エンジンオイル

オイルフィルターの交換のやり方と交換時期と廃棄方法

オイルフィルター交換

車の定期点検に、エンジンオイルの交換があります。皆さんは交換される時によくたずねられるのがオイルフィルターの交換があります。オイル交換と同時に交換されることの多いオイルフィルターですが、エンジンにとってオイルフィルターはとても重要な部品の一つです。ざっくり言うと汚れたエンジンオイルを綺麗にろ過しエンジンを保護するためのものですね。この重要は部品のオイルフィルター、どこで交換されておられますか?ディーラーさんやカー用品店、ガソリンスタンドなどで交換だと思いますが、今回は自分でやっちゃおうと!オイルフィルターの交換のやり方と交換時期、廃棄方法をご紹介します。オイルフィルターは自分でも交換ができるのでチャレンジしていきましょう!

 

オイルフィルターとは

 

オイルフィルターとは、一言でいうとエンジンオイルの汚れをろ過してくれるフィルターのことです。

エンジンオイル汚れには、エンジン内で出る金属粉(削りかす)、燃焼ガスによってできるカーボンなどがあります。こういった汚れ、不純物がエンジン内部で潤滑させないようにオイルフィルターが除去してくれています。

新品のオイルフィルターの色の状態は、白やアイボリーの色をしていますが、汚れてくると真っ黒になっていきます。

それだけエンジン内は、過酷な環境で、汚れも発生しています。そのような環境下でも円滑にエンジンの動きを間接的に支えて保護してくれているパーツです。

 

オイルフィルターの仕組み

エンジンオイルがエンジン内を循環しオイルパンへと戻ってきます。戻ってきたエンジンオイルをオイルポンプで送り出されます。次にオイルフィルター内でろ過し、エンジン内部へと送り込まれていきます。

エンジンオイルーピストン
自動車のエンジンオイルの役割や潤滑のしくみとは?自動車のメンテナンス作業に必ず行うエンジンオイルの点検。今回は、エンジンに必要なオイルを自分で目視チェック方法と又、エンジンオイルを潤滑...

オイルフィルターの構造

汚れたオイルをろ過するのは分かりました。では、オイルフィルターの構造は、どのようになっているのか?

オイルフィルターのの内部は汚れたエンジンオイルが進入する入り口、汚れたエンジンオイルをろ過するろ紙が扇子状の円筒形で設置され、そこを汚れたエンジンオイルが通り、

ろ過されてオイルフィルターの中心を通りエンジン各部にエンジンオイルが送り込まれる。

使われているろ紙の目地は極めて細かく、約 10μ(ミクロン)単位の細かい不純物をキャッチしてくれます。

 

オイルフィルターの交換時期

 

オイルフィルターの交換時期を見ていきましょう!

オイルフィルターのエンジン内を循環するエンジンオイルの汚れを取り除き保護する役割をしています。この役割によってオイルフィルターは、徐々に汚れて目詰まりになっていきます。

オイルチェック
車のエンジンオイルのチェック方法/オイルレベルゲージで量や色の見方皆さんは自車のエンジンオイルの点検ってされてますか。エンジンオイルって重要なんですよ!エンジンオイルの点検って意外と簡単です。というか、かなり簡単です!エンジンオイルの点検は色や量をみます。今回はエンジンオイルの点検を解説し解決します!では早速、一緒に見ていきましょう!エンジンオイル交換動画もあります!😄...
おすすめのエンジンオイルの選び方とオイルの種類や見方も一般的に皆さんが言うエンジンオイルといえば車に使われているオイルを思い浮かべますね。車やバイクといった乗り物には必ずエンジンオイルが使わ...
エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法車やバイク、乗り物のエンジンオイルは交換が必要です!オイルの交換時の時期はいつなのか?自分で出来るものなのか?又使う道具、交換の方法を知...

 

オイルフィルター標準交換時期(目安)

 

オイルフィルターの交換の時期は、ガソリン車で 15,000km 、ディーゼル車は、10,000km~20,000kmが標準交換時期になっています。オイルフィルターは、エンジンオイルのように、交換期間はないです。

オイルフィルター標準交換時期

エンジン区分 標準交換時期 シビリアンコンデイション
ガソリン車 15,000km 7,500km
ガソリン車(ターボあり) 10,000km 5,000km
ディーゼル車 10,000~20,000km 5,000~10,000km

※トヨタ車の標準交換期間

しかし、20,000km交換でもいいとも巷では言われています。10,000Km~15,000kmでは、極端に汚れていないと言う方もおられます。

とは言っても新車でエンジンを大事にしたいと思う方は、こまめな交換がいいとおもいます。

 

オイルフィルターの交換方法

 

エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法車やバイク、乗り物のエンジンオイルは交換が必要です!オイルの交換時の時期はいつなのか?自分で出来るものなのか?又使う道具、交換の方法を知...

オイルフィルターの交換をやっていきましょう!

交換はエンジンオイルと合わせて交換になります。

エンジンオイルが抜き終わったのを確認し、オイルフィルターを外していきます。

オイルフィルターを外す(取り付け)には、専用の工具、フィルターレンチが必要になります。カー用品店やネットで見てもらえばいいと思います。ネットの方が、コスパはいいかと。

フィルターレンチの輪っかの部分をフィルターの円筒に通し左回しで、緩め取り外します。

オイルフィルター取り外す時の注意!

勢いよく取り外すと中に入っているオイルが飛び出します!

飛び出しを想定して、衣服や顔にかかっても大丈夫なように、ゴーグルや汚れてもいい服装で、作業をしましょう。

ゆっくり緩め、そーっと降ろしてくださいね。

 

オイルフィルターに入っているオイルを回収します。逆に置いておけば汚れたオイルが出てきます。

※必ず、容器などで回収しましょう! 用水路や溝に流してはダメです違法になりますよ!

 

オイルフィルターの取り付け

 

オイルフィルターを取り付けていきましょう!

新しいオイルフィルターの取り付けの前に、オイルフィルター上面に付いているゴムのパッキン(にオイルをたっぷりと塗布していきます。

オイルフィルターのゴムのパッキン(Oリング)にオイルを塗布してなじませないと、締め付けた時に摩擦によって切れたり、潰れたりします。

取り付けの際は、必ずエンジンオイルを指でたっぷりと塗布してくださいね!

ゴムのパッキン(O リング)にエンジンオイルを塗布し終えたら、次に取り付けていきます。取り付けは、右方向に回します。

締め付けトルクは、手でしっかりと回らないところまで仮締めを行いその後、トルクレンチを使って締め付けます。

その時のトルクは、一般的に言われている数値、10~14N.m ですがトルクレンチ以外で締める目安として言われているのは、「パッキンが着座した時から3/4回転で締めつける」となっています。

締め付けるとパッキンが損傷したり、ネジが潰れオイル漏れの原因になります。

ユーザー車検の方法と受け方/費用と予約方法【軽自動車】車の諸経費で思いつくのが、車検ですね。この車検って自分でも受けられる方法があります。でもどうやってユーザー車検を受けるの?って思いますね...
車検前準備
ユーザー車検前の点検・整備方法初めてユーザー車検を受ける方に少しでも役立ててもらえば幸いです。自車での経験を基にこれだけは押さえておきたいユーザー車検の点検・整備をご紹介します。失敗談も…。ユーザー車検を受ける事前の準備は何が必要なのか?点検はどうするを解決していきましょう!...
車検➂
ユーザー車検を受ける前にテスター屋さんで予備検査がおすすめ昨今ユーザー車検を受ける一般の方が増えてきました。私もその一人です。今回は、テスター屋さんでの不適合を受けた失敗例もご紹介します。テスター屋さんは、民間の工場ですが検査場と同じ検査コースを備えていて車の状態を見て微調整を行ってくれます。又、最近ユーザー車検の需用が増えるにつれユーザー車検の手順や合格へのアドバイスしてくれるところもあります。...
ユーザー車検②
初めてのユーザー車検のやり方皆さんは、車検ってどうされてますか?ディーラーさんや車の修理工場、最近では、ガソリンスタンドでも受け付けられています。車検は自分でもできるんですよ!自分で受けることで更に費用を安くできちゃいます!今回は、初めて受けられる方にユーザー車検の受けたや費用について解説しています。ユーザー車検の動画もあるのでご視聴ください【最新版】...
エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法車やバイク、乗り物のエンジンオイルは交換が必要です!オイルの交換時の時期はいつなのか?自分で出来るものなのか?又使う道具、交換の方法を知...
オイルチェック
車のエンジンオイルのチェック方法/オイルレベルゲージで量や色の見方皆さんは自車のエンジンオイルの点検ってされてますか。エンジンオイルって重要なんですよ!エンジンオイルの点検って意外と簡単です。というか、かなり簡単です!エンジンオイルの点検は色や量をみます。今回はエンジンオイルの点検を解説し解決します!では早速、一緒に見ていきましょう!エンジンオイル交換動画もあります!😄...
おすすめのエンジンオイルの選び方とオイルの種類や見方も一般的に皆さんが言うエンジンオイルといえば車に使われているオイルを思い浮かべますね。車やバイクといった乗り物には必ずエンジンオイルが使わ...

エンジンオイルを注いだ後、エンジンを2~3分ほどアイドリングし、オイルフィルターの取り付け部からエンジンオイルが漏れてこないか確認しましょう!

これでオイルフィルターの交換は、終わりです。

取り外したオイルフィルターの廃棄方法を見ていきましょう!

オイルフィルター廃棄方法

 

エンジンオイル同様、オイルフィルターも同様、廃棄に迷いますよね。

オイルフィルターは、購入したカー用品店、ショップで引き取ってもらう。この時は、事前に確認をしておきましょう。有料・無料、回収条件なども聞いておきましょう。又、購入時のレシートも失くさないように保管しておきます。

取引のあるディーラー、工場で引き取ってもらう。この時も条件の確認をしておきましょう。

自治体で処分してもらう。各自治体で、回収条件があるのでそちらも確認しておきましょう!中を分化して燃えるゴミ、燃えないゴミみ分類して出せる所や、引き取ってくれない自治体もあるのでよく確認が必要です。

処分業者で回収してもらう。引き取ってもらうのに、分解が必要なところもあります。(金属部品だけ回収)業者によっても条件が異なるところもありますので事前に確認をしておきましょう。

分解には!

グラインダーやサンダーを用いて解体、切断される方もいらっしゃいますが、火花が散るので、引火するおそれがありとても危険です!

手動で切る金属用、廃棄物用のノコギリ(糸鋸)を使って分解、切断していきましょう!

まとめ

 

今回は、オイルフィルターエレメントの交換のやり方と交換時期と廃棄の方法をご紹介しました。

オイルフィルターの交換時期は、定期的にエンジオイルと一緒に交換を行わないとできないですね。

交換方法は、オイルフィルターのゴムのパッキンにエンジンオイルを塗って締めていきました。塗り忘れは、ゴムのパッキンが破損になります。気を付けて作業を行わないといけないですね。うっかりして忘れそう!

オイルフィルターの脱着時の工具は、フィルターレンチと言って特殊でした。交換には、必ず必要です。又、締め付けにはトルクレンチで締め付けるのがいいのですが、持っている人は、なかなかいないと思います。

一般的に言われてる締め付けの目安がありました。これを守ることで、オイルの漏れやフィルターの損傷なく締め付けることができますね。

廃棄の方法も分かりました。廃棄方法は、交換前の事前の確認が必要です。

自分で交換すると車の調子も分かるのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。

今回は、ここまでになります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。私の励みになります。

では、また次回に!