エンジンオイル

車のエンジンオイルのチェック方法/オイルレベルゲージで量や色の見方

オイルチェック

車の点検、チェックには、自分で出来る作業があります。中でも一般的に知られている(知らない方もいらっしゃる…)作業で、エンジンオイルのチェック・点検があります。このエンジンオイルはエンジン内部の金属の部品を滑らかに動かすための潤滑剤です。エンジンオイルの色が汚れていたりオイル量が多かったり少なかったりするとエンジンに様々な影響を与えてることになります。エンジンにとても重要なこのエンジンオイル、オイルレベルゲージで色やオイル量を確認することでエンジントラブルを起こさないように、オイルの状態を自身でチェックすることも可能なのでチャレンジしてみましょう!今回は、「車のエンジンオイルのチェック方法、オイルレベルゲージで量や色の見方」をご紹介します。エンジンオイルのチェックは教習所以来だと思いますが簡単に自分でもチェックができますよー!それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

エンジンオイルのチェック方法

 

エンジンオイルのチェックを見てきましたが、ここからは、チェックの手順、方法をお伝えします。それでは、詳しく見ていきましょう。

車を平らなところに置き、エンジンを停止しエンジンが冷めるのを待ちます。

オイルレベルゲージ

オイルレベルゲージは、長い棒状のゲージになります。先端部分にオイルが付くのでそれによって量や色を確認することができます。

オイルレベルゲージ取り出し

エンジンのヘッドカバー周辺にオイルレベルゲージの取っ手を探します。オイルレベルゲージは、取っ手があり、「ENGINE(エンジン)」と書かれていたりもします。またオイル給油口のキャップのそばにあるので見つけやすくなっています。

※一般的に「ENGINE」(エンジン)と表記されてることが多い。

オイルレベルゲージの取っ手が見つかったら引っ張って引き出します。

ゲージー1

オイルレベルゲージ拭き取り

オイルレベルゲージを引っ張り出したら、先端付近をウエスや紙ウエス(ショップタオルなど)を使いオイルを拭き取りましょう。

※オイルがオイルゲージにたっぷりと付いていてオイル量が分からないので拭き取ります。

ショップタオル
【洗車とコーティング】おすすめスコットのショップタオルの使い方/車の油汚れも車の修復で油汚れや点検、又洗車などを行いますが、使用する用具も何を使えばいいのかと思うところですね。今回は、スコットさんのショップタオル...
ゲージー2

オイルゲージ差し込む

オイルレベルゲージを拭き取りを終え、エンジンの元の穴に差し込み戻します。

エンジンオイルの安定した状態になっているので、そこに差し込んでオイルに浸けます。

ゲージー3

エンジンオイル量や色を調べる

一度差し込んだオイルレベルゲージを引き抜きゲージ先端に付着したエンジンオイルがオイルレベルゲージのどの辺りまで付いているか確認します。

先端の▼と▼の切り込み(L ~ H) の間に入っていれば適正量です。又、色の具合も確認しましょう!

ゲージー3

エンジンオイルの補充

少ないときは、エンジンオイルの補充を行いましょう。エンジンのヘッドカバーにOILと書かれているキャップを外し、その穴からエンジンオイルを注入します。

オイル

※今回のお車は、三菱トッポさんです。経年劣化の車なので、オイルもれの無いように粘度の高いオイルを使います。安いオイルです😄

エンジンオイルの補充は、▼~▼( L ~ H) までの間が約1ℓ程度なので少しずつ足して行きオイルレベルゲージでこまめに確認していきましょう。

エンジンオイルの色

エンジンオイルが黒く濁っている場合は、エンジンオイルの交換、又はオイルフィルターの交換が必要となります。

定期交換がされていると必要が無いと思いますが、交換を行っていないと汚れがひどい場合もあります。エンジン内が汚れているので交換をしておくのがいいと思います。

エンジンオイル茶色

「うわ~」トッポさんのエンジンオイル、汚れていますー!!

 

 

エンジンオイルレベルゲージで量や色の見方

 

エンジンオイルの量は、少なかったり多すぎてもエンジンには、良くないですね。エンジンオイルは、適正な量にしておくことがエンジンの耐久性が向上しよくなります。

エンジンオイルの量と色の目視チェック

エンジンオイルはオイルレベルゲージを使って目視でチェックができる機構になっています。

チェック内容を見ていきましょう。

エンジンオイルの量の見方

チェック方法は、エンジンに備え付けられているオイルレベルゲージがあります。オイルレベルゲージは約40~50cmの棒状になっていて、先端はひねり形状でローレベル(L)⇔ハイレベル(H)の刻印ラインが施されていたり▲でカットされている目印もあります。

これら L ~ H 、又は▲カットの間、中間より少し上にオイル量があれば適正量になります。

レベルゲージ

L ~ H の間は、約1ℓになっています。

エンジンオイルの色の見方

エンジンオイルの色でもエンジンオイルの状態が分かります。

オイルは、ほぼ無色透明で少しなのですが黄色っぽいですね。徐々に茶色くなって汚れていくのですがエンジン内の汚れを取る洗浄作用が働いているので問題ないです。

長期間、交換をやらないとエンジン内の汚れが溜まって汚れえを取り除くことができなくなっていくので交換が必要になりますね。

エンジンオイル茶色
エンジンオイルーピストン
自動車のエンジンオイルの役割や潤滑のしくみとは?自動車のメンテナンス作業に必ず行うエンジンオイルの点検。今回は、エンジンに必要なオイルを自分で目視チェック方法と又、エンジンオイルを潤滑...

エンジンオイルの乳白色は特に注意が必要⁈

エンジンオイルと水分が含まれることで発生する現象です。エンジンオイルに水分が含まれるとサビや焼きつきの原因となります。

エンジンは、シリンダ内でガソリンが燃焼することで高温になります。高温を抑えるためにシリンダー回りに冷却水が流れています(ウォータージャケット)。

このウォータージャケットからの冷却水がエンジンオイルに混ざっていることが考えられます。ガスケットに何らかの不具合が生じている可能性がありエンジンの分解となり内部のパーツ確認が必要となります。

 

 

エンジンオイルが少ない「ローレベル」の不具合

エンジンオイルが少なくなると、エンジンオイルの循環が安定しないことでエンジンオイルの各作用が、うまく働かなくなったりもします。

例えば、洗浄作用や気密作用(シーリング)がうまくいかないと燃焼ガスが漏れたりします。

このような状態が続くと、ピストンリングがシリンダー内壁にキズを付けてしまったり、汚れがこびり付いたりします。このような症状になると、シリンダーのメンテナンスが必要になります。

エンジンオイルが多い「ハイレベル」の不具合

エンジンオイルを多く入っている場合、クランクシャフトに付いているカウンターウエイトがオイルパンのエンジンオイルにあたり負荷がかかる。それによって泡立ってしまい空気が混ざることで循環に支障が生じ、各作動の低下につながり出力低下にもなります。

 

 

エンジンオイルの交換時期

 

エンジンオイルの交換時期の目安は、距離にして約5,000Kmで日数で見ると6ヶ月毎が望ましいですね(エンジンコンディションを保つならです)

5,000Km、6ヶ月と一般的に交換が必要と言われてはいるもののメーカーの基準とは違っていたりもします。

トヨタさんを例えた場合、ガソリン車の交換目安は、15,000Kmまたは1年となっています。

<トヨタさんのオイル交換時期の目安>

ガソリン車 15,000Km、または1年
ガソリンターボ車 5,000Km、または6ヶ月
ディーゼル車 5,000Km~20,000Km、または6ヶ月~1年ごと

また、軽自動車の場合、ターボ車は、5,000Kmまたは6ヶ月で普通車(NA)は、10,000Kmまたは6ヶ月と言われています。

<軽自動車のエンジンオイル交換目安>

普通車(NA) 10,000Km、または6ヶ月
ターボ車 5,000Km、または6ヶ月

 

エンジンオイルは、使うと洗浄効果によって汚れてきます。又、燃費が悪くなったり、燃焼ガスの漏れがあったりとエンジンに負担がかかってきます。そのためにも、定期的なエンジンオイルの交換が必要になります。

エンジン内を綺麗に保つことがエンジンとって一番いいことなので、こまめにチェックを行うことが望ましく燃費維持や故障のリスクを減らすことにつながりますね!

 

 

エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法車やバイク、乗り物のエンジンオイルは交換が必要です!オイルの交換時の時期はいつなのか?自分で出来るものなのか?又使う道具、交換の方法を知...
エンジンオイルーピストン
自動車のエンジンオイルの役割や潤滑のしくみとは?自動車のメンテナンス作業に必ず行うエンジンオイルの点検。今回は、エンジンに必要なオイルを自分で目視チェック方法と又、エンジンオイルを潤滑...
おすすめのエンジンオイルの選び方とオイルの種類や見方も一般的に皆さんが言うエンジンオイルといえば車に使われているオイルを思い浮かべますね。車やバイクといった乗り物には必ずエンジンオイルが使わ...
エンジンオイルーピストン
自動車のエンジンオイルの役割や潤滑のしくみとは?自動車のメンテナンス作業に必ず行うエンジンオイルの点検。今回は、エンジンに必要なオイルを自分で目視チェック方法と又、エンジンオイルを潤滑...
エンジンを冷やすLLCと冷却水の見方!基本的な日常のチャック方法車のエンジンをかけるとボンネットが熱くなっていきます。これは、エンジンに燃料が送り込まれ燃焼していることで熱くなります。でもこのままだと...

 

オススメするエンジンオイル!

車検にはエンジンオイル・オイルフィルター交換は欠かせない!

安く車検をやりたい方おすすめ!



安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

 

オイル交換を自分でやりたい方向け動画!

 

 

まとめ

 

自動車の点検でエンジンオイルの量や色をチェックする方法を今回は、ご紹介しました。

エンジンオイルは、とてもエンジンにとっては、重要な潤滑油になっています。長期にわたりエンジンオイルの量が少なかったり多かったりすると様々な不具合の要因になっていきます。こまめなチェックが必要ですね。

エンジンオイルをこまめに変えると燃費維持や故障の原因を少なくしエンジン内を綺麗に(洗浄作用)保ってくれますね。

自分で行うチェック方法、簡単なのでこまめに見ていきましょう!

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っています。

では、また次回にお会いしましょう!