洗車道具

【洗車とコーティング】おすすめスコットのショップタオルの使い方/車の油汚れも

ショップタオル

車の修復で油汚れや点検、又洗車などを行いますが、使用する用具も何を使えばいいのかと思うところですね。

今回は、スコットさんのショップタオル ブルーロール(Scott SHOP TOWELS)を使い洗車やコーティング、油汚れ(ホイールの汚れ除去)、点検などにおすすめな使い方をご紹介します。

最近よくネットやYou Tubeで紹介され話題になっているのを拝見しまして実際に使ってみました!中でもホイール洗浄とコーティングの使い勝手や使用方法を実際に使ってみての感想もお伝えしていきますねー!

ブルーロールは、使い勝手が良く強度もあって使い捨てができ便利で手軽に使えるペーパータオルです!車の洗車やメンテナンス、点検にはもってこいです!

それではスコット ショップ タオルを見ていきましょう!

 

スコット ショップタオル (SCOTT Shop Towels)とは

 

ショップタオル

スコット ショップタオル ブルーロール(SCOTT Shop Towels)

車など乗り物のメンテナンスや掃除用具の一つとして話題のスコット ショップタオル ブルーロールは、1ロールが 55枚で10ロール入りも販売されています。

コストコや最近では、ホームセンターなどにも置かれるようになって簡単に手に入るようにもなってきました。

もちろんネットでも購入できますよ!
(時間を短縮したい方にはおすすめ!)

素材、耐久性は?

素材は厚手のポリマー繊維素材からなり洗って布のように丈夫で何度も使えて経済的又、吸油性に優れて使い勝手のいいタオルになっていますね。

もともとは、車や乗り物用として開発され油を吸着して使い捨てができるようになっています。とても便利ですね!

なんだかメリットばかりのように見えますがデメリットもありますよ。

  • メリット

使い捨て感覚の使用なので衛生的というメリットがあります。

  • デメリット

熱に弱いというデメリットがあります。

汚れを除去したり、油分を取り除くときには高温は避けましょう!

スコット ショップタオルの内容

商品名 Scott スコット ショップタオル ブルーロール
サイズ(cm) 1シート 27.9(高)× 26.4(幅)
内容量(1ロール) 55枚
ブルー
原産国 アメリカ合衆国
素材 ポリマー繊維素材

スコットショップタオル ブルーロールは紙ウエスなので、油汚れやグリス、車のボディー、ホイール汚れ、窓または室内の拭き取りの汚れに力を発揮!後は使い捨てができてとても便利ですね。布タオルと比較しても大変便利で使い勝手がいい紙ウエスですね!

スコット ショップタオルの使い方/どこに使うの?

 

先程、ショップタオルの内容を見てきて車用の開発で作られた製品ということが分かりました。なのでやっぱりここは、車に使って見ていきますね。

ショップタオルをホイールの洗浄に使ってみよう!

洗車ってホイールはいつも放置して後回しになることが多くないですか?

えっ⁉私だけかなー。

こういったことにならないように洗車の初めは、ホイールから初めていきます。初めに水で洗っていきます。埃や泥、ブレーキダストなどを綺麗に取り除いていきましょう!

よーく見てみると鉄粉や汚れの山になっててビックリ!びっしりとこびりついていました。
こびり付いた汚れを取り除くには高圧洗浄機か散水シャワーの水圧で落としていきます。洗剤が必要でしたら食器洗剤を使っていきましょう。

中性洗剤

食器洗剤は手に優しいので車のボディーやホイールにもダメージが無いと思うので今回は、ホイールに使っていきますね。使用したのはチャーミーマジカですよ!

こびり付いた汚れが取れましたらYouTubeやネットでよく紹介されている激泡ガラスクリーナーをつかって更に汚れを浮かしていきます。

激泡ガラスクリーナー

激泡ガラスクリーナーを少しホイールに付けて変色しないか確認したのですが大丈夫でした。

中には、ホイール用の洗剤でも変色するものもあるので確認してから使っていきましょう。

車のボディーには、出来るだけ付かないようにしてくださいね。付着した時は、洗い流しましょう。

ショップタオルを手のひらサイズまで四つ折りし少し水分を含ませ使っていきましょう。優しく浮いた汚れを取り除いていきます。

ショップタオルの表面は凹凸となったエンボス加工が施されています。表面の凹凸で汚れをキャッチし取っていきます。

ショップタオル表面に汚れが付着したら、面を変えてホイールを拭き取ってくださいね。

汚れがひどい場合には、タイヤ二本でショップタオル一枚を使いました。定期的にホイールを洗っている場合は、一枚で四本は可能かと思います。

※ 途中、ショップタオルを水洗いする必要がありますが…。

ショップタオル

ショップタオルは、強度もあるので含んだ水分は絞って何回も使うことができます。水にも強く耐久性があり使い勝手のいい商品でした。

ショップタオルを使いホイールにコーティングを施す!

ショップタオルとシリコーンオイルKF-96を使ってホイールのコーティングを施していきましょう!

チョット待った!その前にボディーの洗車やコーティングを施工してからホイールのコーティングをしていきましょう!それはなぜか?せっかく洗ってコーティングしたホイールを汚してしまっては、ガックリとなりますよね!

なのでホイールの汚れを洗い→ボディーの洗車(コーティング)→ホイールのコーティングの順番で洗車を行います。

ショップタオルにシリコーンオイルKF-96を取り出しホイールに塗布していきますが、この時も、ショップタオルを使いやすい大きさで調整し四つ折りにして使いましょう。

シリコーンオイルKF96を取り出す方法は、缶の円い口にショップタオルをあてて缶ごとひっくり返しショップタオルに染み込ませます。

塗る時はシリコーンオイルKF-96を薄くのばしながら使っていきますよ。

内ふた

シリコーンオイル

シリコーンオイルKF96-2

 

汚れがついていた場合はショップタオルでキズが入らないように優しく拭き取り面を変えてくださいね。

ショップタオルは厚みがあるので破れることがなく使うことができますね。使用枚数は、ホイール四本を一枚でコーティングすることができましたよ!

丈夫ですね~、経済的ですね~!はっきり言うていい商品です‼

車の樹脂部品に!

ショップタオルとシリコーンオイルKF96を使った例として樹脂品にも使ってみました。

ワイパーの部品又、回りの部品やバンパーなどにも使えますね。

ワイパー回りの部品やバンパーって白けてしまったりしますよね、そこでシリコーンオイルをホイールに塗布する時と同じようにショップタオルに付け白けたところに優しく拭いていきます。

ショップタオルの使用枚数は、一枚で十分でしょう。

樹脂

白け除去

オイル点検、エンジンルームのお手入れに

ショップタオルは、オイル点検時、オイルの汚れやオイル量のチェックに使えますよ!

オイルレベルゲージを引き出しショップタオルで拭き取り再度ゲージをショップタオルにあて量や色を確認することができます。

又、エンジンルーム内のオイルによる汚れや埃、砂ぼこりなどもサーっと拭きとれますね。

私は、オイル点検の確認は少々汚れた使い古しのショップタオルを使ってみています。これで十分ですね。耐久性があるのでまだまだ使えます!

オイル点検

フロントガラスにも!

フロントガラスの外側や内側にも使えます。フロントガラスの曇りにはガラス表面の汚れを取り除いてくれるので綺麗な仕上がりになりますね。

こちらは、二枚のショップタオルを使います。一枚目は濡らして汚れを取るために使い二枚目は乾拭き用につかいますね。

手軽に使えるのが良いですよ!

 


 

他にいくつもの使い方がありますが…。塗装時の脱脂の拭き取り、部品の拭き取りといったところにも使え耐久性のあるタオルです。いろんなところに使えるタオルなので使ってみてはいかがでしょうか。

 

コスパは?気になるところ。。。

 

私が購入したのはネットです。周辺のホームセンターに置いてなかったのでネットAmazonさんですね (笑)にしました。便利になりましたねーっていうか田舎だから置いてないー!届いたのは2ロールのセットで、110枚(55枚/1ロール)のペーパーです。

ネットのいい所は、時間の短縮ができるので時間の単価として考えてみるとコスパが良いと思います!

1枚は、約9円~10円で使えます。家のお掃除にも使えて経済的ですね!

 

洗車
スパシャンを使った洗車の水洗いとコーティングの手順車のお手入れに洗車があります。車はいつもピカピカで、きれいな状態に保ちたいものです。洗剤の種類も豊富にありますが、どれを使えばいいのか迷...
シリコンオフ画像
自動車の板金塗装前の脱脂剤【シリコンオフ】と脱脂のやり方を解説車の修復で板金塗装があり、その過程で欠かせないのが脱脂ですね。今回は、板金塗装の前に施す脱脂の種類、やり方や車の修復に脱脂がなぜ必要なの...
コーティング
【車のホイールコーティング剤】うわさのシリコーンオイルKF-96やり方車のホイールってひどく汚れますよね!ボディーが綺麗でもホイールが汚れていると台無しです!車も足元からコーティングを施し綺麗にしたいもので...
オイルチェック
車のエンジンオイルのチェック方法/オイルレベルゲージで量や色の見方皆さんは自車のエンジンオイルの点検ってされてますか。エンジンオイルって重要なんですよ!エンジンオイルの点検って意外と簡単です。というか、かなり簡単です!エンジンオイルの点検は色や量をみます。今回はエンジンオイルの点検を解説し解決します!では早速、一緒に見ていきましょう!エンジンオイル交換動画もあります!😄...
フロントガラスー1
車のフロントガラスの内側の拭き方/拭く用具の種類【水だけでギラギラ解消】車の部品の中で重要なフロントガラスがあります。フロントガラスの外側は汚れやすいので拭き掃除を行いますが、内側はクロスの跡が付いたりもあっ...
フロントガラス
車のウインドウガラスの曇り止めで洗剤と水を使い比較してみた車のフロントガラス内側のくもり、視界の妨げになって危険です。くもったガラスをクロスやタオルで拭き取るとクロスの繊維が残ったり水滴が乾燥し...
フロントガラス6種
車のフロントガラス内側の曇り取り(止め)方法6種の比較!車のフロントガラスの曇りは視界が悪くキケンですね。フロントガラスの内側の曇りは雨の日や雪が降る日、湿度の高い日に曇りやすくなりますね。今...

 

社畜のジィーさん
社畜のジィーさん
動画にもなっておるのじゃぞよ~

こちらの動画もご視聴よろしくお願いします。

 

まとめ

 

今回の休日の洗車の予習はできましたか。わからなかったらもう一度見てくださいね。

洗車のホイールに使うショップタオル!のご紹介でしたが、強度もあり水にも強く耐久性がありましたね。洗車から始まりコーティングまで使えるのもうれしいペーパータオルです。

汚れ面を折って使っていけば1枚でホイールを4本に使えそうですね。やはり耐久性があることでコスパも優れているのもわかります。

簡単にサーっと拭けて、汚れたら捨てられる使い捨てもいいのかもしれないですね。

生活環境の中でも使うことができるので車以外の場面も今後、ご案内していきたいと思っています。これからもずーっと使っていける道具の一つと思いました。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っています。

では、また次回に!!