ワックス/コーティング

キラサクEVOコーティングの使い方と撥水の効果は⁈

車が汚れて気になっていたところ、そろそろコーティングしないとね~と思い簡単にコーティングができるのはないかとネットをみていたら、前から気になっていたコーティング剤が!そうキラサクのコーティング剤です。中でも『キラサクEVOコーティング』にしました。早速「ポチっと」。今回は、「キラサクEVOコーティングの使い方と撥水の効果は⁈」をご紹介します。

 

 

キラサクEVOコーティングとは

 

『キラサクEVOコーティング』とは、どのようなコーティング剤なのでしょう?

内容は、以下の表にまとめました。

メーカー 株式会社THエンゼル
ブランド キラサク/kirasaku
名 称 ガラス骨格コーティング剤
成 分  フッ素樹脂、ケイ素化合物(コンパウンドを含まない)
用 途 自動車塗装面などの保護・艶出し
適 用 全ての塗装色、樹脂、金属
容 量 350mL

●EVOコーティングは、シリコーンレジンをベースに新しいフッ素樹脂配合!

滑らかさと光沢を与え、撥水防汚性の長持ち。

新しいフッ素樹脂とシリコーンレジンを配合した、結合力が強い3次元ガラス骨格分子構造が、強靭なコーティング膜を形成し、高い配合を実現!

 

●EVOコーティングは、進化形シリコーンレジンコーティングです。

キラサクシリーズのGP・EXコーティングを発展進化させ、撥水性・耐久性を維持しながら、EXコーティングの滑らかさ・使いやすさを実現!

『引用元:THエンゼル キラサクEVOコーティング』

コーティングのはなし: EVOコーティング (th-angel.com)

 

ざっくり言うと、簡単な作業で深みのある光沢と長時間の撥水効果が得られるということ!いいねぇ~😄

 

 

キラサクEVOコーティングの使い方

 

「キラサクEVOコーティング」を使う前に

車の汚れを落としてゆきます😄

step➊車の汚れ落とし

車の汚れ落としから始めてゆきましょう。

車に付いた泥や砂、ホコリなどの頑固な汚れを水で洗い流します。

※高圧洗浄機をお持ちなら楽に汚れを落とすことができます!

step➋カーシャンプーを使う

今回、使用するカーシャンプーは、『キーパー技研のムースシャンプー』を使っての洗浄になります。

キーパー技研のカーシャンプーの使用方法

  • 水5Lに対し、50mLの割合でカーシャンプーを希釈します。
  • 洗車用スポンジに希釈したカーシャンプーをたっぷりと含ませます。
  • ボディにスポンジを優しくゆっくりと滑らせて汚れを落とします。

※この時、ボディ全体を洗わずにワンパネル毎に洗います。乾くとシミになる場合もあるので。

  • カーシャンプーが乾く前に水で洗い流します。
  • 泡が無くなるまでしっかりとすすいでいきます。

 

キーパー技研のムースシャンプー

参考までに、今回使用した「キーパー技研ムースシャンプー」の使い方や内容を表にしました。

名 称 自動車用洗剤
用 途 自動車ボディ洗浄用
種 類 液体(コンパウンドなし)
成 分 両性界面活性剤、陰イオン界面活性剤
液 性 中性
内容量 700mL
適応塗装色 前塗装色対応

 

以上が、「キーパー技研ムースシャンプー」の内容になります。

 

 

step➌キラサクEVOコーティング

『キラサクEVOコーティング』を施工する方法として、3通りご紹介します。

ではでは、『キラサクEVOコーティング』を施工していきます。

(1)キラサクEVO準備

『キラサクEVOコーティング』を準備します。

ノズルにあるレバーでロックを解除します。

『キラサクEVOコーティング』のボトルをよく振ります。

これで準備ができました😄

(2)タオルに付ける

こちらの施工は、表示されている使用方法です(メーカー推奨)。

『キラサクEVOコーティング』をタオルに数回、吹き付けてからボディに塗りこみます。

※この時のボディは、洗浄後の水で濡れた状態のまま塗りこんでいきます。

(3)直接塗布する

ボディは濡れたままの状態で、ボディに直接、数回を吹き付けてタオルで伸ばしながら塗りこみます。

(4)水滴を拭き取って塗布

この場合は、ボディに付いている水滴をよく拭き取ってから『キラサクEVOコーティング』をタオルに数回吹き付けます。ボディに優しく伸ばしながら塗りこんでいきます。

今回は、(2)(4)の全て試したのですが、感想としてどのパターンも撥水効果は同じかなーって思いました。

施工後、直ぐに水をかけたので水のはじきに大差はないかも~😄

艶(つや)の深みは、(3)が濃く残るようにも感じられましたよー!

じぃーさんだったら(3)の塗り方がおすすめかなー😄

step➍拭き上げる(艶出し)

『キラサクEVOコーティング』の施工が終えたら。

拭き上げていきます。

新たな乾いたキレイなタオルを用意します。

※今回使用したクロスは、『ソフト99さん プレミアム マイクロクロス』です😄

そのクロス(タオル)で、優しく「ツルツル」艶が出るまで拭き上げていきます。

※『キラサクEVOコーティング』が伸びてムラになるので、拭いて伸ばします。

 

 

キラサクEVO撥水効果

 

施工後、直ぐに水をかけて確かめてみました。

撥水効果は、水を流したときの流れ落ちるスピードと流れ落ちた水滴跡の「プツプツ」も残らないので、「ビックリ」のすぐれた撥水効果です。

深みのある光沢もあって、簡単な作業でコーティングができます。

流れ落ちる水滴は、まるでおたまじゃくしが泳いでいるようにもみえます~😄

 

取り付け動画は、こちらから😄

 

 

まとめ

 

今回は、「キラサクEVOコーティングの使い方と撥水の効果は⁈」をご紹介しました。

『キラサクEVOコーティング』は、ボディの水分を拭き取ってから直接塗布し施工すると深みのある光沢、輝きがでました。

手軽に簡単、コーティングを楽しむなら『キラサクEVOコーティング』がおすすめですね。

ボディの濡れた状態からでも施工もでき、本当にお手軽に施工ができ撥水効果もバツグンです。流れる水は、オタマジャクシのよう😆

また、流れた水の後に残る細かい水滴も残らず、撥水効果も優れているのに「ビックリ」です。

今回は、ここまでとなります。ご覧いただきありがとうございます。別の記事も配信しておりますのでご覧下さい。よろしくお願い致します。

また、mamecoroエンジンは、YouTubeでの動画も配信しております!そちらもご覧ください。何かの参考になればと思います。

チャンネル登録も宜しくお願い致します。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全かつ事故の無いことを祈っております。

では、また次回お会いしましょう😄

最新の投稿