどは、同じになりますね。

日本でのHIDを搭載されていったのは、1,995年ぐらいからです。今では、グレードや車種によっては標準に問い際されてきています。

バルブの寿命が近づいたときに徐々に暗くなっていくことで分かりやすいです。

明るさは、白熱球と比べ3倍で、寿命は2.5倍となります。又、発熱量も少なくなっています。それによって、寒冷地ではヘッドライトに付いた雪や凍結が溶けてくれないですね。

HIDを発光させるには、バラストとイグナイターが必要です。車の電圧は通常 12Vで、点灯させるためには 20,000Vの電圧を掛け、光量を維持するには 85Vが必要となります。

しくみとして、イグナイターで電圧を約20,000Vに上げ放電管内で量子を飛ばし85Vの電圧を安定維持するためにバラストで供給します。

耐久性は、約6年と、ハロゲンバルブと同程度、明るさはハロゲンバルブ、HIDと比較して一番明るい。

高電圧が掛かるため施工時(配線)に水の収入を防ぐ処理が必要です。火災につながりかねないので!

 

明るさが安定するまでに少し時間(約10秒~)が掛かります。

種類は、「35W」・「55W」があります。おすすめは価格面を考えて35Wがいいかと思います。

LED

LED (Light Emitting Diode)

最近では、様々な場所で見るようになったLED、建築分野・商業施設・物流・医療と多種多様に使われてきています。

自動車も同様、車種やグレードによっては使われています。特に外車はLED化が進んでいるようにもみえます。

LEDの内部をざっくりと言うと!

LEDの特性として、低消費電力や低発熱、長寿命化と言われています。それは、電子と電子が半導体どうしを合わせるとで衝突しその発生エネルギーが光となって現れ(発光)します。

又、ハロゲンバルブのようにフィラメントを使っておらず、HIDのように高電圧をかけることもないので低消費電力・長寿命化になり少電流で効率よく明るくできます。

LEDは、ハロゲンバルブの約5倍の長持ちをします。光の照射は直線的になり思ったより明るくないことがあります。※ハロゲンバルブ、HIDの光は拡散。

バルブは、熱をもつのでヒートシンク、ファンで冷却し熱対策が施されています。

LEDのバルブは熱に弱いこともあってファンによって冷却されています。このファンが汚れたりすると動きが悪くなると、バルブ本体が高温によって、バルブ切れになります。

 

今では、ハロゲンバルブやHID、LEDといったランプの種類を見ていきましたが、これらの種類の中には、いくつもの規格があり車種によって使い分けられています。

 

車のライトの規格

 

車のヘッドライトには規格があります。自分でヘッドライトを交換する際には、自分の車に合った規格に適合するものを選びましょう。

ヘッドライト交換
自分で出来る車のヘッドライトの交換方法・交換時期と使う工具と用品車の修復の中で、ヘッドライトの交換があります。一般的にヘッドライト交換には、ハロゲンバルブ切れによるものです。ヘッドライトが1個(片方)...

車のライト規格を見ていきましょう。

規格:H1・H3・HB3・H4・H9・H16 などH16

現在、一般的に『H4』『HB3』『H16』が使用され、『H4』が主流となっています。少し前までは『H1』や『H3』が使われていましたが現在では搭載されていないです。

ヘッドライトは2灯式、4灯式に大別されます。

H3はフォグランプに使われる規格で、H1は4灯式のヘッドライトに広く使用されていました。

H4は、2灯式でHi/Loのダブルフィラメントになっており、このバルブひとつでハイビーム、ロービームの切り替えで光の照射が可能になっています。

ハロゲンバルブを自分で交換する時は、規格をよく確かめてから選びましょう!

 

おすすめのハロゲンバルブ

 

Amazonで人気のあるハロゲンバルブをみていきます。H4以外の規格、フォグランプを省きH4だけのランキングとします!

 

 PHILIPS(フィリップス)ハロゲン H4 3350k

タイプ:H4
入数:2個入り
定格:12V 60/55W
色温度(K):3350K
車検対応品

フィリップスは世界で初めてハロゲンバルブを開発、量産化しました!
純正ハロゲンバルブ同等の色温度3350K(ケルビン)で純正バルブと比べても色見は代わらず照射距離は最大35mまでを照射し見やすいです。明るさは150/140Wクラス相当のものになっています。
又、ECE基準であるEマーク取得のハロゲンバルブで国産車、輸入車の取り付けが可能です。

 

 PHILIPS(フィリップス)ハロゲン H4 4300k

タイプ:H4
入数:2個入り
定格:12V 60/55W
色温度(k):4300k
車検対応品

12V純正ハロゲンバルブ搭載車のH4タイプ(ハイロー切替 60W/55W)に対応し明るさは145/135Wクラス相当になっています。
色温度4300K(ケルビン)でノーマルバルブに比べ色温度が上がることで明るさ感が向上しています。
色温度はJIS規格におさまるよう白色範囲内で設計、生産されています。国産車、輸入車問わず取り付け可能になっています。

 

 PIAA ハロゲンヘッドライト・フォグ用 H4 3800k

タイプ:H4
入数:2個入り
定格:12V 60/55W
色温度(k):3800k
車検対応品

PIAAは、モータースポーツで実績と経験で養った技術で耐久性や視認性といった品質を追求するブランドです。品質面にこだわった最新鋭の設備によって作られた製品でクリプトンガスとハロゲンガス封入によるガスの配合調整によってタングステンフィラメントの蒸発を制御し、長寿命化を実現しています。

 

 KOITO(小糸製作所)Vホワイト H4 3700k

タイプ:H4
入数:2個入り
定格:12V 60/55W
色温度(k):3700k
車検対応品

純国産のKOITO(小糸製作所)のブランド商品。白色光に特徴的で明るさはノーマルバルブに比べ見やすい自然な光の白さで「価値ある白さ」を実現したH4タイプの高効率ハロゲンバルブです。品質の厳しい管理の下で作られた商品で、車載メーカーというのも納得。私もおすすめのKOITO(小糸製作所)です!

 

道路交通法ヘッドランプ
【ヘッドライト切れて危な~い】ヘッドライト切れの罰金・違反点数車の夜間の運転に「おや?」なんだか前方が暗いと思い車から降りてヘッドライトを見てみると片方のヘッドライトが切れてます!ヘッドライトが切れ...
ヘッドライト交換
自分で出来る車のヘッドライトの交換方法・交換時期と使う工具と用品車の修復の中で、ヘッドライトの交換があります。一般的にヘッドライト交換には、ハロゲンバルブ切れによるものです。ヘッドライトが1個(片方)...
ヘッドランプ黄ばみ
ヘッドランプ(ヘッドライト)黄ばみ落とし除去方法/必要な道具は?原因も車を長年乗っているとヘッドランプの黄ばみって気になりますよね。ヘッドランプの黄ばみってなんでなるのでしょうか?それは、材質のポリカーボネ...

 

動画もあります!

ご視聴よろしくお願いします。

 

 

 

オススメはこちら

耳よりなお話し




愛車を高く売るなら『高く売れる』ためのサービス

1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

車を売る時は、査定をしてもらいますが少しでも高く売りたいものです。ネットで検索し何社かで複数の査定を受けようとするとその都度査定が必要です。査定は、提携しているガソリンスタンドかご自宅で1回だけの査定のみ。スマートな流れの査定です。

 

耳よりなお話し




ヘッドライトのカスタムはこれだ!

みんカラで1位を獲得したLEDヘッドライトはこちら

車のカスタムでは、いくつもありますがその中でもヘッドライトのカスタムから始める方も多いはず。ネットやSNSサイトでも認知度がありベストセラーになっている商品でカスタムしたいものです。
プロの整備士も愛用のLEDを取り付けて「明るく」「カッコよく」なった車でドライブでもいかがでしょうか!

 

耳よりなお話し




出先の駐車場を探すなら

外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)


駐車場のお話し。観光地に出かけた時に困るのが、駐車場ですね。ゴールデンウイークや大型連休、年末年始と休みの日には大勢の人で駐車場もいっぱいです!スマホひとつで予約もでき面倒な行列待ち、空きの駐車場を探すことはありません!すっごく便利です。

お出かけの際は、利用するのはいかがでしょうか!

 

まとめ

 

今回はヘッドバルブの種類と規格のご紹介をしました。

ヘッドバルブは、いくつもの種類がありハロゲンバルブ、HID、LEDといった種類による明るさも違いました。又、現在の主流となっている規格もあり自身の車に合った規格のもので交換の際はよく確かめる必要がありますね。

ハロゲンバルブは安価で商品も充実しています。DIYによる施工の難しさはHIDで配線の処理に防水対策が必要になりましたね。

又、LEDも標準で搭載され始めていますが、カスタムによる交換で気を付けないといけないのが白く見えても明るさが足りないこともあるので注意しないといけないですね。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

では、また次回に!