ワックス/コーティング

車の洗車キズをルックスとポリッシャーを使って取る方法

車についちゃう洗車キズ、このキズは見た目はそんなに気にならないのですが街灯の下やよく晴れた日はキズが輪っかになってくっきりと見えます。このキズを取っていきたいのですが皆さんならどうします?今回は、洗車キズを取る方法として「車の洗車キズをルックスとポリッシャーを使って取る方法」をご紹介します。

 

 

KURE(クレ)「LOOX ルックス」とは

 

「KURE(クレ)LOOX ルックス」とは特殊洗浄剤0.7ミクロンの微粒子コンパウンドと3つのワックス成分を配合した表面仕上げ剤になります。

 

<これ1本でボディ、ホイール、ヘッドライトカバーなどの汚れを落とし、キズを消し、美しい輝き!ウオータースポットの除去の記事もご覧ください>

車に使うオススメのダブルアクションポリッシャーの使い方車のボディーのお掃除やメンテナンスは皆さんどのようにされていますか。例えば、ボディーの汚れ、ひどい雨シミ・水垢、または日射しや街灯、照明...

 

メーカー名 KURE(呉工業株式会社)
ブランド名 LOOX(ルックス)
用 途 メッキ部品の汚れ落とし、キズ消し、ツヤだし
成 分 研磨剤、カルナバワックス、シリコーンオイル、石油系溶剤
液 性 弱アルカリ性
容 量 330ml

 

これ一本で、ボディはもちろんホイール、ヘッドライトカバーなどの汚れを落とし、キズを消しキレイな輝きにしてくれます😄

 

 

ポリッシャー(シャインポリッシュ)とは

 

ポリッシャー(シャインポリッシュ)とは、自動車塗装面用の電動ポリッシャーです。もちろん電源は、一般家庭のコンセントからとれ簡単に使えます。

 

<2つの違った回転軌道により(ダブルアクション)理想的な手塗りに近い運動を再現した簡単に扱える初心者に安心なポリッシャーをご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください>

車に使うオススメのダブルアクションポリッシャーの使い方車のボディーのお掃除やメンテナンスは皆さんどのようにされていますか。例えば、ボディーの汚れ、ひどい雨シミ・水垢、または日射しや街灯、照明...

 

また軽量コンパクトで取り回し「ラクラク」!上級者はもちろん始めての方でもプロ並みの仕上がりにできちゃうすぐれものです。プロ並みっていいすぎでした😄

モーターは、ダイレクトモータードライブの採用により、振動・騒音を最小限までカット、また力の伝導率の向上により最大回転数3800rpmの超高回転をだし、作業時間を大幅に短縮してくれます。

理想的なパット回転によるWアクシス構造(ダブルアクション)を採用することで、2つの違った回転軌道により手塗りに近い運動を実現することができました。

 

 

洗車キズを磨くやり方

 

今回は、洗車キズを磨き落としていきます。

  • 準備するもの
  • 水洗いをする(洗車)
  • 水拭き(乾燥)
  • LOOX(ルックス)吹きつけ
  • ポリッシャーがけ

以上のステップを踏まえすすめていきますね😄

準備するもの

LOOX(ルックス)とポリッシャー(シャインポリッシュ)を準備します。

  • LOOX(ルックス)KURE(クレ)
  • シャインポリッシュ ポリッシャー
  • バフ(ワックス用、仕上げ用)

以上を準備します😄

 

今回使用するお車は、ハスラーさんになります。

step➊水洗いをする(洗車)

始めるには、ボディを洗っていきます。

いつもの洗車です😄

お好みのカーシャンプーか水洗いをします。

じぃーさんが使うのは、スパシャンから発売されている「GS27」です。

 

<電源いらずで、余分なシャンプーを作る必要ない!こちらの記事もオススメです🤩>

「GS27 ウォータークリームシャンプー」(スパシャン)使い方洗車をやろうとカー用品店で選んだのが、今回ご紹介するのは、「GS27ウォータークリームシャンプー」の使い方になります。「GS27ウォータ...

 

※鉄粉除去もおすすめします!

 

step➋水拭き(乾燥)

次に洗車の後のついた水滴を乾いたタオル、クロスで拭き上げます。

※汚れ、泥や砂などの洗い残しが無いようによく確認します。また、ドアノブやサイドミラーなどの隙間の水分もできるだけ拭き取っておきます。

step➌LOOX(ルックス)吹きつけ

LOOX(ルックス)を吹きつけます。

ボディの水拭きが終り、表面や部品の隙間が乾いたところでいよいよLOOX(ルックス)の吹きつけをやっていきます😄

※日光のキツイ日(炎天下)や気温の高い日は、避けましょう!ムラやシミになります。じぃーさんは、やっちゃいましてムラだらけになっちゃいました😱

ボディを冷ましておくのがいいんじゃなかろうかと!

吹き付ける範囲は、約50cm²でじゅうぶんかと…。

ハスラーさんの運転席側のドアだったら4箇所ほどで塗れます。

とはいえ吹き付け過ぎました(吹き付け過ぎてしまうんだよなぁ~)😅

step➍ポリッシャーがけ

LOOX(ルックス)の吹き付けが終ったらポリッシャーがけになります。

手早く、LOOX(ルックス)が乾く前にポリッシャーで伸ばしていきます。

LOOX(ルックス)を薄く伸ばせたらポリッシャーで磨いていきます。

磨く範囲は、こちらも約50cm²間隔で縦方向から横方向へとポリッシャーを動かし磨きます。

これで、洗車キズは取れました。

この後は、お好みのコーティング剤で仕上げれば完成です!

ちなみに、今回は「スパシャン スパート」を使いました。「ピカピカ」です🤩

 

 

 

まとめ

 

今回は、「車の洗車キズをルックスとポリッシャーを使って取る方法」をご紹介しました。

洗車キズ(爪などの細かいキズ)などをキレイに落としていきました。

使ったのは、呉工業さんのLOOX(ルックス)です。

こちらのLOOXは、3つの効果を一度に実現できるワックスです!

  • 汚れ落とし
  • キズ消し効果
  • ツヤだし効果

以上の効果があります。

使ってみてキレイに仕上がる!これにつきます😄

しかし暑い日は、早く乾燥することでシミやムラの原因になるので気を付けたいところです。

 

また、ポリッシャー(プロスタッフ シャインポリッシュ)こちらは、ダブルアクションになっていることで、動きが一定のシングルアクションとは違い、2つの違った回転軌道により磨きすぎを抑えることができます。

初心者向きのポリッシャーですね!

使い方も簡単なのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか😄

 

今回は、ここまでとなります。ご覧になられていかがだったでしょうか。また、別のブログも配信しておりますのでそちらもご覧下さいね😄

ブログ以外にもmamecoroエンジンは、YouTubeでの動画を配信しております。そちらもご視聴よろしくお願いします。

またチャンネル登録も宜しくお願いします。ご覧いただけたらうれしいです。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全かつ事故の無いことを祈っております。

では、また次回お会いしましょう。

最新の投稿
田舎のおっちゃん
じぃーさん
mamecoroエンジン
田舎の沿岸沿いにポツリと在住のごく普通な凡人。昔は車の整備士さん。 物に愛が付くのは車だけ!この言葉に感動。車好きに。 将来の夢:車とバイク、工具に囲まれた生活! 休日に出来る車のDIYメンテにチャレンジしてみたい方に、車の修復をご紹介できたらと思いサイトを立ち上げました。 車の何でもを載せて、ご紹介もしていきます! ご視聴よろしくお願いします😄