エンジンオイル

エンジンオイルフィルター(オイルエレメント)の交換方法

エンジンオイルフィルターは定期交換が必要。エンジンオイルフィルターの定期交換は自分でもできます。今回は、エンジンオイルフィルターを自分で交換する方法をご紹介します。エンジンオイルフィルターは定期的に交換が必要となります。交換せず放置しているとオイルが濾過できなくなりエンジンの劣化と燃費の悪化にもなります。

 

 

オイルフィルターの交換は必要?

 

エンジンオイルのフィルターの交換は必要。エンジンオイルの交換は、定期的に行うことが必要です。

オイルフィルターの役割は、ろ過作用になります。

  • ろ過作用

エンジンオイルは汚れてくるものです。

エンジンオイルは使用しているとスラッジが(燃焼ガス)によって汚れてきます。汚れを放置していると燃費が悪くなったりエンジンにダメージをあたえてることになります。

※シリンダー内にキズが入ったりといった損傷の原因に。

エンジンの寿命を伸ばすにはフィルター交換は欠かせない!

 

 

オイルフィルターの交換はいつ?

 

エンジンオイルフィルターの標準的な交換時期は、あくまでも目安。

オイルの確認は、ゲージで確認することができるが、オイルフィルターの汚れは簡単に見ることができない。

そこでオイルフィルター交換の目安となるのが、オイル交換の2回の内、1回はオイルフィルターを交換する。

まめころくん
まめころくん
どのくらいの距離で交換?

一般的に乗られているガソリン車のエンジンオイルの交換時期は距離にして約10,000Kmでディーゼル車は、約 5,000 ~ 10,000km と言われています。

期間にしてガソリン車は、約1年。ディーゼル車で約半年~1年になっている。

【エンジンオイル交換時期】

エンジンオイル交換の目安:トヨタ車

車 種 交換時期(標準) シビアコンディション
ガソリン(NA) 15,000km

1年

7,500km

6ヶ月

ガソリンターボ 5,000km

6ヶ月

2,500km

3ヶ月

ディーゼル 5,000~20,000Km

6ヶ月~1年ごと

2,500~10,000km

3ヶ月~1年ごと

 

シビリアンコンデイション:走行距離多い、悪路、山道の上下の走行

ガソリンエンジンだと10,000Kmでオイル交換、オイルフィルターは20,000Kmの交換にすることで交換時期のおおよその目安にもなります。

まめころくん
まめころくん
2回目のオイル交換と同時だ!

 

 

オイルフィルター交換時の道具

 

オイルフィルター交換の道具を揃える。

オイルフィルター交換は、慣れていないとどうしても汚れます。

汚れてもいい衣服で作業を行います。

エンジンオイルフィルター交換に使う道具は、カー用品店などにある工具を使います。

最近では、種類が豊富なネットなどで選ぶのもおすすめです。

エンジンオイルフィルターレンチがあると便利で、簡単に外すことができます。各メーカー、車種(年式)によって異なります。サイズ確認は必要です。

 

 

エンジンオイルフィルター交換方法

 

エンジンオイルを抜くにはこちらも合わせておすすめします。

エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法エンジンオイルは交換が必要。オイル交換時期になると自分で出来るのでしょうか?その時に使う道具と交換の方法を知っていると費用を安くできます...

 

エンジンオイルフィルター交換は自分でも出来る。

エンジンオイルフィルター交換方法は

  • 車体を持ち上げる
  • エンジンオイルを抜く
  • オイルフィルター脱着

上記3つの流れで作業を行っていきます。

車体を持ち上げる 

フロアジャッキを使い車体を上げる。

ジャッキ位置2画像

<ジャッキポイント>

一部の車種でそのままの状態でも外すことができるタイプもあります。軽自動車など。

オイルを抜くには、オイルパンにあるドレンボルトを外します。

ドレンボルトは、オイルパンにあり車体の下から外すします。

そのままの状態では、車体の下にもぐることができずドレンボルトを外すことができない。

フロント側を持ち上げるならリア側のタイヤ前後にタイヤストッパーを取り付ける。

タイヤストッパー(輪留め)

<タイヤストッパー>

ジャッキポイントにフロアジャッキをかけ車体を持ち上げていきます。

フロアジャッキー1

<フロアジャッキ>

持ち上げた車体にジャッキスタンドを設置し車体が落下しないように固定します。

ジャッキ位置

<ジャッキポイント> 

<ジャッキスタンド>

エンジンオイルを抜く

古いエンジンオイルの処理方法、こちらも合わせておすすめします。

エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法エンジンオイルは交換が必要。オイル交換時期になると自分で出来るのでしょうか?その時に使う道具と交換の方法を知っていると費用を安くできます...

 

エンジンオイルフィルターを外すには、オイルを抜く必要がある。

初めに古いエンジンオイルを受けるトレーか廃油処理箱でオイルを受けます。

エンジンのヘッドカバーにあるオイルキャップもこの時に外します。

 

エンジンオイルを抜く

車体が持ち上がっている状態からエンジンの真下にあるオイルパンのドレンボルトをゆるめ外します。

古いエンジンオイルが流れ出します。

ドレンボルト・ドレンワッシャー

ドレンボルトとドレンワッシャーを外した場合、

新品のドレンボルト/ドレンワッシャーに交換することをおすすめします。

ボルトのはめあいがゆるんだりワッシャーのゆるみがあり

オイル漏れの原因にもなります。

オイルフィルターの脱着

オイルが抜き終えたらフィルターの脱着。

オイルフィルターを外すには、専用のレンチが必要です。

メーカーや車種(年式)によってもサイズが違うので、サイズを確認することが必要です。

 

オイルフィルターレンチをオイルフィルターに合わせます。

反時計回りに回しオイルフィルターを外していきます。

 

オイルフィルターの取付け。

オイルフィルターの取付は、取り外しの逆です。

取付の際の注意点があります。

取付時の注意点

新品のオイルフィルターの取付の際は、

本体のゴムのパッキン(リング状)に必ずオイルを塗ります。

オイルを塗っておかないとしめ付け時にゴムが滑らず

切れる原因になりオイル漏れになります。

以上がオイルフィルターの脱着方法になります。

まめころくん
まめころくん
意外と簡単だ!

 

 

エンジンオイルフィルターの構造

 

エンジンオイルは、使用不使用に関わらず劣化(酸化)する。

使用していると燃焼によるスラッジなどによって汚れていきます。また劣化(酸化)もする。

その汚れ物質をオイルフィルターが濾過(除去)することでオイルをキレイな状態に保つことができます。

ところが、オイルフィルターも徐々に汚れが進み濾過の性能も低下します。

まめころくん
まめころくん
人に例えるなら腎臓みたいだ

オイルフィルターの役割

オイルフィルターはオイルを濾過する構造。

汚れたオイルはオイルエレメントを通り濾過されエンジンにまた流れていきます。

オイルフィルターを長い間、放置していると中のろ紙が目詰まりが起こる。

目詰まりを起こすとオイルの循環が悪くなりエンジンに送り込むことができなくなります。

オイルが流れないとその流量を保持するために逃がし弁(リリーフバルブ)が開きエンジン内に濾過なしでダイレクトに送られます。

直接循環することで、汚れたオイルが流れることになります。

エンジンの潤滑ができなくなり劣化が進む原因になります。

まめころくん
まめころくん
エンジンにダメージが!

オイルフィルターの交換は忘れがちになりやすい。交換時期がわかる様にステッカーやシール、保全記録簿に記載することをおすすめします。

フルフロータイプの構造

オイルフィルターの構造は、いくつものタイプがある(一般的にスピンオンタイプが基本)。

使用する目的によって様々な構造により機能も違います。

 

まめころくん
まめころくん
オイルフィルターの構造とは?

サポート(セット)スプリング

オイルフィルター内の圧を制御。

エンジンオイルエレメント内のエレメントがオイルの圧力や振動によって加わる圧力で動かないように保つ役割をする。

逃がし弁(リリーフバルブ)

エンジンオイルの流れを変える(リリースする)逃がし弁。

オイルが汚れている、粘土が高いなどエレメントの目詰まりでオイルの循環ができない時にオイル流量を保持するためにバルブを開放します。

フィルターエレメント(濾過紙)

エンジンオイルの中に発生した汚れ物質をろ過、取り除く。

汚れ物質を含んだエンジンオイルを濾過する必要があります。その濾過をするのがフィルターエレメント(ろ過紙)になります。

エンジンオイルを通し汚れ物質、異物を取り除きます。

アンチドレーン弁

オイルフィルター内のオイルが逆流するのを防止する。

エンジン停止にオイルパンにオイルが戻ることでオイル切れをなくすための逆止弁になっている。

ガスケット

オイル漏れを防ぐガスケット。

オイルフィルターとエンジンブロックの取り付け面からのオイル漏れを防ぐ役割のガスケットになります。

取り付けの際は、オイルを塗布することでキズや切れを防ぎます。

圧力弁/レギュレーターバルブ

オイルポンプからの油圧を調整するバルブ。

オイルの圧力が基準値よりも高く加圧状態にならないようにオイルをバイバスさせ圧を一定に保ちます。

 

 

エンジンオイルフィルターの種類

 

エンジンオイルフィルターの形は同じだがフィルターにはいくつかの種類がある。

まめころくん
まめころくん
種類による特徴とは?

フルフロータイプ

ガソリン車によく使われているろ過タイプ。

適切な油圧を保持するとともにエンジンから発生するスラッジなどをろ過する構造になっている。

バイバスフィルタータイプ

ディーゼルエンジンに使われているタイプ。

通常のフィルターに加えバイバスフィルターを併設することで汚れ物質(微粒子)などを除去する役割を持つフィルターが設けられている。

コンビネーションタイプ

上記のフルフローとバイバスタイプを1つにまとめられたフィルター。

1つにまとめられることで内部の構造は、特殊構造で複雑(オイルの加減圧の圧力さをつける)。

 

 

廃油処理

 

まめころくん
まめころくん
廃油処理はどうする?

廃油処理箱で廃油を処理。

廃油処理箱の中にビニール袋と吸着剤が入っており、排出された(廃油)オイルを吸着剤に吸い込ませ廃棄することができる箱です。

エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法エンジンオイルは交換が必要。オイル交換時期になると自分で出来るのでしょうか?その時に使う道具と交換の方法を知っていると費用を安くできます...

 

廃油箱はコチラがおすすめ!

 

 

まとめ

 

今回は、エンジンオイルフィルター(オイルエレメント)の交換方法をご紹介をしました。

エンジンオイルフィルターには、いくつもの種類がありました。

ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどエンジンの種類によっても使い分けられていました。

エンジンオイルフィルターの交換は、とても重要でエンジンオイルと同じ時期に交換することもおすすめします。

廃油の処理は、エンジンオイルの購入したお店やガソリンスタンド、各自治体などで有料、無料で回収することができます。

エンジンオイルフィルターは自分でも交換ができます。チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

今回は、ここまでとなります。ご覧になられていかがだったでしょうか。また、別のブログも配信しておりますのでそちらもご覧下さい!

ブログ以外にもmamecoroエンジンは、YouTubeでの動画を配信しております。そちらもご視聴よろしくお願いします。

またチャンネル登録も宜しくお願いします。ご覧いただけたらうれしいです。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全かつ事故の無いことを祈っております。

では、また次回お会いしましょう。

 

前のページ<< 4⃣ / 5⃣ / 6⃣ >>次のページ

最新の投稿
田舎のおっちゃん
じぃーさん
mamecoroエンジン
田舎の沿岸沿いにポツリと在住のごく普通な凡人。昔は車の整備士さん。 物に愛が付くのは車だけ!この言葉に感動。車好きに。 将来の夢:車とバイク、工具に囲まれた生活! 休日に出来る車のDIYメンテにチャレンジしてみたい方に、車の修復をご紹介できたらと思いサイトを立ち上げました。 車の何でもを載せて、ご紹介もしていきます! ご視聴よろしくお願いします😄