電装品

車の「ヘッドライト」の種類と違いその特徴とは?

車のヘッドライトの光源は、「ハロゲンランプ」「ディスチャージランプ(HID、キセノン)」「LED」の3種類のうちどれかが使われています。これらのヘッドランプには、それぞれの特徴や価格の違いがあります。メーカーによって車の用途や特徴によってヘッドランプの種類を使い分けています。では、ヘッドランプにはどのような特徴があるのか?今回は、「車のヘッドライトの種類と違いその特徴とは?」をご紹介します。

 

 

ヘッドライトの種類

 

車に使われているヘッドライトの光源の種類は、「ハロゲンランプ」「ディスチャージランプ」「LED」の3種類が多く使われています。

  • ハロゲンランプ
  • ディスチャージランプ(HID,キセノン)
  • LED

これらのヘッドランプの光源は、寿命(耐久性)やコスト、または用途やお車のグレードによっても使い分けされています。



 

 

ヘッドライトの特徴

 

ヘッドランプに多く使われている3種類の特徴を見ていきますね。

ハロゲンランプ

皆さんご存知のヘッドランプ「ハロゲンランプ」になります。

ハロゲンランプの歴史として、1960年に初めて搭載されました。

ハロゲンランプの光源の元は、不活性ガスとなる窒素、ハロゲンガスなどをガラス管に入れ通電することで発光します。

光源の見た感じの色は暖色系の温かく淡い色合いの光です😄

また、発熱量も多いことでとても熱いですね。それによって交換時の取り扱いにも注意が必要となります。

※ガラス面を触ると手の油が付くことで、その部分が熱を持ちガラス管にダメージを与え電球切れの原因にもなります。

電球切れになった時は、自分で簡単に交換ができます。

また、雪などがヘッドランプ周りに積もった際は、その熱によって溶けてくれますね。

ディスチャージランプ

ディスチャージランプは、ハロゲンランプのようにフィラメント使わずに発光管の中の電極を使ったランプになります。

ざっくりいうと蛍光灯のような電極間(一対)での放電によって発光し発光時はゆっくりと点灯しいきます。

見た感じの光の色は、青みがかった白色になっています。またハロゲンランプの3倍の明るさで、消費電力も小さくなっています。

コスト面については、お高い設定で、交換には少しの手間がかかり交換をしてもらうと3万~5万円は、かかってしまう。

※ディスチャージランプの電源をON/OFF(点灯/消灯)を繰り返すことで寿命は、短くなります。

LED

LEDは、発光ダイオードを使ったライトになります。

当初は、ハイブリット車や電気自動車といった低燃費車に使用する目的にすすめられていましたが、消費電力が少ないこともありガソリン車にもつかわれるようになりました。

光源の色は、見た目は白く光ります。3種類の中でも発熱量が低くなっています。

点灯時の発光時間が早く通常の使用では、ほとんど交換することがいらないといったことがメリットになっています。その分、コスパの面ではお高くなります。

また、交換時命もながいこともあり、次のお車の購入時に、メンテナンスフリー状態で下取りになることも!

 

 

ヘッドライトの比較

 

ヘッドランプに使われている3種類のランプを比較します。

寿命

  • ハロゲンランプ

使用状況にもよりますが、約1,000時間とも言われています。(約3年間)

  • ディスチャージランプ

こちらも使用頻度によって時間が変わってきますが、約2,000時間となっています。(約5年間)

  • LED

なんとLEDは、10,000時間です(約15年間)😆スゴです~

ヘッドライトを明るくしたい方はこちら

価格

次に光源3種類の価格を見てゆきます😆

安い順に並べると、➀「ハロゲンランプ」➁「ディスチャージヘッドランプ」➂「LED}となります。

➀ハロゲンランプ

ハロゲンランプの値段は、工賃を含めて約5,000円ぐらいになります。

➁ディスチャージヘッドランプ

ディスチャージヘッドランプの価格は、ハロゲンよりも高くなります。工賃を含めて約12,000円~約20,000円です。ハロゲンよりも高くなるのは、交換時に部品点数が多いことやディスチャージヘッドランプそのものも高いからです。

➂LED

LEDは、ディスチャージヘッドランプより若干、高くなります。約20,000円以上とみておくといいでしょう。

標準でLED使用なら、よっぽどの故障でないかぎり交換はないですね。また、後付けをするならヘッドランプ全体の交換が必要な場合もでてきます。その場合の価格は約100,000円以上であったり、外車になれば、500,000円と高額になります😅

そんな高価なLEDですが、バルブ交換だけですむ場合もありコスパよくすることも!

クルマSNSで話題のヘッドライト

 

 

ヘッドライトどれを選ぶ?

 

3つのヘッドライトを見てきましたが、ではどれを選ぶのがいいのでしょうか。迷ってしまいますね。

雪国などは、ハロゲンランプだと雪が溶け視界の妨げにならないですが、冬の季節だけになってしまいます。

ディスチャージヘッドランプは、雪がヘッドランプに溜まりますが、光源の明るさは視界をよくしてくれます。

LEDもディスチャージヘッドランプと同様、光源の明るさは視界を良好なものにしてくれます。

お車を購入する時にできるだけLEDにするか選んだお車にLED仕様車がなかった場合は、ディスチャージヘッドランプを選択するべきでしょう😆

LEDならメンテナンスフリーで長寿命ですし、光源は、とても明るく照らしてくれることで夜間の視認性もUPします。安全面においても優れていますね。

ヘッドライトを明るくしたい方はこちら
H4端子-1
車のヘッドライトのH4コネクターが外れない!H4端子の外し方は?車の点検や部品交換でヘッドライトがあります。ヘッドライトの交換にはヘッドライトのバルブ切れがあります。ヘッドライチと切れに気づくのはたい...
自動車のヘッドライト(ハロゲン電球)の種類と規格車の走行で夜間を安全に運転するには、ヘッドライトが重要になります。夜間の道路を安全に照らしてくれるハロゲン電球、今回は自動車のヘッドライ...
ヘッドライト交換
自分で出来る車のヘッドライトの交換方法・交換時期と使う工具と用品車の修復の中で、ヘッドライトの交換があります。一般的にヘッドライト交換には、ハロゲンバルブ切れによるものです。ヘッドライトが1個(片方)...
ヘッドランプ黄ばみ
ヘッドランプ(ヘッドライト)黄ばみ落とし除去方法/必要な道具は?原因も車を長年乗っているとヘッドランプの黄ばみって気になりますよね。ヘッドランプの黄ばみってなんでなるのでしょうか?それは、材質のポリカーボネ...

 

 

まとめ

 

今回は、「車のヘッドライトの種類と違いその特徴とは?」をご紹介しました。

車に多く使われているヘッドランプ3種類を見てきた中で、まとめてみると

ハロゲンランプ

価格は安くなります。交換も自分で出来てコスパもさらによくすることも。

寿命においては、約1,000時間(約3年)と短く、光源の明るさは、他の2種と比べると低くなります。

雪が積もったヘッドランプを発熱によってある程度とかしてくれて雪の降る日は視認性を確保してくれます。

ディスチャージランプ

ディスチャージヘッドランプは、とても明るい光源です。点灯時は徐々に明るくなり、スイッチのON/OFFを繰り返すと寿命が短くなります。

また、交換時期は約2,000時間(約5年)と長寿命になっています。

交換費用と部品代でハロゲンより高くなります。

LED

なんといっても光源の明るさや長寿命といったらLEDになります。

初期費用はかかるものの(標準仕様になっている車も多くなってきた)メンテナンスフリーで長寿命になり長い目で見てもコスパもいいですね。

明るさによって視認性も上がり安全面においてもおすすめのLEDです!

 

今回は、ここまでとなります。ご覧いただきありがとうございます。

別の記事も配信しておりますので、そちらもご覧下さい。

また、mamecoroエンジンは、YouTubeでの動画も配信しております!何かの参考になればと思います。チャンネル登録も宜しくお願い致します。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全かつ事故の無いことを祈っております。

では、また次回お会いしましょう😄

最新の投稿