ワックス/コーティング

ブリスを洗い流さずキズを目立たなくもっと光沢をだす施工方法

ブリスのコーティングで、もっと輝き光沢をだしたい、キズを目立たなくしたいと思われた方、そんなマニアな方におすすめなのが、今回ご紹介するブリスを洗い流さず厚塗りの方法になります!思ったより簡単にキレイに仕上がります。それでは、ブリスをさらい流さずキズを目立たなくもっと光沢をだす施工方法を解説していきます。ではでは開始~。

 

 

キズを目立たなくするブリス施工

 

ブリスの流さずーの施工の方法をみていきましょう。

今回、登場するお車は、ハスラーさんになります。

 

今回は、「ブリスを洗い流さずキズを目立たなくもっと光沢をだす施工方法」をご紹介します。

洗車キズやさらなる光沢をもたせたい!

皆さんは、そんな願望もあるでしょう😄

あるんです!

ここからは、光沢を増す方法をわたくしじぃーさんが、試してみました。

 

もっと光沢をと思われている方は、次のページにお進みください😄

次にページはじぃーさんの「裏技施工⁈」爆光に!違いがわかる光沢です。

厚塗り施工の注意

この方法は厚塗りになるので、ムラ等の確認が必要となります。その点は、自己責任となりますのでお願いします。

「いや~、普通の施工でいいやって」思われる方は、前ページにある「通常のブリス施工」のコーティング方法をご覧ください。

ブリスで車のボディ表面に施工する方法【通常のブリス施工】車の洗車でやっていくといいコーティング。いくつもの種類がありますが皆さんは何を使っておられますか?今回は、ブリスといったコーティング剤を...

 

●ブリスの種類

ブリス320&クロスセット(スポンジ付き) 320mlサイズ

 

ブリス トライアルセット 80mlサイズ

 

step➊洗車

ボディについた汚れ(ホコリ、砂など)を落としていきます😄

ボディについた泥やホコリ、砂などを散水シャワーや高圧洗浄機でを使い水で洗い流します。

※また下地処理をキレイにしておくとをおすすめします。汚れたままコーティングされてしまいます。また塗装面の状態(キズ、劣化)によっては、下地処理をおすすめします。

 

<プロも愛用しているクロス>

どうしてもコーティングの際のキズがつきにくく作業ができるプロも愛用のクロス!

 

ブリス下地の注意点とは?

ワックスでの注意点:

ワックスを使っておられた方はボディ表面のワックスが酸化している可能性も。その上にブリスでコーティングするとムラになることがあります。油分をしっかりと落とした状態からコーティングをやっていきます。

また、カーシャンプーの中に油成分が含まれているものもあるので気を付けたいところです。脱脂が有効ですね😆

 

<コーティングで肝心なのが下地処理!>

鉄粉・タール・油膜・虫の死骸等を除去に最適です!

細かなキズに最適!コーティング前の下地処理に。

 

step➋脱脂

洗車後にひと手間かけます。

それは、表面に付いている油分(油脂)を落とします。

※ワックスなどが残っていたりカーシャンプーなどに含まれるワックス成分(一部)を除去します。

油分、油脂が残っているとブリスの効果(持続)が薄れます。

今回使った脱脂剤は「ソフト99さん シリコンオフ」です。

ショップタオルにシリコンオフを吹きかけ染み込ませます。

脱脂する表面にシリコンオフが染み込んだショップタオルを一方向に向かって油分を拭き取っていきます。

※シリコンオフは、臭いがきついので換気の良い場所、換気をし作業をします!

 

それでもやっぱり専用の脱脂剤がいい😄

<ブリス専用の油脂成分除去剤>

 

●脱脂方法でおすすめ記事はこちら

脱脂
脱脂おすすめ4種!クリーナー/中性洗剤/シリコンオフ/エタノール 車の修復に必ず出てくるのが、脱脂!脱脂は、とても大事な作業です。脱脂は塗装の下処理などいろいろな箇所、部品をキレイにする重要な作業の...

 

step➌ブリスを吹きつける

ブリスをよく振ってから使用します。

乾いたボディの表面に直接ブリスを吹きつけます。直塗りです😄

※ブリス80は、ブリス320mlと比べ1プッシュが約0.2mlなので、約4~5倍の量でプッシュが必要となります。

通常のコーティングの場合、ボンネットで3プッシュ(軽自動車は2~3)ドアは2プッシュ、リアまわりで4プッシュで十分です😄

 

step➍ブレスを塗り伸ばす

ブレス専用(エステルスポンジ)のスポンジでブレスを伸ばしていきます。

今回は、付属のブレス専用のエステルスポンジ(目の細かいスポンジ)で、ブリスを薄く塗り込み伸ばします。

※夏の暑い日や気温の高い日はブレスの硬化が直にはじまるので、注意し早く作業を行います!

次にコーティング専用スポンジを濡らします。

コーティング専用スポンジを1方方向に滑らし塗ります。

<プロも愛用のスポンジ>

 

<大型車のコーティングに>

 

step➎クロスで拭き上げる

水分とブリスの余剰成分を拭き上げる。

専用のクロス、マイクロファイバークロスを使います。

この時のマイクロファイバークロスは乾いた状態です。

拭き上げのコツ:

拭き上げの際は、マイクロファイバークロスを1方向で拭き取ります。そうすることで、キズがつきにくく、増やさないのがコツです。

 

 

直塗りは以上になります。

このやり方は、鳴れていないとムラになりやすいです。

じゃー慣れていないとこの塗り方は無理かと?

わたくしじーさんは、元整備士で洗車は不得意の人ですが(洗車好きですよー)😅

少し、ムラができたいましたがキレイに仕上げることができました(少しのムラも分かりにくい範囲でした)。

最後に、炎天下や強風時は、避けた方がいいです😄

次のページは、更なる光沢を求めるマニアの方におすすめのブリスコーティングをご紹介します!

ブリス光沢増し増しです~!

あ、そうそう😄

通常のコーティングもあります。前ぺーにありますのでそちらもどうぞご覧ください。

 

< prevnext >

 

ブリスで車のボディ表面に施工する方法【通常のブリス施工】車の洗車でやっていくといいコーティング。いくつもの種類がありますが皆さんは何を使っておられますか?今回は、ブリスといったコーティング剤を...
ブリス施工を厚塗り洗い流さずポリッシャーでする方法【これって裏技?】車のコーティング剤でガラスコーティングのブリスがあります。今回は、通常のやり方よりも、もっと光沢を出す施工方法に加えムラを少しでも抑え更...
最新の投稿
田舎のおっちゃん
じぃーさん
mamecoroエンジン
田舎の沿岸沿いにポツリと在住のごく普通な凡人。昔は車の整備士さん。 物に愛が付くのは車だけ!この言葉に感動。車好きに。 将来の夢:車とバイク、工具に囲まれた生活! 休日に出来る車のDIYメンテにチャレンジしてみたい方に、車の修復をご紹介できたらと思いサイトを立ち上げました。 車の何でもを載せて、ご紹介もしていきます! ご視聴よろしくお願いします😄