窓ガラス

フロントガラスのギラついた油膜取りに「ソフト99窓 フクピカ」

車のお掃除で、とくにキレイにしておきたいところは、窓ガラスですね。フロントガラスが汚れていると視界も悪く危険です。雨が降ってくるとギラついて、視界が悪く危険です。洗ったつもりが油膜が取れていないってことはないでしょうか。このギラつくのは、いったいなんでしょう?このような原因を作っているのは、油やホコリといった汚れが油膜になって残ります!今回は、そのこびりついた「フロントガラスのギラついた油膜取りにソフト99 窓フクピカ」をご紹介します。

 

 

フロントガラスのギラつき原因「油膜」

 

フロントガラスを「ギラギラ」させてるあれって?

ここでは、「ギラギラ」する正体と白いシミのような状態のものをみていきます。白シミは、ちなみにってことでの解説です(ざっくりですが・・・)😄

 

<誰でもかんたん! 油膜取りパッドのご紹介です。ガラスのギラギラ油膜・被膜を速攻でキレイに!こちらの記事もオススメです>

窓ガラスの油膜・ウロコ取りに「油膜とりパッド」の使い方を解説車の窓ガラスのお掃除と言えば皆さんは、「ギラギラ」した油膜を思い浮かべるはず!このギラついた油膜を手軽に簡単にしかもとてもキレイな仕上が...

 

油膜

「油膜」とは?

皆さんが、洗車の際に使うあれです。そうワックスなどに含まれる油分が雨によって流れてきたり、大気中の油分や車の排気ガスに含まれる油分、路面などの油分が跳ね上がり舞うことでフロントガラスに付着したものです(ざっくりだけど、油膜の原因です)。

このこびり付いた油分が、雨の日に「ギラギラ」させる正体です😣

ひどいと視界がわるくなり危険ですね~!

 

ウロコ

 

<ウロコの後は、コーティング!オススメの記事です!こちらから>

スパシャンの「オタマジャクソン」の使い方とその効果とは車の窓ガラスにコーティングしていこうかと考えコーティング剤をお店に見に行くといくつもの種類があります。「うーん困った」どのガラスコーティ...

 

ちなみに何となく聞いたことのある「ウロコ」、魚のあれじゃなくてフロントガラスについた白いシミの跡ことで、「ウロコ」って呼ぶこともある汚れです😅

水道水のミネラル分(井戸水・地下水)や塩素、また雨に含まれる空気中の汚れた物質、シリコンなどが、太陽光によって焼付きガラスに硬化してできたのが白シミが「ウロコ」です。

 

 

 

フロントガラスの油膜の取り方

 

油膜を落とすには、お茶や食器用洗剤などで落ちるます。油膜を防ぐには、フッ素コートが効き目ありと言われています。

でも、今回登場するのはこちら!

登場するのは、ネットやカー用品店、ホームセンターにあるコスパが良い

ソフト99「窓フクピカ」です。その使い方をみていきましょう😄

使い方は簡単です!

おおーっと、そのまえに😆

ソフト99「窓フクピカ」とは?

水拭きやタオルで取れない汚れもスッキリ落とせるガラス用クリーニングシートです。

薄くても破れにくく丈夫なシートで、汚れた時に「サー」っとお手軽に使えるシートです😄

室外側のガラス

窓外側の汚れの泥、砂ぼこり、雨シミ、虫・鳥のフン、ワイパーアーム(ゴム部分はの除きます)また撥水コートしたガラスの洗浄にも効果があります。

※コーティングを傷めてしまうので汚れたままで強くこすらないようにしましょう。

室内側のガラス

窓内側の汚れにも使えます。

車内の内窓に付いたホコリや手アカ、タバコのヤニなどもキレイに拭き取れます。

また車内といえばここ!ダッシュボードにも使え、さらに樹脂製パーツのクリーニングにも使えます😄

 

step➊シートを取り出す

おもてのシートを取り出す開封シールをめくります。

めくると取り出し口があります。

取り出し口からシートを一枚ずつ取り出します。

開封シールはスグレモノ:

開封シートは、形状記憶シールが用いられています!

シールが戻らず、シートが取り出しやすくなっています。

※使用後は、シールをちゃんと隙間なく貼り付けます。中が乾燥するのでピッタリと閉めます😄

step➋汚れを取る

窓ガラスの汚れを拭き取っていきます。

「窓フクピカ」を2回ほど折り返します。

窓ガラスを拭きます。

「窓フクピカ」が汚れるので、キレイな面に折り返します。

じーさんは、洗剤で洗ってから使用しました😄

step➌拭き上げ

次に、キレイな面に折り返せたら、再度ガラスを拭き上げていきます。

※ガラスが白くなってしまう場合は、新しいシートか乾いたキレイなタオルで仕上げます。

 

以上が、手軽で簡単に使える「ソフト99さん 窓フクピカ」の使いかたでした。ちょー簡単です😆

しかし、使った感想(じぃーさんの感想)は、強固にこびり付いた「油膜」は、なかなか取れないのです。軽度の「油膜」の段階なら有効なので、キレイになった状態からこまめに使う分には適しているかと。キレイな状態をキープするには、コスパよいですね。

あと、落下して命中させられた鳥のフンや虫などは、車内に置いておくことで、「サー」っと拭ける、その手軽さがいいですね!

※熱い車内の放置は、乾燥するので気を付けたいところです!

 

 

まとめ

 

今回は、「フロントガラスのギラついた油膜取りに窓フクピカ ソフト99」をご紹介しました。

車のお掃除にかかせないのがフロントガラスの油膜取りでした。

油膜取りに必要なアイテムがありました。その油膜取りにソフト99さんの「窓フクピカ」を使いました。

お手頃な価格で、コスパの良い商品でした。お買い得の増量品もありそちらを選んだらよかったと後で後悔も・・・。

手軽に「サー」っと拭けて汚れを落とす!なんとー簡単なお掃除!

簡単、お手軽な「窓フクピカ」を使ってみては、いかがでしょうか😄

今回は、ここまでとなります。ご覧になられていかがだったでしょうか。また、別のブログも配信しておりますのでそちらもご覧下さいね😄

ブログ以外にもmamecoroエンジンは、YouTubeでの動画を配信しております。そちらもご視聴よろしくお願いします。

またチャンネル登録も宜しくお願いします。ご覧いただけたらうれしいです。

皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全かつ事故の無いことを祈っております。

では、また次回お会いしましょう😄

最新の投稿
田舎のおっちゃん
じぃーさん
mamecoroエンジン
田舎の沿岸沿いにポツリと在住のごく普通な凡人。昔は車の整備士さん。 物に愛が付くのは車だけ!この言葉に感動。車好きに。 将来の夢:車とバイク、工具に囲まれた生活! 休日に出来る車のDIYメンテにチャレンジしてみたい方に、車の修復をご紹介できたらと思いサイトを立ち上げました。 車の何でもを載せて、ご紹介もしていきます! ご視聴よろしくお願いします😄