エンジンオイル

車のエンジンオイル『にじみ』や『漏れ』の原因と対処法

オイルにじみ漏れ

車の潤滑剤といえばエンジンオイル。そのエンジンオイルが「にじむ」「漏れだす」といったトラブルがあります。それには、エンジンオイル・フィルターの交換時やガスケットの経年劣化などの原因がある。今回は、車のエンジンオイル『にじみ』、『漏れ』の原因や対処法をご紹介します。オイルを放置していると火災やエンジン内の焼き付きといった大きな故障やトラブルに発展しかねない!そうなると修理費用も高くつくことにもなる。

 

 

エンジンオイルの『にじみ』『漏れ』の原因

 

エンジンオイルの「にじみ」「漏れたす」の原因とは。

エンジンオイルがシリンダーヘッドやシリンダー、オイルパンなどエンジン周辺に付いていることで車検が受からなかったり、定期点検時に修理といったことになります。

エンジン周辺にオイルが付着していると高温になり火災の原因にもなりかねず危険です。

またエンジン内のオイルが減ることで焼付くことも考えられます。そうなる前にエンジンオイルを定期的に点検、交換をおすすめします。

 

エンジンオイルを交換するには、オイルの規格や種類を知っておくことも大事だ!少しでもエンジンの寿命を伸ばすなら知っておいても損はない。

おすすめのエンジンオイル選びと種類(粘度の種類)の見分け方車のオイルといえば一般的にエンジンオイルと思いつくはず。エンジンオイルは、いくつもの種類や性質の違い、品質規格がある。そんな種類が豊富な...

 

エンジンオイルのにじみ

エンジン周りにエンジンオイルの『にじみ』の原因。

定期点検でエンジンオイルを交換した際に垂らしたりこぼれた場合、エンジンオイルが付着しにじんでいることがあります。

オイルレベルゲージ点検時のオイル垂れも原因に。

またエンジン部品が繋がっている結合部のガスケットやパッキンなどが損傷などでもにじみとなる。

このようにエンジン周りにオイルが『にじみ』として現れた時は、発生箇所を特定する必要がある。

 

※にじみの箇所からオイル漏れに発展する可能性が考えられます。その際は、修理が必要となり早めの対応が必要となります。

 

 

上記のオイル垂れとなる3つを例に!

1,エンジンオイルの交換時

2,エンジンフィルター交換時

3,オイル点検時にこぼした

1,エンジンオイルの交換時

オイル補充、交換時にオイル注入口からこぼれたり、オイルを抜く際のドレンボルト周辺にオイルが付着するなどがある。

2,エンジンオイルフィルター交換時

次にエンジンオイルフィルターを交換する時にエンジンオイルを付着させてしまう。

エンジンフィルターが奥にあると各部品にオイルをつけることでにじんだように見える。

3,オイル点検時にこぼした

オイル点検時にこぼしてしまう。

オイル量、色の点検でレベルゲージを取り出す際にこぼしてしまうことで、各パーツにオイルをにじませてしまう。

上記は、例にすぎず。他にも考えられることもあるので確認が必要となります。

 

エンジンオイル漏れ

エンジンオイルが漏れるといった故障の原因。

エンジンオイルが漏れるとなるとエンジンへのダメージがかかり更に動かなくなるといったことにもつながりかねない。

次にエンジンオイルの漏れに関して解説します。

エンジン外側の漏れ(外側)

エンジンオイルが『漏れ』てきた場合、車の修理のプロがいるディーラーや修理工場で相談し、故障箇所を特定してもらい修理を依頼することをおすすめします。

オイル漏れは、一般的にエンジン回りのガスケットが経年劣化によるものや部品を取り付ける際にネジ山を潰していたりパッキンを破損していたりなどいくつもの原因がある。

一般的な漏れをまとめると以下のような原因がある。

  • ボルトの破損
  • ゴムの破損、劣化
  • ガスケットなどの劣化

 

エンジン内部の漏れ(内側)

エンジンオイル漏れにエンジン内部でのオイル漏れがある。

そのエンジン内のオイル漏れは「オイル下がり」「オイル上がり」などがあります。

「オイル下がり」や「オイル上がり」が発生するとエンジンオイルの減りが速くなったり、マフラーから出る排ガスが白煙やオイルの焼けた臭いなど故障の症状があらわれる。

このような場合は、エンジン故障の可能性があるので修理が必要となります。

 

エンジンオイルの「オイル下がり」「オイル上がり」になるとエンジンの不調が考えられる。では、どのような故障なのか?こちらも合わせておすすめします。

マフラー
エンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と対処方法車のマフラーから出る白煙や焦げた臭いって気になりますね。原因の一つとして今回はエンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と防ぐ、...

 

車検時にエンジン回りからエンジンオイルの『にじみ』や『漏れ』があれば不適合になります。

車検を受ける前にディーラーや車の修理工場でオイル漏れの修理が必要になります。

なぜオイル漏れは不適合なのか?

エンジンオイルが外部に漏れで走行はとても危険です。エンジンが焼きついたり、火災の原因にもなり、2次的なトラブルにもつながるからです。

この状態で公道を走行すると違法行為になります。

 

 

エンジンオイル『にじみ』『漏れ』のチェック

 

エンジンオイルの『にじみ』や『漏れ』があった状態では、車検は受からないです。にじみや漏れの症状が現れた時にどのような対処が必要なのでしょうか。対処法を見ていきましょう。

エンジンオイル漏れの確認は必ずエンジンを切ってから行いましょう!

エンジンが動いているとベルトなどが駆動しています。手や指は入れないようにしましょう。ケガします!

 

オイル漏れのチェックはいつがいいの?

エンジン回りのオイル漏れチェックはエンジンを上から見る確認とエンジンの下から確認する方法の2通りがありますね。

エンジンの上から見る

ボンネットを開けエンジンのオイル漏れの状態をのぞいて目視で確認することができます。タイミングとして、オイル交換やオイル量の確認時、又はヘッドライトの交換、バッテリーの点検時とボンネットを開けた時のタイミングでオイル漏れやにじみを見るのがいいでしょう!

  • エンジンオイルの注入口の周辺のオイルにじみ、漏れ
  • エンジンオイルレベルゲージ回りのにじみ
  • シリンダーヘッドガスケット周辺のにじみや漏れ

エンジンの下から見る

エンジンオイルやエンジンオイルフィルターなどの交換時に下から見て確認ができます。その機会に見ておくことがいいでしょう。

  • エンジンオイルドレンボルトからのにじみや漏れ
  • エンジンオイルフィルター回りからのにじみ、漏れ
  • シリンダーヘッドガスケットのオイルにじみと漏れ
  • シリンダーブロックガスケットのオイルにじみや漏れ

以上が一般的に『にじみ』『漏れ』と言われている箇所にあたります。

 

 

エンジンオイル『にじみ』『漏れ』対処方法

 

エンジンオイルが外ににじんだり漏れた場合の対処方法とは、 部品交換になるのですが、にじみに関しては状況を観察する必要があります。それでは、にじみと漏れの対処方法を見ていきましょう。

エンジンオイル『にじみ』の対処法方

エンジンのオイルがにじんでいる場合は、ブレーキクリーナーを使ってにじんでいるオイルに吹き付けて取り除いていきます。ブレーキクリーナーによってたれ落ちてきたオイルなどはショップタオルなどで拭き取っていきましょう。

ブレーキクリーナーでオイルを取り除いた後、経過観察は必ず行いましょう。また、にじみがあるようでしたらエンジンオイル添加剤を使うといいでしょう!

エンジンオイル添加剤

ゴムの劣化を回復させたり金属の摩耗による隙間をシールしてくれるのがオイル添加剤です。劣化のひどいものには効果がないですが、一度試してみるのもいいのではないでしょうか。

 

マフラー
エンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と対処方法車のマフラーから出る白煙や焦げた臭いって気になりますね。原因の一つとして今回はエンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と防ぐ、...

 

車検の前日又は、当日に再度確認できるならみておくことをおすすめします。そこで、にじんでいるようならブレーキクリーナーを使います。検査後は、必ず経過観察を行い漏れになるようでしたら、お近くのディーラーや車の修理工場へ持っていきプロと相談しましょう。

 

 

エンジンオイル『漏れ』の対処法方

ドレンボルトオイルにじみ

ドレンボルトワッシャーからのにじみ・漏れ

エンジンオイルのドレンボルトのワッシャーが破損している場合は取り換えが必要です。取り付け時に適正なトルクで締めるようにしましょう。

ドレンボルト・ドレンワッシャー

ドレンボルト・ドレンワッシャー

 

ドレンワッシャー

ドレンワッシャー

 

エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法エンジンオイルは交換が必要。オイル交換時期になると自分で出来るのでしょうか?その時に使う道具と交換の方法を知っていると費用を安くできます...

 

オイルエレメントからのにじみ漏れ

オイルエレメントからオイルがにじんだりん漏れている場合も交換が必要となります。エレメントの取り付けも規定の締め付けトルクで締めていきます。

エレメント

 

エンジンオイルフィルター(オイルエレメント)の交換方法エンジンオイルフィルターは定期交換が必要。エンジンオイルフィルターの定期交換は自分でもできます。今回は、エンジンオイルフィルターを自分で...

 

シリンダーガスケットからのにじみ漏れ

シリンダーヘッドカバーガスケット、シリンダーカバーガスケットなどシリンダーの締結部に設置されている部品になります。これらの劣化によるオイル漏れは修理を依頼される方がいいでしょう。費用としてはかなりの高額になります。

オイル漏れの場合は、自分で直せるところもありますが、ディーラーや車の修理工場のプロに相談されることをおすすめします。

 

 

まとめ

 

今回は、車のエンジンオイル『にじみ』や『漏れ』の原因と対処法をご紹介しました。

エンジンオイルの『にじみ』『漏れ』があると危険であることがわかりました。又、車検では、不適合とみなされ合格にならないこともわかりました。

自分で出来る点検や整備もありますが、エンジンのシリンダーを外して行うガスケット類はディーラーや車の修理工場のプロに依頼するか相談をするのが望ましいです。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っております。

では、また次回にお会いいたしましょう!

 

 

前のページ<<  5⃣ / 6⃣ /

 

 

修理費が高額なら売ることも

 

修理費が高額になるなら売ることも一つの案ですね!少しでも考えるなら一度査定に出されるのもおすすめします。

ネットで査定をしてもらうと複数社からの連絡があります。意外とわずらわしいと感じます!一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!

それがこちら、1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】
に、なります!


 

新車の見積もりもサイトから

 

乗っておられるお車の査定が終ったら次の車もほしいところです。新車の見積もりが複数台の比較ができるサイトがあります。

それがこちらクルマ欲しい!新車見積MOTA

登録されているディーラーの店舗数は全国で4,000店舗、お好みのお車の見積もりを一度試されてみてはいかがでしょうか!

おすすめです



最新の投稿
田舎のおっちゃん
じぃーさん
mamecoroエンジン
田舎の沿岸沿いにポツリと在住のごく普通な凡人。昔は車の整備士さん。 物に愛が付くのは車だけ!この言葉に感動。車好きに。 将来の夢:車とバイク、工具に囲まれた生活! 休日に出来る車のDIYメンテにチャレンジしてみたい方に、車の修復をご紹介できたらと思いサイトを立ち上げました。 車の何でもを載せて、ご紹介もしていきます! ご視聴よろしくお願いします😄