ヘッドライト

車のインパネ表示の警告灯!(チェックランプ)の種類と意味も

警告灯メーター

車のインパネと呼ばれる表示板には、ドライバーに知らせる様々な情報が表示されます。スピードメーターやタコメーター(エンジン回転)、走行距離などありますが、その中で、8チェックランプ・ウォーニングランプ)があります。

チェックランプが突然つくとびっくりしますね!直ぐに見ておかないといけないチェックランプもあります。車の異常を知らせしてくれている大事な警告なのです!

今回は、インパネ内にあるチェックランプの種類と意味をご紹介します。

 

インパネの表示の種類

 

自動車の情報をドライバーに表示で伝えてくれるのがインパネ(インストゥルメントパネル)になっています。インパネは運転席に備えられています。最近のインパネの位置はダッシュボード中央に位置しているものもあります。

表示されるインパネも針やランプによるものから液晶表示に変わりつつあります。

インパネに表示される一般的なものは、

  • タコメーター

1分(60秒)間のエンジン回転数を表示します。

  • スピードメーター

車の走行速度を表示します。針のものから液晶画面に変わってきています。

  • 燃料計

燃料の量を表示。

  • 水温系

ラジエターの冷却水の温度を表示します。

  • オドメーター

自動車の走行距離を表示します。自動車の製造から乗っている時点でのトータル距離数になります。

  • トリップメーター

自身が走行する距離を自由に測定できるカウンターになります。

  • ウインカー

左右の方向に進む意思を伝えるランプの表示。ランプ切れになると点滅が速くなり運転者が分かるようになっています。

  • ヘッドライト

ヘッドライトの点灯時の表示になっています。

  • 時計

時刻を表示するものです。

  • 警告灯

自動車の異常を知らせてくれる大事なランプになります。

他にもいくつかの表示があり、中でも燃費の表示や燃料による走行可能距離、シフトレンジ、外気温、ナビゲーションシステムなどがあげられます。

インパネの中には情報がいくつもありました。中でも異常を知らせてくれる大事な警告灯の種類を見ていきましょう。

 

警告灯の意味とは?

 

警告灯の点灯は車に何らかの異常や故障があると警告灯が点灯しドライバーに注意、警告を表示によって知らせしてくれるようになっています。

車の異常や不具合があると警告灯が点灯を扶持しているとエンジンがかからなくなる場合もあったりします。早急にディーラーや最寄りの車の工場に持っていくことをおすすめします。

私の経験から:

警告灯が点いたのですがまだ走れると思って買い物から直ぐにディーラーに持って行かなかったことがあります。

かろうじて家に着いた瞬間にエンジンがストップしました。家に辿りついただけでもよかった!危機一髪でした。

その後、ディーラーの方に警告灯の表示の点灯している警告灯を伝えしばらくするとバッテリーを持ってきていただき工場へと…。修理が必要となりました。

原因は、オルタネーター(かなり昔、ダイナモと呼んでいて使われていました。現在はオルタネーターに変わりました。)が壊れていました。

自分で直したかったのですが緊急事態だったので今回は、修理に出しました。

 

警告灯の種類

 

警告灯は車の不具合をお知らせしてくれるための警告灯でした。車の不具合にはいつくもの種類があり、不具合の箇所が分かるように表示されます。

警告灯の表示の種類を見ていきましょう。

走行に関わる基本の警告灯

車の異常や不具合以外で走行に関わる規範的なお知らせの警告灯になります。

直ちに停車とまではいかないですが、そのままの状態で走行すると危険であったり走行ができなくなることがあります。警告灯の解除が必要になりますが点いている警告灯の原因を確認し安全を確保しましょう!

では、警告灯の種類を見ていきましょう。

燃料残量警告灯

燃料残量警告灯

ガソリンの残量をお知らせしてくれる警告灯になります。点灯表示の色は黄色で、ガソリンの残量の E (エンプティ)マークに差しかかった時に、「ガソリンの量が残り少ないですよ!」と表示でお知らせしてくれます。

この時のガソリンは、残り少なくなっているのでガソリンを早急に補給しましょう。

燃料残量警告灯の回りに◀、▶といった表示があります。

これらの表示は、ガソリン給油口のある方向(左右)を示しています。車の給油を行う時に停める方向が分かるので便利ですね。

ドア警告灯(半ドア警告)

ドア警告灯

ドアの種類で一般的な4ドア・2ドアなどドアの枚数、形状があります。これらのドアが走行中に開いていると危険ですよね。

ドア締まっていない時に(半ドア)警告灯でしらせてくれます。

警告灯が無かったら半ドアの状態で走行をすることで運転者や搭乗者に危険を及ぼしてしまいます。危ないですね!

シートベルト警告灯

シートベルト警告灯

今では、シートベルトの着用は義務になっています!

シートベルトの装着がされないと警告灯が点灯のままになります。又、装着せずに車を走行させるとブザーなど、音で警告を発するようにもなっています。

シートベルトの装着を守り安全運転で事故の無いように。

危険性は低いが、早めに点検が必要な警告灯

危険性の可能性は低く警告灯の色は黄色で点灯又は、点滅になります。大きな事故にはつながらないですが、異常には変わらないので速やかに点検が必要になります。

そのまま放置していると車が停車することもありますよ!私の体験で、ありました!

エンジン警告灯

エンジン警告灯

エンジン警告灯は、各センサーによるエンジン制御システムなど(排気系と吸気系)に異常が発生した場合に表示します。

※車種によってセンサーの配置が違ったりもあります。自身の車の取り扱い説明書をご覧ください!

排気系のセンサーに排ガスが残っていることで警告ランプを示すとかスラッジによる影響とよくネットにもよく載ってありますが、なるべく早めに点検を行いましょう!

エアバック警告灯

エアバック警告灯

最近では、エアバックやシートベルトプリテンショナーは一般的に主流となって広まり車載品で装備されてきています。

エアバックの制御システムに異常がある場合に点灯します。

エアバックやシートベルトプリテンショナーの警告ランプ点灯になっても運転、走行に影響は無いものの事故などに遭遇した時に安全面に大きな影響があると考えられます。

こちらも警告灯が点灯の際には速やかに最寄りの工場やディーラーに持っていき点検、修理を行いましょう!

ABS警告灯

ABS警告灯

ブレーキのABS(アンチロックブレーキシステム)又は、ブレーキアシストに異常があった時に点灯、点滅するようになっています。

ABS警告灯が点灯してもブレーキが効かないということはないですが、ディーラーや車の修理工場で点検、修理を早めに受けましょう。

エンジン停止になる場合も!速やかに点検・修理を!

早急にディーラーや修理工場に持っていき修理を受ける又は、車を停車させないといけない場合の警告灯があります。

ブレーキ警告灯

ブレーキ警告灯

最近は、サイドブレーキを見ることが無くなってきました。フットブレーキはまだ見ますが、今では電子制御によるパーキングブレーキが広まってきています!

ブレーキ警告灯は、サイドブレーキやフットブレーキなどが効いているときやブレーキ系統の異常から点灯する警告ランプです。

注意が必要なのが、ブレーキ系統による異常です。ブレーキフルード(オイル)不足、油圧減による異常、ブレーキブースターなどの異常にあたります。電子ブレーキ制御システムによるブレーキ系統の異常もあり早急にディーラーや修理工場で点検、修理を受けましょう!

充電警告灯

充電警告灯

電気回路による充電系のバッテリーやベルト、オルタネーターなどの電気回路に異常が発生した場合の警告灯になります。

充電警告灯が点灯した時は、バッテリー上がりになり走行ができなくなります。充電警告灯が出た時は、ディーラーや修理工場に連絡し至急に車を持っていき修理をうけましょう。

この場合は、オルタネーターが異常になっていることが多く、

発電ができないことでバッテリーに充電がされなくなりバッテリー上がりとなってエンジンが停止することになります。

 

油圧警告灯

油圧計警告灯

エンジンオイルが不足での油圧低下した時に点灯します。

放置をしていると、エンジンの焼き付きを引き起こし大きな故障につながります。油圧警告灯が点灯した場合、至急ディーラーや修理工場に点検修理を受けるようにしましょう!

水温警告灯

水温警告灯

エンジンを冷やす冷却水の温度に異常が発生した時に点滅します。冷却がうまくできていないことでエンジンのオーバーヒートになりエンジン停止になります。そのまま放置して走り続けると故障の原因になります。

こちらも至急、ディーラーや修理工場に持っていきましょう。持っていくまでの対処はエアコンによる送風で外気導入を行いエンジンを出来るだけ冷やしエンジンの回転数も出来るだけ低く抑えて持っていきましょう!

 

自分で出来る簡単点検と修理 

 

 

しなっと耳よりばなし、いいざぁ~ ! 👈方言です!

耳よりなお話し



愛車を高く売るなら『高く売れる』ためのサービス!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

車を売る時は、査定をしてもらいますが少しでも高く売りたいものです。ネットで検索し何社かで複数の査定を受けようとするとその都度査定が必要です。査定は、提携しているガソリンスタンドかご自宅で1回だけの査定のみ。スマートな流れの査定です。

 

耳よりなお話し




保険料を安くするコツ!

一番安い自動車保険がわかる!

自動車保険の一括見積!利用者は800万人を突破し保険料を見直す方が増えてきています。一括で見積もりをすることで簡単にあなたに合った条件で安い保険会社がきっと見つけられ、家計の見直しで節約ができますね!一度ご利用になっては、いかがでしょうか。

 

耳よりなお話し




出先の駐車場を探すなら!

外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)


駐車場のお話し。観光地に出かけた時に困るのが、駐車場ですね。ゴールデンウイークや大型連休、年末年始と休みの日には大勢の人で駐車場もいっぱいです!スマホひとつで予約もでき面倒な行列待ち、空きの駐車場を探すことはありません!すっごく便利です。

お出かけの際には、ご利用してみてはいかがでしょうか!

 

 

まとめ

 

今回は、チェックランプ(警告灯・ウォーニングランプ)の種類とその意味をご紹介しました。

警告灯はドライバーに異常を知らせる重要な役目の表示になっていました。警告灯は、規格統一されているものやメーカーによって違うのもあるので取説やディーラーなどで確認を行っておくことをおすすめします。

警告灯が点灯しても慌てず停車しディーラーや修理工場に連絡し対応することが肝心です。安全運転のためにも。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っています。

では、また次回に!!