内装

車のフロントガラスの内側の拭き方/拭く用具の種類【水だけでギラギラ解消】

フロントガラスー1

車の部品の中で重要なフロントガラスがあります。フロントガラスの外側は汚れやすいので拭き掃除を行いますが、内側はクロスの跡が付いたりもあって、それがギラギラすることで運転の妨げになりますね。最悪の場合、事故につながりかねません。

今回は、フロントガラスの内側のギラつきを解消する拭き掃除のやり方をご紹介します。

フロントガラスが曇ってくると拭きたくなってクロスやタオルで拭いちゃいますが、水滴や布の跡が付いたりし更にギラつき視界の妨げになりますね。

又、フロントガラスにこの水滴が付いていると冬の冷え込む時は、フロントガラス内側が凍っていたりもします。

私の車は、フロントガラスの内側はよく凍っていました。

 

フロントガラス内側の拭く用具

 

フロントガラスを拭く掃除に必要となる用具を見ていきましょう。

準備するもの

  • クロス、又はタオル 2枚~3枚(ショップタオルでもいいですよ!)
  • プラスチックのヘラ

ご家庭にあるもので、用意しましょう!

フロントガラスを拭く前の準備

クロスは、1枚だけ使いこんだものを用意します。なるべく硬くざらついた感じのものでいいですよ。

クロスに水を含ませます。

クロスやタオルに水を含ます時のポイントとして。

水が滴るのは、水分が多すぎます。軽く絞って残った水分ほどです。

食事に付いてくる、おしぼりが少し水分が多い感じだと思ってくださいね。

 

フロントガラスの内側の拭き方

 

それでは、フロントガラスの内側を拭いていきましょう。

濡れたクロス(タオル)で汚れ落とし

水分を含ませたクロスをフロントガラスの内側の上の方から押し当て左右に動かせて徐々にクロス分の大きさで一段ずつ下げて右から左へと拭いていきます。

ここに注目

1段ずつクロスの面を変えてフロントガラスの内側を拭いていきます。

クロスに汚れが付着し、その面で拭いていくと更に汚れが伸びて付きます!

汚れの再付着にならないように綺麗な面で拭き取っていきましょう。

汚れによっては何回かに渡って拭き、汚れを取っていきましょう。

乾いたクロスで空拭きをやっていきましょう!

濡れたクロスで汚れを拭き取っていきました。

フロントガラスに水滴が付いているので乾いたクロス(タオル)で拭き取っていきます。

フロントガラスに付いた水滴は、自然乾燥させず乾く前にクロスで拭き取るようにしましょう。

自然乾燥させると、水垢(ウオータースポット)の原因になります。

 

もう一度、空拭き!

先ほど、乾いたクロス(タオル)を使い空拭きをやっていきましたが、この時にクロスの毛羽(繊維)がフロントガラス内側に付くので、乾いたクロスで拭き取り除いていきます。

濡れたクロスで拭き取ったら直ぐに乾いたクロスで拭き取っていきましょう。

慣れてくれば両手にクロスを持って片手に濡れクロス、もう片方の手に乾いたクロスを持って拭き取り作業が速くなりますよ!

完璧に取り除くことは出来ないのですが、毛羽(繊維)を取ることができますよ。

フロントガラス内側の四隅、端の汚れ取り

全体を拭き取ることができましたが、フロントガラスの四隅や端に残った汚れや水滴はどのように拭いていけばいいでしょうか。

フロントガラスの奥の方の端や四隅は拭きにくいですね。では、汚れや拭き取る方法とは!拭きにくい箇所はプラスチックのヘラを使っていきましょう!

濡れたクロス(タオル)をヘラに巻き付けてフロントガラスの四隅、端に向かってシールを剥がすような感じでヘラを滑らしていきましょう。

次に汚れが取れましたが水滴(水分)が残っています。水分が乾く前に乾いたクロスをヘラに巻き付けてフロントガラスの水分を拭き取っていきます。

この時、乾いたクロス(タオル)は、毛羽(繊維)がフロントガラスに付くことがあります。一度拭きを得たらヘラに乾いたクロスをもう一度覆い毛羽を取り除いていきます。

ヘラは、プラスチック製のものを用意し力を入れずに撫でるように拭いていきましょう。

金属製のヘラは使わないように!キズが入るので使用しないようにしましょう。

又、拭くときには力を入れず優しく拭いてくださいね。ダッシュボード、ガラス面にキズが付かないように慎重に作業を行いましょう。

 

ヘラを使う時のポイント!

SUVなどのフロントガラスが立っているガラスは、クロスなどを持って拭き取るのも楽ですが、スポーツカーなどフロントガラスはかなり斜めで寝ていることもあり拭き取るのが楽ではないですね。

このような場合は、ヘラを使うとフロントガラスの先の方まで届き楽に拭き取りやすくなります。ヘラの強度も硬すぎず柔らかすぎずが丁度良いと感じました。

又、水滴は、早く乾いてしまい水シミが残ります。濡れたら乾拭きと早めの拭き取りをやっていきましょう!

 

私の車は軽自動車の三菱トッポBJさんで、フロントガラスが立っていることもあって、ヘラなどは使わないですが、フロントガラスの傾斜がある場合は、ヘラなどを使うと非常に楽ですね。

これで、作業は終わりです。綺麗に仕上がりました。

まとめ

 

今回は、車のフロントガラス内側の拭き方と使う用具の種類をご紹介しました。

フロントガラス内側を拭くには、ご家庭にあるものを使ってお手軽にお手入れもできました。古いクロスやプラスチック製のヘラを使っての拭き掃除なので簡単にフロントガラスを綺麗にできますね。

フロントガラスが曇ると視界の妨げになり安全の確保ができなくなり危険です。

皆さんも定期的なお手入れを行って安全なドライブ、通勤にしたいものです。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

では、また次回に!