車検

ユーザー車検を受ける前にテスター屋さんで予備検査がおすすめ

車検➂

車の車検満了日が迫ってきました。皆さんがよく言う車検です!車検を業者の方に受けてもらうと思っているよりも費用がかさんでしまうこともあります。費用のことを考えユーザー車検を受けようと!しかし、私の車は18年の多走行車です。何が起こるか分からない不適合になる可能性がありそうで少し不安も。皆さんもこのようなお悩みありませんか?今回は、皆さんが思うお悩みを解決すべく多走行車でのユーザー車検を受ける前にテスター屋さんで予備検査がおすすめと失敗した経験もご紹介します。

私の車は、18年となった中古車です経年劣化で多走行車です。それでも元気に走ってくれる三菱のトッポさんです。これだけ年季が入ると車検が心配になります。ディーラーや車検工場に持っていくと部品交換の山になりそうです!安くしたいのでユーザー車検で受けようと、しかし不安が…。それならテスター屋さんに持っていき状態を確認してもらいました。そもそもテスター屋さんって何かってところから見ていきましょう。

 

テスター屋さんとは

 

自分で整備・点検を行っても自身がなく不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にユーザ車検の前に事前検査を受けて車検当日を楽にこなしていきましょう。テスター屋さんとは、車検場の検査コースを民間の会社で備え付けられた工場になります。検査を事前に受けることで不適合があれば微調整を行ってくれます。費用は、全コースからスポット的に各部位を見てもらうこともできます。

予備検査

テスター屋を利用する時は?

テスター屋さんを利用する時は、「ユーザー車検の前」「ユーザー車検後」の2通りになります。これはどういうことなのかを詳しく見ていきましょう。

『ユーザー車検前』

テスター屋さんをご利用されるならユーザー車検を受ける多走行車や年季の入った車をお乗りの初心者の方にはおすすめですね。ユーザー車検前の自車の状態を知る車検前のお試しと考えればいいでしょう。

しかし、お試しとはいえ本格的に検査を受け保安基準に適合しているかを見ていくので事前の点検・整備は行ってからテスター屋さんに向かいましょう。不適合になる箇所がある場合は車の修理工場へ早急に持っていくか自分で出来る範囲なら直しましょう。車検当日になるかと思うのですが、前もって受けることをおすすめします。

なぜなら私の場合、当日でしたので時間が無く焦ることがありました。この話は、後程です。なので、ユーザー車検当日は、時間が無いので日数的にも余裕を持つ方がいいと本当に思います。

ユーザ車検後とは

ユーザー車検後というのは、ユーザー車検に不適合を受けた場合になります。こちらの場合は、軽微なことならばユーザー車検で調整できるのですが、大がかりなことは車の修理工場へ持って行くことになります。

例えば、軽微な整備とは、ヘッドランプの角度調整などです。こちらは単体での料金で見てもらえます。ウオッシャー液やウオッシャー液の噴射の角度であれば自分でもなんとかできますが、ヘッドランプは見てもらうことをおすすめします。

排出ガスやオイル漏れに関することは、車の修理工場へ早急に持っていきその日に再検査をうけられるなら持って行くようにしましょう。もし車検の満了日を超えていたり自賠責保険の申請手続きが完了していると、(自賠責は事務手続きは完了している)これらの申請や費用が掛かるためできるだけ当日の中で合格させていきましょう。

ここで注意が必要なのが、自賠責保険になります。車検満了日が過ぎてからの車検も注意が必要です。

自賠責保険書類関係と自賠責の日数が車検の日数とズレが生じることになるので自賠責の延長が必要となります。

仮ナンバー車検満了日が過ぎての再検査になると仮のナンバープレートが必要になります。市区町村の役場に申し出が必要になります。

 

ユーザー車検の方法と受け方/費用と予約方法【軽自動車】車の諸経費で思いつくのが、車検ですね。この車検って自分でも受けられる方法があります。でもどうやってユーザー車検を受けるの?って思いますね...

テスター屋さんってどこにあるの?

テスター屋さんは普通自動車の車検場、陸運局や軽自動車検査協会の近く、すぐそばにあることが多いですお住いの都道府県の陸運局、軽自動車検査協会の周辺を探されるとよいでしょう。

私の場合は、ネットや電話帳を調べて陸運局のそばにあることがわかり利用しました。

手続き方法は

テスター屋さんは予備検査を行ってもらうところなので手続きや書類は必要ないです。検査代を支払うだけでいいです。

各コースがあり、口頭で何の検査してもらうかを告げ、見てもらうだけです。分からなければ、車検を受けると言えばアドバイスをくれる所もあります。大抵はアドバイスをくれるところが多いはず!ヘッドランプの光量と照射角度は必ず見てもらうことをおすすめします。

年季の入った多走行車なら下回りを見てもらった方がいいです。私は、自分でも見て確認しましたがテスター屋さんに下回りも見ていただきました。費用は少しかかりますが何より一発合格にしたいので。

 

テスター屋さんの料金は?

 

料金はいくら程かかるのでしょうか?地方やテスター屋さんよってはまちまちですが現在の相場で見ていきましょう。

個別箇所の料金と全コースの料金と2通りがあります。

全コース料金は、約4,500円~5,000円の料金が多いです。

  • アライメント
  • 内外装ランプ(インパネ警告灯、外装ランプ)
  • スピード走行テスト(実際の速度とメーターがあっているか)
  • ブレーキ制動力(ブレーキペダル、サイドブレーキ又はフットブレーキ)
  • 排気ガス
  • 光軸(ヘッドランプ)
  • 車両の下回り(オイル漏れ、ブレーキパッド厚み確認、ボルト締め付け)

以上が全コースでの点検内容です。(約4,500円~5,000円)

個別箇所の料金

単体箇所の両機は、約1,500円から3,500円はかかります。上記の項目が単体で測定になるので2箇所になると全コースを受ける方が安くなりますね。

単体箇所であるなら光軸の検査をおすすめします。定期的に点検整備をしている車や比較的新しい車だと単体の検査でいいですね。

値引きしてもらえました!

私が選ぼうとした全コース料金は4,500円+消費税です。テスター屋さんで自賠責保険も取り扱いもされており時間もなかったのでテスター屋さんで頼みました。(自賠責の金額はどこも変わらない)自賠責は25,070円で車検に必要となる書類が30円(軽自動車検査協会でも30円します)で、テスター屋さんの全コースが4,500円+450円(消費税)です。

初めの割引きの提示されたのが書類代と消費税を「値引きします」って言われたので「やったー!」と思い全コースを頼みました。自賠責もお願いしたのがよかったのですかね!

自賠責:25,070円

書類代:30円 無料になりました!

全コース代:4,500円+450円(消費税)=4,500円 消費税分値引きです!

合計:29,570円です。

ここから更に、テスター屋さんから570円値引いての29,000円でした!更に、24ヶ月点検整備記録簿も記入と書類関係も揃えてクリアファイルにまとめ軽自動車検査協会の窓口の順路と待ち時間をなくす手引きも教えてくださり本当に親切な方ばかりで行ってよかったです。

 

テスター屋さんでの手順

 

全コースの予備検査の手順を見ていきましょう。

  1. 内外装ライト、電装品(ウオッシャー液・ワイパー・ホーン)
  2. 時速40Km走行テスト
  3. フロントブレーキテスト
  4. リアブレーキテスト(サイドブレーキorフットブレーキ)
  5. アライメントテスト
  6. ヘッドライト光軸、ライト点灯テスト
  7. 下回り点検

以上のの順番の点検となります。

内外装ライト

内外装のライトが点灯点滅、動作の確認を行います。

外回りのランプ、電装品のテスト

フロント
⇩⇩⇩
左右ヘッドランプ(Hi、Lo)・左右ウインカー・スモールランプ・ハザードの点灯、点滅の点検

リア
⇩⇩⇩
左右ウインカー・バックランプ・テールランプ・ブレーキランプ・ハザード

内装のインパネ(警告ランプ)

インパネに出てくる警告ランプ点灯の点検

シートベルト・エアバック・ブレーキ・油圧・エンジン・充電などの警告ランプが消灯しているかを見ます。

ユーザー車検でのシートベルト警告灯は特に厳しく見られます。

実際にシートベルトを装着した時に警告ランプが消えるかの確認をおこないます!

電装品関係

ウオッシャー液の噴射、角度、液量とワイパーが左右同時に動くか又は、デフロスタがちゃんと動作するかもテストします。

続いてホーン(警笛)が鳴ることもこの時にテストします。当日の検査もこのタイミングで鳴らします。

発煙筒の有無確認

発煙筒の確認があります。使用期限があるのですが、期限の確認は見ることはないのですが発煙筒が見える位置に設置されているかを確認されます。当日は、目につくところに置いておくのが良いでしょう。ダッシュボードに出しておくこともいいとされています。

時速40Km走行テスト

ローラーの上にフロントタイヤを乗せインパネの針が時速40Kmになるまでアクセルを踏みキープします。この時の40kmの針と実測値があっているかをテストします。キープ時間は3秒ほどです。

フロントブレーキテスト

先程の40Kmを出しましたがそのままブレーキをかけていき0Kmになったらブレーキテストに入ります。ブレーキを踏みこみます。こちらも3秒ほどです。

ブレーキテストで不適合を避けるために私は、スタッドレスタイヤから夏タイヤに履き替えていきました。

なぜ履き替えたか?ブレーキテストでタイヤが滑らないようにと考え交換です。

スタッドレスタイヤの溝はあるのですが、古いこともありゴムが硬化している可能性があるので交換しました。

リアブレーキテスト(サイドブレーキorフットブレーキ)

次に、サイドブレーキorフットブレーキの効きを確認するためのテストになります。サイドブレーキならおもいっきり引き上げ、フットブレーキならおもいっきり踏み込みましょう。

アライメント

走行テストブレーキテストを行う際に乗っていたローラーからゆっくりと前進します。左右にプレートが床に埋め込まれています。そこをゆっくりと前進します。これによりタイヤが真っすぐに進んでいるかをテストします。

ヘッドライト光軸、ライト点灯テスト

ヘッドライトの照射角度を点検します。光軸のズレは大抵の車はあるのでテスター屋さんで調整した方がいいですね。

又、ヘッドライトの光量、Hi・Loの点灯とバルブ切れがないかのテストを行います。

下回りの点検

床が開いているピットに車を移動させていき、ブレーキパッドの厚みや下回りのボルトの締まりを打音検査点検ハンマーを用いて叩き調べていきます。

更に各オイルや液漏れがないかを目視で見ていきます。

 


 

以上がテスター屋さんによる模擬検査になります。車検の検査順と同じになりますので本番さながらです!

 

不安解消!ユーザー車検

自分でやった点検整備で失敗と見落としがありました。ユーザー車検での見方や不適合になりやすい事柄の参考になれば幸いです。

私の失敗談からのアドバイス

自らの点検整備を行った中で失敗していたことがあります。

オイル漏れ?

オイル交換時に少しオイルをこぼしていたらしく気が付かずオイル漏れと指摘されました!オイルが付いているシリンダーヘッドをブレクリーンを吹き付け綺麗に拭き取っていきます。更にオイルパンに薄っすらとにじんでいるオイルも丁寧に拭き取っていきました。徹底して拭き取ります。オイルや液が漏れているとまちがいなく不適合になります。

自分でオイル交換やオイルフィルターを交換する際はオイルをこぼさないように気を付けましょう!
こぼれた場合は綺麗に取り除きます。オイルからの引火することもありえます。危険なので必ず拭き取りましょう。

オイル交換

動画も撮っていたのでオイルをこぼしているか確認したところ「やらかして」いました。

ヘッドライトの光量が足りない!

ヘッドライトの光軸がずれていました。光軸を合わせてもらいます。次に、光量を見ていくのですが、光量が足りていないことがわかります!予備で持っているハロゲンランプを交換しますがそれでも光量が足りないです!

テスター屋さんから「バッテリーが弱っているのでは」と、それならば少しアクセルを踏みエンジン回転数を上げて電力を安定させます。それで光量が安定しました。ユーザー車検本番は、エンジン回転数を少し上げていくようにします!

自分でバッテリーを点検したのが3ヶ月前だったので安心していたのが失敗でした。オイル交換を行ったのが1週間前で、その際に点検を行っていればよかったのにーと実感。

ユーザー車検前の点検整備のポイント

ユーザー車検前に確認しておくことは?

直前にエンジンオイル、エンジンオイルフィルターの交換するのが良いです。

粘度は、少し高めにしましょう。例)5W-10⇨ 10W-30又は40です。

エンジンオイルをこぼしていないか又、こぼれていた場合ブレクリーンできれいに取り除く。

内外装の警告灯、ランプ類の玉切れの確認。

ホーンが鳴るか確認。ほとんど鳴らすことが無いホーン、いざという時に鳴らないこともあるので注意しましょう。

ワイパー、ゴム、ウオッシャー液の確認も行いましょう。

発煙筒が備え付けられているか確認しましょう。

シートベルトの脱着時に警告ランプの点灯・消灯するか確かめましょう。

フロントのタイヤを外しブレーキパッドの厚みを確かめます。

エンジンエレメントの掃除。

タイヤの溝の深さも見ておきましょう。

用意する物や、手続きは以下の「あわせて読みたい」をご参考に見ていただければ幸いです。

ユーザー車検の方法と受け方/費用と予約方法【軽自動車】車の諸経費で思いつくのが、車検ですね。この車検って自分でも受けられる方法があります。でもどうやってユーザー車検を受けるの?って思いますね...
車検前準備
ユーザー車検前の点検・整備方法初めてユーザー車検を受ける方に少しでも役立ててもらえば幸いです。自車での経験を基にこれだけは押さえておきたいユーザー車検の点検・整備をご紹介します。失敗談も…。ユーザー車検を受ける事前の準備は何が必要なのか?点検はどうするを解決していきましょう!...
ユーザー車検②
初めてのユーザー車検のやり方皆さんは、車検ってどうされてますか?ディーラーさんや車の修理工場、最近では、ガソリンスタンドでも受け付けられています。車検は自分でもできるんですよ!自分で受けることで更に費用を安くできちゃいます!今回は、初めて受けられる方にユーザー車検の受けたや費用について解説しています。ユーザー車検の動画もあるのでご視聴ください【最新版】...
H4端子-1
車のヘッドライトのH4コネクターが外れない!H4端子の外し方は?車の点検や部品交換でヘッドライトがあります。ヘッドライトの交換にはヘッドライトのバルブ切れがあります。ヘッドライチと切れに気づくのはたい...
ヘッドライト交換
自分で出来る車のヘッドライトの交換方法・交換時期と使う工具と用品車の修復の中で、ヘッドライトの交換があります。一般的にヘッドライト交換には、ハロゲンバルブ切れによるものです。ヘッドライトが1個(片方)...
オイルフィルター交換
オイルフィルターの交換のやり方と交換時期と廃棄方法車の定期点検に、エンジンオイルの交換があります。皆さんは交換される時によくたずねられるのがオイルフィルターの交換があります。オイル交換と...
エンジンオイル交換
エンジンオイルの交換時期とオイル交換に使う道具と交換方法車やバイク、乗り物のエンジンオイルは交換が必要です!オイルの交換時の時期はいつなのか?自分で出来るものなのか?又使う道具、交換の方法を知...

 

今回使用したもの

 

 

●初めてのユーザー車検

初めてのユーザー車検の動画です!参考になればうれしいです。

ご視聴よろしくお願いします。

 

まとめ

 

今回は、初めての方の年季が入った多走行車で不安のユーザー車検、テスター屋さんで予備検査をしてもらうをご紹介しました。

初めてのユーザー車検は不安ですね。年季の入った多走行車になると更に自信が持てなくなります。ポイントを押さえておけば車検って通るのですね。安全面と環境性能が保たれていれば合格になるのも分かりました。

費用の面でも最低限で収まり安心できます。年季の入った車を新車や中古車とと入れ替えたりするとそれなりの費用になります。やはりユーザー車検を受けるのが安くなりますね。

今回は、ここまでとなります。ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。また、別の事も見てくださいね。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全に事故の無いことを祈っています。

では、また次回にお会いしましょう!!