車検

ユーザー車検の方法と受け方/費用と予約方法【軽自動車】

車の諸経費で思いつくのが、車検ですね。この車検って自分でも受けられる方法があります。でもどうやってユーザー車検を受けるの?って思いますね。今回は、自分でやるユーザー車検の方法とやり方や受け方、また掛かる費用と予約の方法をご紹介します。軽自動車のユーザー車検はとにかく安いです!車検は、ディーラーや車の修理工場などで受けるものだと思っていらっしゃる方もおられますが、自分でやるユーザー車検は、「費用を安く」抑えることができます。そんな費用面、又は必要書類って何がいるの?って思われますよね。意外と思ったよりも簡単なんです。じぃーさんの自車を使った体験をもとに手順や内容を解説していきます!では、ユーザー車検にチャレンジしてみましょう!

 

 

車検とは

 

皆さんが呼んでいる通称「車検」と言うのは、「自動車継続検査」が正式な名称になっています。普通車の車検を受けるのは「陸運局」で、軽自動車は「軽自動車検査協会」が行っています。どちらも行っている車検「自動車継続検査」ですが、法律で定められた「保安基準」に適合しているか、走行・ブレーキ等の車に不具合(異常)がないか検査機器を使い検査し確認します。自動車を所有している間は、必ず定期的に受ける必要のある検査になっています。

道路運送車両法(第61条「自動車検査証の有効期間」に基づく国の制度で、車検をうけないと公道で走行することができないです。

車検は、ざっくり言うと自動車の健康診断のようなものです。「走行に支障をきたしてないか」、「安全に走行できますか」、「故障個所はないか」又、「環境性能が低下していないか」などを法に沿って検査を行っていきます。これらは安全確保や環境保全を維持するための法律で定められた義務になります。安全確保や環境保全のために車検時期がきたら必ず検査を受ける必要があります。

車検の有効期間

車検の時期がくれば検査が必要となるのですが、この車検の有効期間はどのくらいの期間なのでしょうか?

  • 普通車、軽自動車

新車登録から3年間で以降2年となっています。

  • 8ナンバー車

新車登録から2年間で以降2年になります。

  • 排気量250cc以上のバイク

新車登録から3年間で以降は2年となっています。

他にいくつもの種類によって区分されています。ここでは割愛しますが、ご興味のある方は参考資料をご覧ください。

国土交通省 中部運輸局 三重運輸支局『自動車検査証の有効期間』

資料引用元:国土交通省 中部運輸局 三重運輸支局

車検の満了日ってどこを見るの?

車検の期間は分かったのですが実際に所有されている自車の車検満了日(車検が切れる日)は、どこを見ればいいでしょうか?

  • 車検証
  • 検査標章(ステッカー)

先ずはフロントガラスの上の真ん中に四角い検査標章(ステッカー)が貼ってあるので、チェックしましょう!満了時の年月日が記載されています。詳しくは車検証をよく確かめましょう。

罰則:車検切れ、自賠責保険が切れて運転をすると

「無車検車運行、自動車損害賠償保障法違反」

車検や自賠責切れで公道を走行させた場合の最大の罰則は、

違反点数12点、90日間の免許停止

1年6ヶ月の懲役または80万円以下の罰金になります。

又、車検が切れた状態で事故を起こすと保険がきかなくなり大変な事態になります。とても大事なことなので必ず車検を受けるようにしましょう!

 

 

車検を受け付けるところ

 

車検を受けるには、いくつかの申し込み場所があり最近では自分の好みのお店や工場又は、価格やお店、工場の独自のサービスを比較し車検を受ける方もいらっしゃいます。

ディーラー

皆さん、ご存知の通り自動車の販売を手掛けているディーラーですが、車検も受けられます。新車購入と同時に初回の車検が格安になっていたり定期点検とセットでお得になっていることもあり加入する方も多いです。

自動車整備工場

自動車整備工場とは民間整備工場と呼ばれている自動車の修理工場です。この工場には2つあり「認証整備工場」、「指定整備工場」のどちらでも車検を受けることができます。

認証整備工場

「認証整備工場」とは、国から認証を受けエンジン、ブレーキ回りの部品など定期点検整備において分解整備を事業とする整備工場です。

指定整備工場

「指定整備工場」とは、一般的に呼ばれている民間車検場になります。認証整備工場の中で車検に必要な検査機器を持ち、国に代わって自動車検査員が検査ができ国から認められ指定を受けている整備工場です。もちろん自動車の点検整備も受けられます。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドの車検も最近ではよく見かけるようになりました。選ぶ方も増えてきてします。ガソリンスタンドの車検はサービスが豊富で、ポイントが付いたりガソリンが少し安くなったり、オイル交換の時も工賃の値引きといったいくつもの特典があるのも魅力ですね。

カー用品店

カー用品店もガソリンスタンドと同じく様々なサービス特典が付いているのが良い点です。また安さも魅力の一つともいえるでしょう。カー用品店の強みでオイル交換やタイヤ交換などのサービスが充実しています。

車検専門店

国に支払う費用はどこも同じですが点検料・検査料・申請代行料などが一つにまとめてあるので安くなっています。最近では、全国チェーンの車検専門店も増え選ぶにも迷うほどです。しかし選ぶには品質のいい専門店になりますね。

車検代行

車検にかかる費用を抑えて安くできるのが魅力です。定期点検を行っている車なら分解を伴う整備を行わず人件費がかからないことで安くできるメリットがあります。しかし品質面では車検だけの代行なので低いです。分解をする整備は行わないので車検で不合格になると修理工場に持っていくことになります。そうすると、その分の費用がかさむことになります。車検にたいして少しでも不安があるのでしたら他の選択肢から選んだ方がいいと感じます。

 

以上の車検を受ける方法は、全て業者の方に委託して行ってもらうことになります。では他に方法はないのでしょうか?あるんです!

では、他の方法を見ていきましょう。

 

 

ユーザー車検とは

 

先程の業者さんに依頼すると「調整費用(テスター調整費用)」や「整備費用」、「ショートパーツ代」、他に「代行手数料」などの費用も掛かります。ちなみに「申請代行手数料」の費用は、約10,000円~30,000円です!

ショートパーツ代とは

部品に使う洗浄剤やグリス、潤滑剤などの消耗品のことをいいます。少量の使用だとしても2,000円、5,000円と請求されることもあります。実際に使用しているのは少量なので10円~100円程度だとしても…。

車検を申し込んみ車を出した後に、皆さんを悩ませるのが、「○○の部品が傷んでて交換が必要です」、「○○の部品も交換です」といったやり取りも聞いたことがあります。こうなると「過剰品質(点検・検査)」、「過剰整備」、といったことも出てくるでしょう。例えば、「ウォッシャー液が切れてるので入れます」などで500円~1,000円前後の費用が発生します。極端ですが車検なら水でもいいのです!こちらの話は後程!

車検費用に必ず支払わなくてはいけない費用があります。国に支払う費用です。これは払わないといけないもので「自賠責保険」、「重量税」、「印紙代」などです。費用を抑えたいと考えても国に支払う費用は抑えることができないです。車検にまつわる「調整費用」や「整備費用」、「ショートパーツ代」、「申請代行手数料」などの諸々を出来るだけ安くしたいものです。

業者さん以外で車検を受け、なおかつ「過剰品質(点検・検査)」や「過剰整備」にかかる費用を無くしていき、車検を自分で行う『ユーザー車検』があります!

ユーザー車検は安くできるが…

ユーザー車検は、基本的な整備費用を抑えることができます。それは、車検場での検査に沿っての部位や部品の整備を自分で行っていくことでその分、安くなるということです。しかしその反面、安全面、品質面を担保できないことは事実です。それは一般の方ができない部分で24ヶ月点検、ブレーキオイル・ブレーキ回りの部品交換などです。これらを放置して走行しているとやがて走行に支障を及ぼしかねないです。一般の方ができない部分はディーラーや修理工場に依頼しましょう。

上記の内容を踏まえ、それでも安く車検をしたい、ユーザー車検をやりたい方…、わかりました!次にユーザー車検の手順をご紹介します。私が体験(失敗)したことも含め初めてのユーザー車検ですが、参考になれば幸いです。それでは詳しく見ていきましょう!

 

 

ユーザー車検の予約方法

 

ユーザー車検を順を追って見ていくことにしましょう。私の車は18年目となった軽自動車での車検になります。私の軽自動車による車検をご紹介しますが普通車と軽自動車の基本となる点検・検査は何も変わらないです。変わるとしたら検査の場所が違う事か国に支払う費用が違うだけなので普通車の方も参考にしてみてくださいね。

車検満了日の確認から

先ずは、車検の満了日を確認しましょう。満了日の1ヶ月前から車検を受けるのが一般的に望ましい(基本)とされています。私の場合は、満了日の1日前だったのですごく崖っぷちの思いで検査をしましたが、これはおすすめできません!余裕のある日を持って車検を受けましょう。

車検は満了日の1ヶ月前が望ましい(基本)理由?

車検の満了日は決まっているのですが、いつ車検を受ければいいのかと言うと満了日の前でしたらいつでも車検を受けられます。極端に言うと1年後でも半年後、1週間後でも受けることもできますが、受けた日が満了日になります。これは、かなりもったいないような気がしますね。

車検満了日の1ヶ月前が車検の望ましい!

車検 2019年12月25日が満了日として2019年11月25日以降だと次回の満了時が2021年12月25日となります。

これが、2019年11月24日に車検を受けると次回は、2021年11月23日になります。

このことから1ヶ月前が基本で望ましいことがいえるでしょう。

 

ユーザー車検の予約

普通車の車検予約はインターネット車検のみの予約だけになっています。軽自動車の場合は、インターネットと電話予約ができます。

普通車

普通車の車検予約はインターネットのみ、こちらから
⇩⇩⇩
自動車検査インターネット予約システム

軽自動車

インターネットからの軽自動車の車検予約はこちら
⇩⇩⇩
軽自動車検査予約システム

電話予約はこちらから ※かなり時間がかかりおすすめできません
⇩⇩⇩
全国の事務所・支社一覧

軽自動車(普通自動車)検査予約システムの手順

軽自動車検査予約システム
<画像引用元:軽自動車検査協会さん>

軽自動車検査予約システムの登録方法

軽自動車検査予約システムの登録がされている方は、ログインから入りますが、初めての方は、「アカウント登録」が必要になります。簡単ですので見ていきましょう。

アカウント登録の手順です。

「メールアドレス」

「メールアドレス(確認)」

「パスワード」

「パスワード(確認)」

「利用区分」 ※ユーザー車検を受けるので一般ユーザーにチェックです。
◉一般ユーザー ⇦こちらにチェック
〇車検代行事業者

氏名

氏名(カタカナ)

※利用規約を読んで確認後「同意する」ボタンを選択してください。

これでアカウント登録ができました。登録ができたらログインから入っていきます。ログイン画面に入ると先ほど登録した「アカウントID」、「パスワード」を入力し「実行」ボタンを押します。

次に、「予約」ボタンを押し「継続検査」のボタンを押してお住いの都道府県から管轄の事務所を選びます。これで受検日時選択表にたどりつけます。

これで検査予約時間の一覧表が出てきます。都合のいい日に合わせて予約を行います。

軽自動車検査協会:軽自動車検査予約システム アカウント登録はこちら
⇩⇩⇩
軽自動車検査予約システム アカウント登録

検査時間の予約

「ログイン」ボタンから検査時間に入ったら時間の予約を行っていきます。検査時間は下の表の「1ラウンド」~「4ラウンド」のどれか1つを選び予約をします。

時間の予約表には〇△✕と言った記号で表示されています。

〇 :空きがあります。
△ :少し空きがあります。
✕ :空きがない。
ー :受付けしていません。
終 :検査時間が終っている。

以上の表示がされており自身の都合のいい日に〇か△があればボタンを選択し押すことで予約を得ることができます。

ラウンド名 検査時間
1ラウンド 9:00~10:15
2ラウンド 10:30~12:00
3ラウンド 13:00~14:15
4ラウンド 14:30~16:00

検査時間は必ず再度確認しましょう。

※受付の時間は予約時に確認してください。

軽自動車の電話での車検予約は、自動音声ガイダンスから

コールセンターにつながり教えられた電話番号に電話…

しかし同じ自動音声ガイダンスが流れて結局たどり着けなかったのでおススメできません。

インターネットからの予約は簡単で、おすすめします。

 

 

ユーザー車検に必要な書類

 

車検を受けるには提出する書類が必要となります。自動車検査証(車検証)、軽自動車税(種別割)納税証明書、自動車損害賠償責任保険証明書、軽自動車検査票、自動車重量税納付書、点検整備記録簿、継続検査申請書(軽専用第2号様式)といった書類が必要になります。

自動車検査証(車検証)

●事前に用意

自動車検査証とは一般的に「車検証」と呼ばれています。車検証の内容は、車に関する情報が記載され車検や車に必要な各手続などに用いる重要な書類になります。

掲載される主な内容:車両番号、車台番号、車名、型式、使用者名・住所、所有者名・住所、車検の有効期間の満了する日など。

車検証

自動車損害賠償責任保険証明書

事前に用意

自動車損害賠償責任保険証明書とは、皆さんがよく言う「自賠責保険」のことで、必ず加入が必要な保険の保険証になります。車検や新規検査時に加入していなければ車検の交付が受けられなくなります。車検や新規の際には、次回の車検の満了日までの「自賠責」の加入が必要となります。

自賠責保険

軽自動車税納税証明書(継続検査用)

事前に用意

軽自動車税納税証明書とは、毎年5月になると皆さんがよく言う「車の税金」と呼ばれているものです。軽自動車は市区町村から軽自動車税納税通知書と共に送られてきます。最近では、コンビニでも支払いができるようになりました。支払い時に収納済み印が押された左端に付いていた半券が軽自動車税納税証明書になります。

私の場合、年末の大掃除の時にごみと混ざって捨ててしまったらしく再度発行してもらいました。再発行は、市役所(役場)になります。窓口は、通常の市民課で記入用紙に名前と住所、車両番号(ナンバープレートの番号)を記入し無料で発行してもらえます。

再発行は、車検の当日の早朝、市役所でしていただきました。

※持参する物は身分証明書が必要となります。

※持参したが使わなかったものは印鑑です。

軽自動車検査票

当日、窓口で配布

軽自動車検査票とは、車検や新規検査時の検査項目に沿って合否を記録(記載)する用紙になります。軽自動車検査票は法に定められた保安基準を満たしていたら合格印が押されることになります。全ての項目に合格印が押されたら窓口で車検証の交付されます。

こちらの用紙は検査当日に軽自動車検査協会の窓口で入手します。

軽自動車検査票

自動車重量税納付書

当日、窓口で配布

自動車重量税とは、その名の取り「重量税」と呼ばれています。なじみのある税金ですね…。「重量税」は車検や新規検査時に納めるための書類が自動車重量税納付書になります。車検の当日に納付金をご用意します。

こちらの用紙は当日、軽自動車協会の受付窓口で配布を受けます。

自動車重量税

継続検査申請書(軽専用第2号様式)

当日の窓口で受け取る

継続検査申請書とは、車検証の発行に必要なOCR用紙のことです。車検証を発行する為にコンピューターに通す為に必要な用紙と思っていただければいいです。記入方法はカウンターに見本が設置されていますから安心してください。

当日、軽自動車検査協会の窓口で受け取ることをおすすめします。

継続検査申請書

定期点検整備記録簿

事前に用意

車検に必要と言われているのが24ヶ月点検の定期点検整備記録簿です。とりあえず持っていくことをおすすめします。法定点検の内訳を記録する用紙です。定期点検整備記録簿は車検前に点検整備を行う場合には必要とされています。用紙が無い方はネットでダウンロードもできます。

ネットでは、持っていかなくても良いと言う方もおられます。しかし持参する方がいいと思います。私の場合は自分で記入して提出しました。「転ばぬ先の杖」ですね。

印鑑

私は、車検時に一応持っていきました。車検を受けて帰ってから印鑑を使ってないことに気づきましたね。とは言えとりあえず持っていきましょう。

筆記用具

シャープペンシル、ボールペンを持参しましょう。軽自動車検査協会の窓口にも設置されてもいます。継続検査申請書にシャープペンシルか鉛筆が必要です。

 

 

ユーザー車検は、とにかく安い

 

車検を受けるには申し込み手数料などいくつかの費用が必要となります。ユーザー車検の場合、業者さんなどの手数料が含まれないこともあって、費用面はかなり安くなります。とはいっても最低限の費用は掛かるので用意が必要です。

今回、私が車検を受けた時の費用をご覧ください。(令和2年1月時点)

  1. 申請手数料:持込検査: 1,400円
  2. 自動車重量税印紙代: 8,800円
  3. 自賠責保険:24ヶ月: 25,070円
  4. 継続検査申請書など: 30円

車検にかかる費用の合計: 35,300円でした。

法改正や自治体によって変わることもあります。車検時の費用を確認しておくことが大事です。

必要な費用

申請手数料

1,400円

軽自動車検査協会の手数料納付窓口で検査のための手数料を納めます。

自動車重量税

8,800円(4,400円/年)

軽自動車検査協会の納付窓口で納付します。自動車重量税とは、自動車の重量などに応じて納付する税金で、重量や経年数などに応じて決まります。納付は軽自動車検査協会で、次回の車検までの2年分を納付します。

『自動車重量税(2年間分)の金額』
 ⇩⇩⇩
初度検査年から18年経過した車の場合は、8,800円
初度検査年から13年経過した車の場合は、8,200円
上記以外の場合は、6,600円

自賠責保険

25,070円

こちらの自動車賠償責任保険「自賠責保険」の支払いは、軽自動車検査協会内に設けられた窓口での支払いと下記の取り扱い店でも受けることができます。

「損害保険会社や共済組合」

「自動車・バイク販売店」

「自動車整備工場や車検センター」

「陸運局(運輸支局)」

以上の取り扱い店で受けることができます。

私の場合は、事前に取扱店で支払いをしてから車検を受けました。

継続検査申請書など

30円

継続検査申請などの書類は当日必要になります。

 

 

 車検が不合格になった時の自賠責保険の注意点

 

車検は、当日の検査コースの時間が空いていれば何回でも受けることができます。少しでも不安があるようでしたら、午前中に受けるのがいいです。もし不適合なった場合、修理ができるならその日に車検を再度受け可能な限り当日に合格することをおすすめします。

当日の検査コースは1回の検査申請で検査コースに入れるのは時間内において初回の検査と再入場の計3回までとなり検査手数料の納付はしなくてもいいです。

4回以上になると限定自動車検査証の交付を受け検査手数料の1,200円を納付すれば再入場ができます。検査コースの再入場が翌日以降になる場合は、不適合箇所だけ検査を受けることができる「限定自動車検査証」の交付を受付窓口で受けることになります。窓口は➄になります。不適合になるとかなりの手間がかかります。

事前に余裕をもって点検や整備を行っておくことをおすすめします。更に車検満了日ギリギリで予約を取らず余裕を持っていくのがいいと思います。私は満了日の前日だったのでかなり緊張しました。

それでも不適合になった時のことを考え以下のことを想定しておくことが必要です。

車検の不適合で車検満了日が過ぎて切れてしまった場合、車検の有効期間が変わることになります。車検の有効期間と自賠責保険のズレが生じ1日でも多い保険期間に加入ができなくなることもあります。

このような場合は、自賠責保険の継続加入を行った取り扱いの窓口へ早急に保険期間の修正手続きを行いましょう。

しかし、保険会社の処理が終えると修正不可能になります。この場合は、1ヵ月間のみ保険加入が別途必要になります。

割高になりますが加入が必要となります。通常は、保険の処理が終わっていると考えた方がいいでしょう。

再検査が2週間を超えて受ける場合は、全ての検査項目を改めて受けることになります。このような場合は、「限定自動車検査証」の交付を受ける必要がないです。改めての検査になるので、検査手数料は1,400円が必要となります。

又、先ほどの自賠責保険の1ヶ月間の保険に加入する必要があります。

更に、検査場までの仮ナンバー(赤い斜め線が入ったナンバープレート)が必要になり市役所(役場)で申請します。費用は、750円程度はかかります。この時に必要なものは身分証明書、印鑑、車検証も持参します。仮ナンバーの有効期間は5日間でルートの説明などが必要となってきます。

車検満了時が過ぎての検査には必ず仮ナンバーと1か月間の自賠責保険が必要となります。

 

車検前準備
ユーザー車検前の点検・整備方法初めてユーザー車検を受ける方に少しでも役立ててもらえば幸いです。自車での経験を基にこれだけは押さえておきたいユーザー車検の点検・整備をご紹介します。失敗談も…。ユーザー車検を受ける事前の準備は何が必要なのか?点検はどうするを解決していきましょう!...
車検➂
ユーザー車検を受ける前にテスター屋さんで予備検査がおすすめ昨今ユーザー車検を受ける一般の方が増えてきました。私もその一人です。今回は、テスター屋さんでの不適合を受けた失敗例もご紹介します。テスター屋さんは、民間の工場ですが検査場と同じ検査コースを備えていて車の状態を見て微調整を行ってくれます。又、最近ユーザー車検の需用が増えるにつれユーザー車検の手順や合格へのアドバイスしてくれるところもあります。...
ユーザー車検②
初めてのユーザー車検のやり方皆さんは、車検ってどうされてますか?ディーラーさんや車の修理工場、最近では、ガソリンスタンドでも受け付けられています。車検は自分でもできるんですよ!自分で受けることで更に費用を安くできちゃいます!今回は、初めて受けられる方にユーザー車検の受けたや費用について解説しています。ユーザー車検の動画もあるのでご視聴ください【最新版】...
H4端子-1
車のヘッドライトのH4コネクターが外れない!H4端子の外し方は?車の点検や部品交換でヘッドライトがあります。ヘッドライトの交換にはヘッドライトのバルブ切れがあります。ヘッドライチと切れに気づくのはたい...
ヘッドライト規格種類
自動車のヘッドライト(ハロゲン電球)の種類と規格車の走行で夜間を安全に運転するには、ヘッドライトが重要になります。夜間の道路を安全に照らしてくれるハロゲン電球、今回は自動車のヘッドライ...
ヘッドライト交換
自分で出来る車のヘッドライトの交換方法・交換時期と使う工具と用品車の修復の中で、ヘッドライトの交換があります。一般的にヘッドライト交換には、ハロゲンバルブ切れによるものです。ヘッドライトが1個(片方)...
オイルフィルター交換
オイルフィルターの交換のやり方と交換時期と廃棄方法車の定期点検に、エンジンオイルの交換があります。皆さんは交換される時によくたずねられるのがオイルフィルターの交換があります。オイル交換と...
エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法車やバイク、乗り物のエンジンオイルは交換が必要です!オイルの交換時の時期はいつなのか?自分で出来るものなのか?又使う道具、交換の方法を知...
おすすめのエンジンオイルの選び方とオイルの種類や見方も一般的に皆さんが言うエンジンオイルといえば車に使われているオイルを思い浮かべますね。車やバイクといった乗り物には必ずエンジンオイルが使わ...

 

●初めてのユーザー車検

初めてのユーザー車検の動画です!参考になればうれしいです。

初めてのユーザー車検手順

 

 

 

まとめ

 

今回は、軽自動車のユーザー車検の方法と受け方/費用と予約方法をご紹介しました。

ユーザ車検はとにかく安くなりますが、その代わり自身での管理が必要となります。又、部品などの気になるところがあれば、身近な車屋さんに持っていくことをおすすめします。そのまま放置していると突然動かないことも…

どうでしたか、ユーザー車検は費用を抑えられるので是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の記事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っています。

では、また次回にお会いしましょう!!