エンジンオイル

車のエンジンオイル『にじみ』や『漏れ』の原因と対処法

オイルにじみ漏れ

車のエンジンオイルの漏れは、車の点検の中で自分で発見しやすいトラブルです。早く発見し対処することができることでエンジンの重大なトラブルまで発展しなくて済みます。今回は、車のエンジンオイル『にじみ』、『漏れ』の症状や発生原因と対処法をご紹介します。車検前の点検で、『にじみ』、『漏れ』ていた場合は、修理が必要になっていきます。そのまま放置しているとエンジンの焼き付きなどの2次トラブルにもなり、修理費用も高額になっていきます!それだけエンジンオイルの漏れは重要になります。

それでは、車検前や日頃の点検でエンジンオイルの漏れについて皆さんのご参考になればうれしいです。詳しく見ていきましょう。

 

エンジンオイルの『にじみ』『漏れ』の原因

 

エンジンオイルが漏れる前に、にじみから発生する場合があります。それでは、エンジンオイルの『にじみ』、『漏れ』の原因を見てくことにしましょう。

車検前準備
ユーザー車検前の点検・整備方法初めてユーザー車検を受ける方に少しでも役立ててもらえば幸いです。自車での経験を基にこれだけは押さえておきたいユーザー車検の点検・整備をご紹介します。失敗談も…。ユーザー車検を受ける事前の準備は何が必要なのか?点検はどうするを解決していきましょう!...

エンジンオイル外部『にじみ』

エンジン回りにオイルの『にじみ』が発生する原因は、前回のエンジンオイルを交換した際に垂らしこぼしてしまった跡がにじんでいることが考えられます。又、エンジンの部品を繋げている結合部のガスケットやエンジンオイルを注ぐフィラーキャップの、パッキンの損傷や緩みオイルレベルゲージの確認時のオイル垂れなどがあります。

このようにエンジンオイルがエンジン回りに『にじみ』として現れた時は経過を観察する必要がありますが、にじみの箇所からオイル漏れに発展する可能性が考えられます。その時は修理が必要となりますので早めの対応が必要となります!

  • エンジンオイルの交換時

オイル注入口からオイル補充の時に凝した。ドレンボルト周辺に古いオイルが付着したなど。

  • エンジンオイルフィルター交換時
  • レベルゲージ周辺にオイルが垂れた

など、一般的なオイルのにじみがあります。

エンジンオイル外部『漏れ』

エンジンオイルの『にじみ』から『漏れ』になった場合、車のプロがいるディーラーや修理工場で相談し、漏れている箇所を特定してもらい修理を依頼する方がいいですね。

オイル漏れは、一般的にエンジン回りのガスケットが経年劣化によるものや部品を取り付ける際にネジ山を潰していたりパッキンを破損していたりなどいくつもの原因があります。

一般的な漏れをまとめると以下のような原因となります。

  • ボルトの破損
  • ゴムの破損、劣化
  • ガスケットなどの劣化

 

エンジンオイル内部での漏れ

エンジン内部でのオイル漏れは「オイル下がり」、「オイル上がり」などがあります。

エンジンオイルの減りが速いであったり、マフラーからの白煙やオイルの焼けた臭いなどの症状があらわれます。この場合は、漏れの対処が必要となります。

エンジンオイル下がり・上がりはコチラから
マフラー
エンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と対処方法車のマフラーから出る白煙や焦げた臭いって気になりますね。原因の一つとして今回はエンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と防ぐ、...

車検時にエンジン回りからエンジンオイルの『にじみ』や『漏れ』があれば不適合になります。車検を受ける前にディーラーや車の修理工場でオイル漏れの修理が必要になります。

なぜオイル漏れは不適合なのか?

エンジンオイルが外部に漏れで走行はとても危険です。エンジンが焼きついたり、火災の原因にもなり、2次的なトラブルにもつながるからです。

この状態で公道を走行すると違法行為になります。

 

 

エンジンオイル『にじみ』『漏れ』のチェック

 

エンジンオイルの『にじみ』や『漏れ』があった状態では、車検は受からないです。にじみや漏れの症状が現れた時にどのような対処が必要なのでしょうか。対処法を見ていきましょう。

エンジンオイル漏れの確認は必ずエンジンを切ってから行いましょう!

エンジンが動いているとベルトなどが駆動しています。手や指は入れないようにしましょう。ケガします!

オイル漏れのチェックはいつがいいの?

エンジン回りのオイル漏れチェックはエンジンを上から見る確認とエンジンの下から確認する方法の2通りがありますね。

エンジンの上から見る

ボンネットを開けエンジンのオイル漏れの状態をのぞいて目視で確認することができます。タイミングとして、オイル交換やオイル量の確認時、又はヘッドライトの交換、バッテリーの点検時とボンネットを開けた時のタイミングでオイル漏れやにじみを見るのがいいでしょう!

  • エンジンオイルの注入口の周辺のオイルにじみ、漏れ
  • エンジンオイルレベルゲージ回りのにじみ
  • シリンダーヘッドガスケット周辺のにじみや漏れ

エンジンの下から見る

エンジンオイルやエンジンオイルフィルターなどの交換時に下から見て確認ができます。その機会に見ておくことがいいでしょう。

  • エンジンオイルドレンボルトからのにじみや漏れ
  • エンジンオイルフィルター回りからのにじみ、漏れ
  • シリンダーヘッドガスケットのオイルにじみと漏れ
  • シリンダーブロックガスケットのオイルにじみや漏れ

以上が一般的に『にじみ』『漏れ』と言われている箇所にあたります。

 

エンジンオイル『にじみ』『漏れ』対処方法

 

エンジンオイルが外ににじんだり漏れた場合の対処方法とは、 部品交換になるのですが、にじみに関しては状況を観察する必要があります。それでは、にじみと漏れの対処方法を見ていきましょう。

エンジンオイル『にじみ』の対処法方

エンジンのオイルがにじんでいる場合は、ブレーキクリーナーを使ってにじんでいるオイルに吹き付けて取り除いていきます。ブレーキクリーナーによってたれ落ちてきたオイルなどはショップタオルなどで拭き取っていきましょう。

ブレーキクリーナーでオイルを取り除いた後、経過観察は必ず行いましょう。また、にじみがあるようでしたらエンジンオイル添加剤を使うといいでしょう!

エンジンオイル添加剤

ゴムの劣化を回復させたり金属の摩耗による隙間をシールしてくれるのがオイル添加剤です。劣化のひどいものには効果がないですが、一度試してみるのもいいのではないでしょうか。

マフラー
エンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と対処方法車のマフラーから出る白煙や焦げた臭いって気になりますね。原因の一つとして今回はエンジンオイル上がり・下がりから出る白煙!その原因と防ぐ、...

 

車検の前日又は、当日に再度確認できるならみておくことをおすすめします。そこで、にじんでいるようならブレーキクリーナーを使います。検査後は、必ず経過観察を行い漏れになるようでしたら、お近くのディーラーや車の修理工場へ持っていきプロと相談しましょう。

エンジンオイル『漏れ』の対処法方

ドレンボルトオイルにじみ

ドレンボルトワッシャーからのにじみ・漏れ

エンジンオイルのドレンボルトのワッシャーが破損している場合は取り換えが必要です。取り付け時に適正なトルクで締めるようにしましょう。

ドレンボルト・ドレンワッシャー

ドレンボルト・ドレンワッシャー

 

ドレンワッシャー

ドレンワッシャー
エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法車やバイク、乗り物のエンジンオイルは交換が必要です!オイルの交換時の時期はいつなのか?自分で出来るものなのか?又使う道具、交換の方法を知...

オイルエレメントからのにじみ漏れ

オイルエレメントからオイルがにじんだりん漏れている場合も交換が必要となります。エレメントの取り付けも規定の締め付けトルクで締めていきます。

エレメント
オイルフィルター交換
オイルフィルターの交換のやり方と交換時期と廃棄方法車の定期点検に、エンジンオイルの交換があります。皆さんは交換される時によくたずねられるのがオイルフィルターの交換があります。オイル交換と...

シリンダーガスケットからのにじみ漏れ

シリンダーヘッドカバーガスケット、シリンダーカバーガスケットなどシリンダーの締結部に設置されている部品になります。これらの劣化によるオイル漏れは修理を依頼される方がいいでしょう。費用としてはかなりの高額になります。

車の整備ならここからおすすめ



オイル漏れの場合は、自分で直せるところもありますが、ディーラーや車の修理工場のプロに相談されることをおすすめします。

 

修理費が高額なら売ることも

 

修理費が高額になるなら売ることも一つの案ですね!少しでも考えるなら一度査定に出されるのもおすすめします。

ネットで査定をしてもらうと複数社からの連絡があります。意外とわずらわしいと感じます!一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!

それがこちら、1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】
に、なります!


新車の見積もりもサイトから

 

乗っておられるお車の査定が終ったら次の車もほしいところです。新車の見積もりが複数台の比較ができるサイトがあります。

それがこちらクルマ欲しい!新車見積MOTA

登録されているディーラーの店舗数は全国で4,000店舗、お好みのお車の見積もりを一度試されてみてはいかがでしょうか!

おすすめです




まとめ

 

今回は、車のエンジンオイル『にじみ』や『漏れ』の原因と対処法をご紹介しました。

エンジンオイルの『にじみ』『漏れ』があると危険であることがわかりました。又、車検では、不適合とみなされ合格にならないこともわかりました。

自分で出来る点検や整備もありますが、エンジンのシリンダーを外して行うガスケット類はディーラーや車の修理工場のプロに依頼するか相談をするのが望ましいです。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っております。

では、また次回にお会いいたしましょう!