サビの処理

赤サビに転換剤!赤サビを黒サビに転換する?転換剤の使い方

サビ処理 アイキャッチ画像

車の修復にサビがあり、車に出来るサビは赤サビです。サビの進みは早いので発生してると気になるところですね。赤サビは、車の金属部品やボディーを劣化させていきます。赤サビの浸食を防ぎ止めるのは転換剤を使います。転換剤は、赤サビを黒サビに転換する役目をを持っています。今回は、転換剤の有効な使用方法をご紹介します。

 

 

赤サビに転換剤?赤サビを黒サビに転換する!

 

春になると冬に溜まった汚れが気になりますよねー。暖かい日に今までの汚れを取ろうと意気込んで洗車準備!水をかけてボディーをよ~く見てみると。。。サビてます!

サビ

写真の茶色い部分はなんだと思いますか?ボディーのサビです。塗装のふくらみを触ったらサビが出ちゃいました。サビは広がっているように見えますね。

サビの原因って?車の経年劣化によるものもあるのですが、小石や砂利の跳ねキズ、物があたったりこすれたり、ぶつけたりといろいろな例があります。こまめな点検、修復をしていないとそこからサビが広がっていきます。

凍結の防止剤も影響?今は、ボディーに影響がないらしいですが。。。春先はボディー下も念入りに洗っておいた方がいいと思いますよ。

yuki

サビの発生は何といってもボディーの下の方が多いと思います。特にタイヤハウス周辺とドアの下ですよね。

サビの広がりを止めるには転換剤を!

赤サビは鉄をサビさせ広がっていきますよ。サビの進行を止めるには転換剤を使います。転換剤は赤サビを黒サビに変えサビの広がりを解決しますよ。

転換剤は主に2種類あります。液状の物、スプレー式の2種類です。使い方は用途によって異なるのですが基本的にはどちらも性能は同じですね。

転換剤 アイキャッチ
【赤サビと黒サビの違い】赤サビから黒サビに変える転換剤とは?車の修復でやっかいなのがサビです。サビを放置すると広がり、さらにはボディーに穴が開き補強が必要となり大がかりな補修となります。このやっか...

 

 

転換剤の使い方

 

サビがある程度落とせたらボディー表面に転換剤をそのまま吹きかけていきます。それだけです。

簡単ですよー😄

転換剤

吹き付けるときのコツは、風のない日に塗っていくのがいいです。吹き付ける前、新聞紙などに吹き付けて試し塗りをしましょう。吹き付けの感じを覚えて液だれにならないように吹き付けてゆきます。

表面は、塗布しましたが奥は延長ホースを取り付けて吹き付けていきます。

延長ホースの寸法と取り付け方法は?

用意する物は「ジャジャーン」透明の「ホース」です!

準備したノズルの径にあったホースを用意してくださいね。スプレーにノズル先端が無いときは、いらなくなったスプレー缶のノズルと取り換えてくださいね。

私が持っていた転換剤スプレーはノズルがない形状だったのでCRC(潤滑剤)のノズルを使いました。ノズルとホースがセットで市販品であるのでそちらを用意してもOKですよ。私が使ったホースは内径 Ø2.5mm(外形 Ø4.0mm)、長さは 50cm程度です。

ノズルをホース先端に差し込むとき、少しきつめがいいと思います。少し引っ張っても抜けない程度です。ゆるいと、スプレーの圧で一緒に飛んじゃいますからね。

haikan

延長ホースでの使い方は、サビ穴に先端を差し込んで奥まで入れスプレーを噴射しながら戻していきます。吹き出された液がまんべんなくサビに吹き付けられていきますよ。吹き出すのと引き戻すタイミングを合わせてくださいね。

一度、試に吹き出して確認しましょう!

注意!延長ホースの先端が出る直前に、吹き出しを止めてくださいね。液が飛び散るので。液が顔、目にかからないように注意してください。安全を意識してマスクと防具メガネを忘れずに!

 

 

液状の転換剤/ハケでの塗り方は?

 

液体になっている転換剤は、はけを使ってサビている部分に塗っていきます。上の方から左右に湿らす程度に塗っていくのがいいと思います。大量に付けると液だれで塗装のはげる原因にもなりますよ。

転換剤 ハケ

サビの範囲が広いときは毛の並びが長いハケを小さいサビには短いハケと、使い分けるのもいいと思います。ボディーの裏面にハケが届くときは表面と裏面の両面に塗ってくださいね。

広範囲で塗るときにはハケのほうがいいと思いますよ。ハケはサビをピンポイントで塗れる、使用量も調節がしやすいことでコスパはいいと思いますよ。

スプレー缶だと、サビ以外にも吹き付けてしまったり、突然の風に流されたりもします。手軽さの理由で吹き付ける量も多くなってしまいます。

 

 

メッキ部品のサビは?

 

私は、過去に国産車で樹脂メッキが2年で浮いてきたのを思い出します。。。

メッキのサビ(腐食)は、転換剤を使うことができないのでメッキ専用の防止剤を塗っておくことが必要になります。白化したり、メッキ部分が浮いたりもします。特に欧州車に見られるメッキのサビ!気になる方は、一度考えてみてはいかがでしょうか。

自動車,バイクパーツ,時計,アクセもピッカピカ!錆も取れるメッキコーティング剤「メッキング」販売促進

※車種、メーカーによって使用できないものもあるので使用方法、注意書きをよく確かめてから使いましょう!

自動車整備の工具/ケミカルでおすすめな物や使い方をご紹介!車のDIYメンテ、整備に皆さんは、どのような工具やケミカル用品をお使いになられていますか?直ぐに思い浮かべるのが、ドライバーやスパナとい...

 

 

まとめ

 

車の修復の予習はできましたか?

まだの方は【1】【2】を振り返って予習してくださいね。車の修復でのサビは、頑固なものです。放置しておくとどんどん広がりボディーを浸食していきます。

【1】表面のサビに転換剤を吹き付け!奥は延長ホースを使って解決!

【2】液体の転換剤の塗り方は?

今回は、赤サビを黒サビに変えサビの広がりを止めるのには、2種類の転換剤と使い方をご紹介しました。

スプレー缶でシューっと吹き付けるだけの簡単な作業だと思います。奥のサビに吹き付ける時はホースを取り付けましたね。ホームセンターで販売されているので簡単に手に入ると思います。無ければ、ネットからでも注文できますよ!

転換剤の吹き付け方法をノズルありなしの組み合わせて使ってみるのもいいと思いますよ。簡単なDIYなので休日を使ってみてはいかがでしょうか!

腐食の広がりを止め長く愛車を乗ってくださいね。まだまだ乗れますからね!

私の車は17年目!通勤、買い物に乗せて運んでくれる良き相棒を修復して、新たな豆知識や車の何でもを参考になればいいかな~と思って書いていきますね。

 

< prevnext >

鈑金
真鍮丸棒を使ってサビ穴の補強!車の修復は自分で出来る!車の補修でよくあるのが、サビによる腐食です。放置しているとサビが広がって穴になっていきます。サビ穴が出来たらパテを使う前に補強が必要です...
サビ穴
車のボディーのサビ発生原因/サビ落としの道具とサビの取り方車の修復の作業でサビ落としは避けて通れない作業です。長年乗っているとサビが出てきていませんか?サビの発生は劣化が進んで不具合をおこし見た...